喉の病気に関する基本的なQ&A

ここでは、耳鼻咽喉科で扱う耳の病気についてのちょっとした疑問点についてお答えします。病気についての詳しい説明は、既存の家庭の医学や他医院のホームページをご覧ください(リンク集のページ参照)。
なお、ここでのお答えは、耳鼻咽喉科医としての常識的な範囲の話、もしくは私の意見であり、ご覧になっている皆様もしくはご家族・知人に完全にあてはまるものではありません。ご心配の場合は主治医の先生、最寄の耳鼻咽喉科医師にお尋ねください。

ご質問がございましたら、お問い合わせのページのご注意をご一読いただいた上で、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Q T1 扁桃腺が大きいのですが…
Q T2 のどの異物感がとれません。できものが気になったのでみてもらいましたが、何ともないといわれました…
Q T3 いびきが気になるのですが…
Q T4 吐き気を伴う耳鼻咽頭関係の病気は?
Q T5 飲み込むと痛い
Q T6 喉が、しみる。声が、少し枯れた状態が続く。
Q T7 唾液が飲み込みにくい。
Q T8 扁桃腺に白いポツポツができています。
Q T9 のどちんこの近くにたまに出来物が出来ます。
Q T10 のどから頬にかけて痛い。
Q T11 喉がしみて、頸部リンパにしこりが・・・
Q T12 右喉に鈍痛、声枯れ、発汗多し
Q T13 背中の痛みとのど入り口の出来物
Q T14 首を絞められたような感じがします。
Q T15 慢性的な喉頭の痛み
Q T16 のどの横を押すとゴリゴリする。
Q T17 口蓋垂の根元にポリープ?
Q T18 水を飲むと咽喉が痛む
Q T18 咽喉のイガイガ
Q T19 頸部のしこり
Q T20 咽喉のかゆみ・咳
Q T21 半年前からのどの不快感が消えません。
Q T22 喉の奥の後壁のあたりが赤いのですが。
Q T23 口の中が苦く感じる
Q T24 のどのつきあたりの赤いできもの
Q T25 喉の違和感、味覚低下、声がれ…
Q T26 のどに血の塊?
Q T27 咽喉や鼻がつまって息苦しい
Q T28 喉が詰まる感じと、声がつぶれた感じがつづく。
Q T29 出産後の咽喉の違和感
Q T30 たばこを吸うと喉に異物感ができます
Q T31 扁桃腺の腫れ
Q T32 のどから白いかたまりがたまにでてきます
Q T33 咽喉が赤くはれてなかなか治らない
Q T34 のどちんこの奥のできもの
Q T35 のどのしこり・違和感
Q T36 歯茎の奥が腫れて唾液がたまりやすい
Q T37 痰の色が赤っぽい。
Q T38 首を絞められたあとに残るのどの痛みは自然に治るものなのですか?
Q T39 一年前からのどの奥に何か貼り付いてる様な感覚
Q T40 舌の奥の円状のコブ
Q T41 子供の首の側面にコロコロしたものがあるのですが。
Q T42 のどちんこが赤く、さらに先は白くなっています。
Q T43 食べ物がのどにひっかかるのですが。
Q T44 舌の先端の白いできもの
Q T45 口蓋扁桃あたりにできもの?
Q T46 急性喉頭蓋炎について教えて下さい。
Q T47 微熱の後に喉がチクチクします。
Q T48 舌の先が痛い。
Q T49 のどの奥に白いできものができてとても痛い。
Q T50 喉がゴリゴリします。
Q T51 上顎に白い苔状のものが。
Q T52 辛いラーメンを食べてからのどのリンパ節が腫れました。
Q T53 舌を左右に動かすと舌の付け根に違和感が・・
Q T54 左耳下のしつこい痙攣について
Q T55 2ヶ月程緑色の痰が出て臭いもします。
Q T56 喉の痛みがとれません。
Q T57 微熱、喉の痛み、喉にしこりが......
Q T58 喉ちんこの辺りに白いできもの
Q T59 大きな声が出せない
Q T60 右の扁頭線が大きくなって心配です。
Q T61 のどと舌と舌の下の違和感
Q T62 頬と下唇が腫れました。
Q T63 声が出なくて困っています。
Q T64 1ヶ月前に風邪をひいてからのどの痛みが続きます。
Q T65 声が擦れやすくなってます。
Q T66 三日前から突然の咽喉の痛みが・・・
Q T67 全身麻酔による手術のあとの咽喉の違和感
Q T68 声の嗄れと痰
Q T69 30分位正座したり、軽作業を1時間程度すると必ず声がかすれてしまいます。
Q T70 咳が止まりません。
Q T71 のどがかゆく、のどの根元にできものが・・・。
Q T72 急性咽頭蓋炎 (注:そういう病名はありません)
Q T73 喉仏に痰が粘着し息苦しくなる
Q T74 のどの痛みとガンの心配
Q T75 いつも頚の左側だけが痛みます。
Q T76 のどの突き当たりが右側だけ腫れて痛い。
Q T77 下あごの痛み
Q T78 声嗄れについて教えてください。
Q T79 咽頭ガンの手術
Q T80 のどちんこが巨大化
Q T81 急性喉頭炎は子供に感染しますか?
Q T82 扁桃腺の腫れとできものについて。
Q T83 のどがかゆい。
Q T84 のどちんこにの下に丸いのがぶら下がっているんですが・・。
Q T85 喉の痛み・渇き
Q T86 首?にしこりが....。
Q T87 のどの痛み(耳鼻咽喉科の診察)
Q T88 唾が飲み込みにくい。
Q T89 咳が止まらない。
Q T90 のどちんこのわきに水膨れ。
Q T91 のどちんこがない。
Q T92 のどが3ヶ月痛み続けています。
Q T93 あご・耳のしたのしこりといたみ。
Q T94 左のどだけがただれている様に痛い。
Q T95 かぜ?悪い病気の前兆?
Q T96 10年以上の喫煙、咽喉の違和感・痰にヤニ。
Q T97 禁煙後のノドの痛みと、声嗄れ。
Q T98 食時の後で喉がぐるぐる、ごろごろと鳴って困っています。
Q T99 咽頭後壁のリンパ小節について。
Q T100 のどちんこがくっつく感じがします。
Q T101 舌の奥にできもの?
Q T102 えらの下の腫れ物。
Q T103 逆流性食道炎とのどの違和感。
Q T104 4歳の女の子。一週間ほど前から咳払いをしょっちゅうしています。
Q T105 半年つづく咳。
Q T106 魚の骨が刺さり、診てもらいましたが見つかりません。
Q T107 顎下腺の腫瘍について。
Q T108 声帯の浮腫について。
Q T109 血痰がでる。
Q T110 急に発作的に咳き込み嘔気がします。
Q T111 肩こりからくる首筋や喉の痛みというのはありますでしょうか?
Q T112 痒み・微熱・喉の腫れ・だるさがが続きます。
Q T113 反回神経麻痺と診断されました。
Q T114 舌の下の腫れについて。
Q T115 声嗄れが半年以上続きます。
Q T116 喉元が締め付けられるような痛み。
Q T117 大丈夫でしょうか?診てもらった方がよいでしょうか?
Q T118 妊娠と扁桃炎
Q T119 喉・口内の乾燥感
Q T120 のどぼとけの様なしこり
Q T121 喉の違和感 乾燥感。
Q T122 魚の骨が咽喉に刺さりました。
Q T123 のどの突き当たりの壁がでこぼこしている
Q T124 横になるとのどに違和感を感じます。
Q T125 上顎の粘膜がむけてしみます。
Q T126 左の声帯麻痺
Q T127 1年ほど普通に声が出せません…。
Q T128 のどに違和感があるのですが、授乳中です・・・。
Q T129 喉の突き当たりの壁の腫れ
Q T130 のどちんこに黒い点が・・・。
Q T131 ヒステリックボール
Q T132 「んっ、んっ」というような咳払い?
Q T133 のどちんこの両側に白いものができてものすごく痛い
Q T134 声が鼻にぬける
Q T135 喉頭白板症って何ですか?
Q T136 のどちんこに白いものが・・・
Q T137 糖尿病ではないのに物凄い喉の渇き
Q T138 咳で横になって寝られない
Q T139 喉が鳴り、喉が痛む・・・妊娠で増悪
Q T140 食事でリンパ節が腫れる?
Q T141 のどの異物感・不快感1
Q T142 のどの異物感・不快感2
Q T143 膿栓について
Q T144 鼻の奥の炎症で困っています。

QT1 扁桃腺が大きいのですが…
A 扁桃腺が大きいこと(扁桃肥大)で手術の適応になるのはだいたい次の時です。 (1) 習慣性扁桃炎:年に4回から5回以上扁桃腺が腫れてのどが痛み、高い熱がでる場合。 (2) 病巣感染症:心臓(例:心内膜炎)や腎臓(糸球体腎炎)、皮膚炎(掌蹠膿疱症)などなおりにくい病気があるとき、扁桃腺が原因になっている場合があります。こういう時には扁桃腺を手術する場合があります。 (3) 睡眠時無呼吸症候群:睡眠中に無呼吸発作(10秒以上)が頻発する場合、心臓や肺に負担がかかっているので手術をしたほうがよい場合があります。 単に大きいだけでは手術の必要はありません。(ただ、あまりに扁桃腺が大きくて、左右の扁桃腺が中央でくっつくくらいの場合、食事がしにくい場合もあります。あまり食べられずに身体が小さい場合などは、手術することでよく食べられるようになった場合もあります。)
Q&A TOP

QT2 のどの異物感がとれません。できものが気になったのでみてもらいましたが、何ともないといわれました…
A 咽喉頭異常感をきたす病気はたくさんあります。主なものは次。 ・のどのできもの(腫瘍):カメラで確認。疑いがあれば細胞の検査。 ・炎症:のどが赤かったり腫れている時。抗生物質や炎症を鎮める薬、時に鎮痛剤など。 ・鼻の病気:鼻汁がのどに下がっている時。副鼻腔炎(ちくのう症)の可能性。 ・アレルギー:長引く場合にはアレルギーが関与している場合がある。 ・甲状腺の病気:頸の前部にある。ホルモンを作るところ。超音波検査と血液検査。 ・逆流性食道炎:胃酸がのどに逆流。胃酸の分泌を抑える薬が効果的。 ・鉄欠乏症:体の中の鉄分の減少がひどくなると症状発現。血液検査。
Q&A TOP

QT3 いびきが気になるのですが…
A いびきは上気道(鼻・のど)に狭い所がある場合に生じやすいといわれます。鼻づまりがひどい場合や、アデノイドや扁桃腺がかなり大きい場合にもいびきは大きくなります。まず鼻づまりの治療を行い、それでもだめならアデノイド切除術や扁桃摘出術を行うとよくなる場合があります。 大人の場合、太ってくるとのどの粘膜下の脂肪も増えて狭くなるのか、いびきが大きくなります。まず減量することが大切です。 なお、いびきは眠りの深さや枕の高さ、寝る姿勢なども影響します。
Q&A TOP

QT4 吐き気を伴う耳鼻咽頭関係の病気は?
A (質問)妊娠後期から出産後、吐き気やのどが鳴る、独特な臭いを感じる等の症状があります。胃カメラでは異常なしでした。後者2つの症状は耳鼻咽頭科で見てもらえるきがしますが、耳鼻咽頭で吐き気をともなうような病気も場合もありますか? (回答) うーん、これだけの情報ではちょっと難しいですね。吐き気というのはのどの知覚の神経が過敏になっていることでも起こりえます。まず第一にのどの炎症、それに伴う細菌感染で臭いもする可能性はあります。 また、ごくまれにはのどの腫瘍でも変な臭いがする場合もあります。 その次に考えられることは、副鼻腔炎のような鼻の病気で汚い鼻汁がのどに下がる時に、吐き気を伴ったり、嫌な臭いを伴う場合があります。 これらは出産とは直接関係ありません(出産で体力が落ちたためにそうなったという可能性はありますが)。出産との関連では、多少鉄欠乏性の貧血があるとのどのつまった感じがします。それと関連づけるのはちょっと強引かもしれません。 いずれにしても、長引く様なら一度診てもらってください。
Q&A TOP

QT5 飲み込むと痛い
A (質問)3日前から喉が痛く、手洗いうがい喉の消毒をいつもよりたくさんしましたが治らず。喉と耳と首と頭が痛く熱は37.6ほどあります。つばを飲むと激痛が・・・。声も痛くて出ません (回答)基本的なセルフケアで改善されない場合は、早めに医療機関を受診して下さい。特に「水も飲めない」「声がかすれる」といった症状が出てきたらかなり要注意です。急性喉頭蓋炎という病気の場合、急速に症状が悪化し、窒息する場合もあります。声のかすれががなくても、水が飲めない場合でもそうです。扁桃腺の周りに膿がたまり大きく腫れてくる場合もあります。こちらは「口が開けられなくなる」場合はかなり要注意です。いずれにしても救急で診てもらっても何らおかしくはありません。
Q&A TOP

QT6 喉が、しみる。声が、少し枯れた状態が続く。
A (質問)70歳男性です。消化器科で診察を受け、異常なし。次に耳鼻咽喉科で、詳しく検査をしてもらっても、異常なし。喜ぶべきなのですが、食べ物を飲み込むとき喉がしみるのと、声がかすかに枯れたような響くような声になって治らない…この症状が気になって、診察を受けるのですがいつも「異常なし」。お医者様によっては、「神経質」のレッテルを貼られかねません。症状の原因、改善のための治療をしていただくためには、何処の何科へ行けば良いのでしょうか? (回答)耳鼻咽喉科で明らかな腫瘍のような病気がないことを確認してもらっているのであれば、とりあえずご安心下さい。ただし、症状がずっと持続するのであれば、定期的(1、2ヶ月に一度程度)に診てもらっておく方がよいとは思います。時間がたてば、何か出てくる場合もありますので。☆その上で、さらに考えられることをお話します。一つは、「のどがしみる」という症状からですが、貧血特に鉄欠乏性の貧血はありませんでしょうか?血液中の鉄分が少なくなると、喉がしみる感じがするというのは聞いたことがあります。その他ビタミンB12や亜鉛なども不足していないか一度検査してみてもいいかもしれません。これらは、耳鼻咽喉科でもやってもらえますし、かかりつけで内科等あれば、そちらでも可能です。そのあたりが全く問題なければ、粘膜が少し薄くなってきているといった可能性もあるかもしれません。(これはあくまで推測です。)☆「声が少し嗄れた状態」というのは、これはやはり耳鼻咽喉科で確認するものですね。一見なにもない様に見えても、微妙に粘膜の状態に変化があるのかもしれません。喉頭の専門外来があるような大学病院レベルの病院でしたら、声帯をスローモーションで見るような検査もありますので、さらに詳しく診てもらうことが可能です。年齢的なことから声帯がわずかにやせてきている可能性も考えられます。
Q&A TOP

QT7 唾液が飲み込みにくい。
A (質問)1年前くらいから喉に違和感があります。違和感と言うか唾液が自然に飲み込みづらいのです。常に生つばを飲むとゆう感じでしょうか・・・ 最初のうちはあまりに辛く一晩中生つばを飲むかんじで全然眠れず一睡もできずそのまま病院にいきました。その時はただ腫れてるとだけしか診断はなく、ほっておいたら症状が軽くなったので今に至ります。今も凄く波があり、軽いときやひどい時があります。タンがからんでるかんじでいつも「んっんっ」と喉をならしています。ほんとに唾液がそのままスムーズに流れてくれないんです。喉あたりで障害にあってるかんじです。声には異常はないと思います。これってなんなんでしょうか? 1年前から急にです。 (回答)お話だけでは中々難しいですね。ただ、同じような症状をを言われる患者さんは時々いらっしゃいます。こうした場合、まず除外しておかなければならないのは、もちろん咽喉の腫瘍ですね。ファイバースコピーで確認は一度はうけておきましょう。また、その時カメラで大丈夫と言われても、症状が続いている間は、定期的に診て貰っておく方がよいとは思います。☆腫瘍がないとなれば、次は炎症です。しかし、細菌感染やウイルス感染による炎症であれば、普通1,2週間のうちに治ってしまったり、逆にもっと悪化したりして痛くて水も飲めない様になったり、熱がでたりします。1年もずっと続くとは考えられません。慢性的に続くとすれば、1つは鼻の病気、すなわち副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)がないかを除外しておく必要があります。副鼻腔炎で鼻汁が絶えず咽喉に下がって症状がでている場合があります。普通のレントゲンでもだいたいわかりますが、稀にCTでないと分からない小さな病変のこともあります。☆もう一つ慢性的な場合に考えられることは、アレルギーです。咽喉の粘膜にもアレルギーがあります。一般的には咽喉のイガイガした感じがすることが多いのですが。また、咽喉の粘膜にカビ(カンジダ)が付いている時にも気になることがあるかもしれません。これは、しばらくカビをやっつけるお薬でうがいをすれば症状はとれることが多いでしょう。☆こうした治療を行っても症状が改善されない場合は、何らかの心理的な要因が関与している場合もあります。最初は炎症かなにか起こしたのは確かにあったのかもしれませんが、のどは敏感な場所なので、一度気になりだすと感覚が敏感になって炎症がおさまっても感覚がぬぐえなくなっている場合もあります。また、うつ状態などがあると、のどが塞がった感じがしやすいというのもあります。
Q&A TOP

QT8 扁桃腺に白いポツポツができています。
A <質問>
喉の扁桃腺に、白い米粒のようなポツポツが5ケ所位できていて、異物感を感じます。特に痛みや腫れ、熱などは出ていません。10数年前にも同様のものができたことがありますが、その際は発熱し、暫く寝込んでいました。今回は他には症状が出ていないので、普通の生活をしていますが、唾を飲むときなどに気になります。何が原因の可能性があるのでしょうか?
<回答>
見てみないとなんともいえませんが・・・。「扁桃腺に白いポツポツ」から考えられるものがいくつかあります。一つは膿がたまっている場合。つまり急性扁桃炎ですね。この場合は一般的にはのどの痛みや発熱などを伴う場合が多くあります。ただし、ごく初期や軽い場合は痛みや熱がない場合もあります。☆次に考えられることは、俗称「におい玉」と呼ばれるもので、扁桃腺の表面の窪みに白いものが溜まる場合があります。粘膜の新陳代謝の産物か、食べもののカスか何かだと思いますが、よくわかりません。これによってのどの異物感を感じる人は結構いらっしゃいます。もう一つは、カンジダというカビの一種の可能性です。ただし、この場合は、唇の内側や頬の内側の粘膜などにも付いており、擦ると取れます。だいたいこのあたりではないかと思います。
Q&A TOP

QT9 のどちんこの近くにたまに出来物が出来ます。
A <質問>
のどちんこの近くのアーチになっている部分に、意味不明な物がたまに出来るのですが、最近では2年程前に痛みのある小さな水泡が1個出来たのですが、すぐに消失しました。そして昨日、水泡ではない、口内炎でもない、小さな少し黄色がかった物が出来ましたが、今回は痛みは無く、1時間程で消失しました。最近かなり疲れていましたので、それが原因かもと思いますが、これは何でしょうか?すぐに消失した場合、放っておいても構わないのでしょうか?
<回答>
これも、厳密なところは見てみないとわかりませんが・・・。のどちんこ(正確な言い方は「口蓋垂(こうがいすい)」)の脇のあたりには、ウイルス性の病気(いわゆる「かぜ」)の時に時々水泡ができ、つぶれて口内炎のように白くなり痛くなります。どちらかというと夏かぜに多いように思います。この場合は1週間から10日程度で引いてしまうと思いますので、痛くて食べられないのでなければ、水分をしっかり取って経過をみていればよいと思います。☆最近できたという黄色いできものは何でしょうね?一般的にこのあたりにできやすい黄色いできものは、脂肪腫や黄色腫といった脂肪のかたまりが沈着することがあります。ただ、1時間ほどで消えてしまうということは考えにくいですね。こうした、脂肪の塊の場合は、一応放置してもかまいませんが、体質的に身体に脂肪が過剰な状態(高脂血症)をきたしている場合もありますので、血液検査で確認する方がいいかもしれません。☆1時間ほどでとれてしまったという所から考えると、一つ前の質問のところでお話しました「におい玉」と俗に呼ばれるカスのようなものが咽喉の襞のすきまにくっついていたのかもしれません。いずれにしても、すぐに消失するようなものであれば、それほど心配いらないと場合が多いと思われます。
Q&A TOP

QT10 のどから頬にかけて痛い。
A (質問)先週から、左のど付近が痛く、今週に入り頭痛、左ほっぺ下(歯?)、左耳下、左のど付近が熱ぽいです。(つばを飲んで痛いというのではなく、首を動かしたりすると痛く、手で触るとなお痛いです。)市販の風邪薬を飲んでもいっこうに効きません。もし、医者に行くとしたら何科で見てもらった方が良いのでしょうか? (回答)文章で判断するのは中々難しいですね。触って痛いというあたりから考えられるのは、頬の皮膚のやや深い所の炎症などが考えられます。また、顎下腺やその近傍のリンパ節の炎症なども考えられます。いずれにしても、市販薬で数日経過を見て、芳しくなければ医療機関を受診する方がよいと思います。耳鼻咽喉科で十分対応してもらえると思います。
Q&A TOP

QT11 喉がしみて、頸部リンパにしこりが・・・
A (質問)36歳・女です。数日前より左頸部リンパ節に痛みの無いしこりがあり、 今日夕食で摂ったみそ汁が舌の奥(喉との境目くらい)にしみる感じがありました。 もしこれが悪性リンパ腫や咽頭ガンだと仮定すると、このような症状が現れるのと同時に起こる他の症状がありましたら教えて頂きたいのですが。 今現在は倦怠感や食欲不振もなく健康であると思っているのですが、飲酒喫煙の習慣が有り昨年叔母を食道ガンで亡くしているので神経質になって居ります。 (回答)周囲にガンで亡くなった方がいらっしゃると気になりますね。一般に痛みのないリンパ節の腫れというのは注意が必要です。もちろん、感染で腫れる方が圧倒的に多いのですが、痛みが少なく、硬く動きが悪い場合はガンの転移なども念頭においておく必要があります。ただし、腫瘍の場合でも時に痛みを有する場合もありますので、気になるようなら一度診てもらっておく方がいいと思います。☆さて、咽頭ガンなどの症状ですが、しみる感じというのは粘膜に潰瘍であるとかびらんといった何らかの破綻が起きて初めて症状として出てくるものと思います。その他の症状といっても特有のものはありません。のどの異物感やひっかかる感じなどは多い症状です。時には痰に血が混じるといった症状もあるかと思いますが、それで断定できるものでもなく、その症状がないから安心というものでもありません。やはり、一度診ていただくのがよいと考えます。☆なお、喫煙・多量・濃厚な飲酒はやはり咽頭ガン・喉頭ガン・食道ガンなどのリスクを高めますので、今からでも禁煙・節酒を心がけるようにして下さい。
Q&A TOP

QT12 右喉に鈍痛、声枯れ、発汗多し
A (質問)禁煙して4ヶ月経過。禁煙当初、右側の喉奥を押すと鈍痛があり、ひどく咳き込みました。禁煙後、毎日黒い痰が出ましたが、痰が少し減ってきた代わりに、10日前ころから声が枯れて来ました。右喉には異物感があり、喉と胸を押すと、やはり少し痛みあり。しかし咳き込むほどではありません。同時に汗が沢山出始め不安です。 (回答)禁煙されたことは良いことだと思います。多少不安もあるかと思いますが、是非続けてください。喫煙の影響が完全に取れるには7,8年かかるといわれています。つまり喫煙によって喉頭癌や肺がんになる確率は吸わない人に比べて何倍も高いわけですが、これが禁煙して吸わない人と同じリスクにまで戻ってくるのに7,8年はかかると言われています。ですので、禁煙をしたからといって、直ぐに完全な健康体になるわけではないので、咽喉の痛みや声嗄れが持続する様でしたら、喉頭癌などの除外をきちんとしてもらっておく方がよいと思います。発汗については、ニコチンからの離脱の症状(いわゆる禁断症状)かもしれません。ただ、他の病気(たとえば甲状腺機能亢進症など)のこともありますので、気になるようでしたらやはり医療機関で診察を受けてください。
Q&A TOP

QT13 背中の痛みとのど入り口の出来物
A (質問)左肩甲骨と背骨の間の一点が、疲れると痛くなり、それと同時に口の奥上側、のどへの入り口あたりにぷつっとした出来物が現れることがあります。疲れがひくにつれ、背中の痛みやこの出来物も引きますが、また疲れ溜まると出てきます。出来物自体は激しい痛みを伴うものではありませんが、ややひっぱれるような違和感があります。以前、胃から食道にかけて自覚症状があり、胃カメラなどの検査では問題が出なかったのですが、「しいて言えば神経性胃炎」であるとの診断で、現在も薬は服用しております。背中の痛みや口奥の出来物はこの胃の症状と関係しているのでしょうか。 (回答)背中の痛みに関しては関連痛という考え方があります。直接その部分と関係のない所で痛みを感じる場合があることはよくあります。検査をしても異常がないのは、未病(まだ病気になっていない状態)の間に身体が危険信号として発してくれているのかもしれません。あと、胃と思っておられますが、その他の内臓の場合も考えられますので、長引く場合は他の臓器も一度は診てもらっておくのもいいでしょう。☆のどの入り口の出来物に関しては、見てみないとなんとも言えませんが、疲れた時にでると自覚されているのであれば、やはり何らかの関連はあると思います。東洋医学の考え方の中には、口腔は消化管の入り口であり、消化管の状態を示しているという考え方もあります。一般的によくあるのは、扁桃腺の表面に膿が付く場合があります。扁桃腺に普段潜んでいる細菌が、疲れに伴い免疫をくぐり抜けて繁殖しだす結果と思われます。同様に、カンジダといったカビの一種もでやすくなるのかもしれません。(あくまで推測です。)いずれにせよ、短期間で消失するようでしたら、それほど心配することはないと思いますが、身体が疲れに対する危険信号を発していると素直に受け止め、休養をとるように心がけるのがいいでしょう。
Q&A TOP

QT14 首を絞められたような感じがします。
A (質問)2,3日前からくしゃみが頻繁にあり、まあ毎年この季節になるとイネ科の花粉というものになるのでさほど気にしてはいませんが、最近のどの右側がすごく苦しくて首を絞められたような不快感があります。黙ってるととても苦しいです。喉を押すように触るとますます苦しくなるし喉に何か詰まった感じでとても苦しいです。 耳鼻咽喉科で診てもらえればよろしいのでしょうか?花粉症と何か関係があるのでしょうか? (回答)見てみないとなんともわかりませんが、お話からは、まず耳鼻咽喉科でみてもらうといいと思います。痛みや息苦しさなど症状が強い場合、早めに見てもらってください。☆アレルギー性鼻炎(花粉症)でもひどくなると咽喉にも症状がでてくる場合はあります。軽い痛みならアレルギーでも説明がつく可能性はありますが、強い痛みは、細菌やウイルスなどの感染といったアレルギー以外の原因による場合が多いと思います。ただ、アレルギーで粘膜が長時間刺激を受けていて荒れてくると感染の可能性は高くなると思います。そういう意味では関連はあるかと思います。☆痛みはなく、つまる感じ・締め付けられる感じといった場合、のどのアレルギーも考えられます。ただし、「右側のみ」といった症状が限局している場合は、アレルギーは積極的には考えられません。一般には軽いものはイガイガした感じがすると表現されることが多いようです。☆ただし、アレルギーが関与されるものの中に、少しメカニズムは違いますが、一部の粘膜だけが限局して腫れるタイプがあります(クインケ浮腫)。ただし、このタイプは数時間で引くことが多いので、この方のとは違うかもしれません。☆その他、たまたま花粉症の時期に症状が気になっただけで、実は腫瘍ができていたという場合もあり、症状が続く場合は早めに診てもらってください。☆こうしたものが否定されれば、他には、首の筋肉の凝りがひどいような場合にものどが締め付けられる様に感じる場合があります。その他甲状腺の病気でものどが締め付けられる感じがするかもしれません。また、最終的に検査をしても何の異常もないと言われた場合には、何らかの心理的な要因がのどのしめつけ感になっている場合もあります。ただし、そう診断をするのは他の病気を除外してからの話です。
Q&A TOP

QT15 慢性的な喉頭の痛み
A (質問)当方43歳。声を使う仕事をしています。数年前より、喉に痛みを覚え、いろいろな医者に行きましたが、どの医者も「痛くない、気のせいだ」と、言います。しかし、喉の付け根(鎖骨の間)を押すと恒に痛み、喉が狭くなった感じは常にあります。声量もここ2年ほどで、とても小さくなりました。唾液は、意識的にたくさん飲み込むようにしています。 (回答)患者さんが痛いと言われるのですから、痛いのでしょう。確かに心因性の疼痛というものもありますが、それは色々と検査をしてみた上での話になります。「鎖骨の間が痛い」という場合、ひょっとすると、喉頭よりももう少し下かもしれません。気管の病気の可能性も考えておく必要があります。耳鼻咽喉科の医師の中でも気管については積極的に診る医師と、呼吸器内科にまかせてしまう医師がいます。(このあたりは境界領域です。)気管食道科も標榜されている先生にご相談されるのもよいかもしれません。☆また、訴えられている場所から推測すると、甲状腺の場合もあります。(わずかにもう少し上で表層ですが。)甲状腺の場合は耳鼻咽喉科でも診察を行います。ただし、そのつもりで診察しなければいけませんが。☆また、鎖骨の間という所から考えられることとして、胸肋鎖骨過形成症というものも考えられるかもしれません。(少し強引かもしれませんが。)これは、慢性の扁桃腺の炎症などが回りまわって引き起こすとされる「病巣感染症」の一つなのですが、鎖骨の先端付近の痛みを感じる場合があるようです。こうした病気はそのつもりで診ないとでてこないかもしれません。☆声を使う仕事という観点からは、発声に何らかの負担がある場合に、のどにある筋肉にもなんらかの負担がかかっている場合もあるかもしれません。つまり、喉頭に付いている筋肉のこりを痛みとして感じているような場合があるかもしれません。☆いずれにせよ、根気よく一つひとつ可能性のある病気を調べてもらってください。
Q&A TOP

QT16 のどの横を押すとゴリゴリする。
A (質問)二週間前から喉が腫れたような感じになって診てもらったのですが熱もなく、リンパも腫れていないので抗生物質をもらってその日は帰りました。薬を飲んで、喉の腫れは引いたような感じなのですが、ノドボトケの右側にコリコリしたシコリが出来、押すと刺すように痛いです。 押さない限り痛くないし、少し辛いものを飲むとヒリヒリ喉全体が痛い程度で、どこか一箇所で酷くしみるといったこともありません。これは何でしょうか? (回答)診察してみないと正確なことは言えませんので、あくまで推測です。一つはリンパ節が腫れている可能性があります。診察時には触らなくても、その後出てくる場合もあると思います。他にはノドボトケ(喉頭(こうとう))というのは軟骨でできているのですが、結構複雑な形をしています。その軟骨の一部を触っている可能性もあります。あるいは、喉頭のすぐ近くには舌骨という骨がありますのでそれを触っている可能性があります。一般的にはこれらは炎症を起こすことはありませんが、特に軟骨の方は稀には炎症を起こす場合もあると思います。もう一つ、可能性はそう高くはないでしょうが、その付近に腫瘍のようなものが潜んでいる場合もあるかもしれません。☆いずれにしましても、ひどくなるようなら、また、長引くようなら再度診てもらってください。
Q&A TOP

QT17 口蓋垂の根元にポリープ?
A (質問)口蓋垂(のどちんこ)の根本に隆起した米粒大のポリープ状のものが出来ています。最初に気付いたのは半年程前で、ひどい咳を伴う風邪の後にのどを見た時に気付きました。心配だったのですが放置していました。その後もたまに見ていますが大きさには変化ありませんでしたが、最近、若干大きくなったような(2ミリくらいだったのが2.5くらい)気がして心配です。やはり腫瘍なのでしょうか? (回答)見てみないとなんともいえませんが、この付近には乳頭腫と呼ばれる良性の腫瘍をよくみることがあります。表面がわずかにカリフラワー状になっている場合が多いと思います。もし、乳頭腫であれば、急いで何かする必要はありませんが、時間の経過とともに大きくなってくる場合は、最終的に摘出してしまうのがよいでしょう。大きくなるスピードが速い場合は、悪性の病気も念頭においておく必要があります。やはり、気になるようであれば、最寄の耳鼻咽喉科で診て頂いてください。
Q&A TOP

QT18 水を飲むと咽喉が痛む
A (質問)今年の3月頃より咽喉が痛むので、耳鼻科に受診しましたが咽喉ではなく内科ですと言われ、内科に受診しました。お薬はトラサミンを処方してくれ、痛みは少なく成りましたが、今だ声枯れ、時々締め付けられる様な痛み、水を飲む時 ヒリヒリ滲みる様な痛みがあります。 後頸部痛みもあります。とても気になります。病名がないのです。気になります。 (回答)これは何ともわかりません。一般的には咽喉に関することであれば、耳鼻咽喉科でまずは対処します。内科での診察を薦められたところには、何らかの理由があったものと思いますが、わかりません。トランサミンはよくのどの炎症を抑える時に服用していただきますが、症状が続く場合には、再度診ていただいてください。特に声がかすれるといった症状は声帯の問題のことが多いと思われます。ファイバースコープで一度診ていただくとよいでしょう。その時何ともないと言われても、症状が続く場合には1ヶ月程度に一度はチェックしてもらっておく方がよいと思います。また、締めつけられる感じ、しみる感じといった場合、耳鼻咽喉科で咽喉の奥も大丈夫と言われた場合は、今度は内科的に食道の病気がないかもチェックしてもらっておくとよいと思います。その他鉄欠乏性貧血などがある場合もこれに似た症状がでることがありますので、血液検査なども受けられてもよいかと思います。
Q&A TOP

QT18 咽喉のイガイガ
A 「のどがイガイガする」という訴えはよくあります。こういう時に私が診療で念頭におくのは、炎症とアレルギーです。☆炎症が強い場合は「のどの痛み」として感じますが、軽い場合は「イガイガ」として感じるのではないかと考えています。(正しいかどうかは分かりませんが。)☆もう一つはアレルギー。特に長引く場合にはアレルギーを考えて抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を処方しています。☆こうしたものが無効の場合は、念のため悪性腫瘍等ないかを除外してもらっておく方がいいでしょう。(もちろん初診時でもかまいません。)☆また、逆流性食道炎なども関与する場合があります。ある種の胃薬が効果的です。☆その上で、異常がなければ漢方薬など(半夏厚朴湯など)を用いる場合もあります。
Q&A TOP

QT19 頸部のしこり
A 「くびのしこり」「のどのしこり」を訴えられる方も多くいらっしゃいます。前述のT16やT11のQ&Aも参考にしてください。☆一般に「頸部のしこり」といった場合に考えられるのは、?頸のリンパ節の腫れ、?甲状腺や顎下腺の腫れ、?水の様な液状のものが溜まった袋(のう胞、のう腫と呼びます)のことが多いと思います。☆リンパ節が腫れるのは、主に炎症(感染)と腫瘍(悪性の転移やリンパ節そのもの腫瘍など)です。前者が圧倒的に多いですが、そうした場合は1cm程度までのことが多く、動きがよく(コロコロしている)、触った時の表面がツルツルした感じです。逆に悪性を疑わせるのは、動きが悪く硬い感じ、いくつかのリンパ節がつながったようなでこぼこ感があることが多いです。ただし初期の場合は区別がつかないこともあります。痛みは主に感染の方がよくありますが、悪性でも出現することもあり、一概にはいえません。また、感染でも結核のような特殊なものでは大きく、硬い感じのこともあります。いずれにせよ、頸の腫れについては、最寄の医療機関でよく診てもらうのがよいと思います。
Q&A TOP

QT20 咽喉のかゆみ・咳
A 「のどがかゆい・かゆくて咳がでる」という訴えについては、やはりまず考えられるのは咽喉のアレルギーだと思います。咳を伴う場合もあります。☆「喉頭アレルギー」と呼ばれるものがあります。このあたりは現在概念が確立されつつあるというところだと思います。頑固な咳があり、普通の鎮咳剤や気管支拡張剤が無効で、抗ヒスタミン剤やステロイドがよく効きます。☆何か食べた際に起き易い場合には「咽頭アレルギー症候群」の可能性もあります。花粉症との関連が注目されています。つまり、ある種の花粉症がある場合、果物が多いですが、特定の食物を食べるとのどのかゆみのような症状がでる場合があります。シラカンバ花粉症とリンゴ・桃など、ブタクサ花粉症とメロン・バナナの関連が注目されています。☆その他、寝ている間に胃酸が食道に逆流しやすい人も咽喉の類似した不快感を感じる方がいます(逆流性食道炎)。
Q&A TOP

QT21 半年前からのどの不快感が消えません。
A <質問>
半年前から、のどに鼻汁か痰のようなものが常にあるような感じがして、頻繁に唾を飲み込むようになりました。耳鼻科のファイバーでは異常なし、もしくはアレルギーとのことですが、アレルギーの薬は効果なし。胃カメラでは以前から患っている胃炎がまだあるとのことでしたが、胃薬を飲んでも改善されず。甲状腺の数値も異常なし。半夏厚朴湯を2週間飲みましたが効果なしでした。
<回答>
咽頭異常感症については別項(Q&A T2)をご覧下さい。実際には色々検査してもはっきりとした原因がわからない場合は結構あります。そうした場合は何らかの病気を念頭に薬で経過を見ていかざるおえませんが、薬によってどれくらい飲んだら無効と考えるかは違ってきます。抗生物質などはせいぜい1週間ですが、漢方薬の場合、(すぐに効くものもありますが)2週間では効果がでない場合もあります。1ヶ月は試してみてもよいと思います。それ以上は、あまり改善する可能性は低くなりますので変えてみた方がよいと考えています。半夏厚朴湯以外にも、加味逍遥散や柴朴湯の方がよい場合もあります。アレルギーの薬も即効性のあるものと2週間ほどかかるものもありますし、一つの薬が無効の場合でも他の抗アレルギー剤にすると良くなる場合もありますので、別のものを処方してみてもらうこともよいかもしれません。胃炎があるとのことですが、逆流性食道炎が関連している場合もあります。その場合は胃薬でもプロトンポンプ阻害剤という胃薬でないと効かない場合もありますので、まだ飲んだことがない場合は一度処方してもらうといいでしょう。この薬の場合、1週間程でのどの不快感がとれてくれば逆流性食道炎が原因とほぼ断定できます。☆どうしてもだめな場合、咽喉に神経が集中しすぎてしまっていることやそのことによるうつ状態が考えられるので、抗不安薬(いわゆる安定剤)や抗うつ薬がよく効く場合もあります。安定剤も時には必要です。☆異常感が続く場合、ある程度定期的に咽喉のチェックは受けておいてください。時間がたつとはっきりしたものが出てくる場合がまれにあります。
Q&A TOP

QT22 喉の奥の後壁のあたりが赤いのですが。
A <質問>
高熱をともなう風邪をひくことが多く、熱が下がった後も、喉の違和感がとれません。耳鼻咽喉科で現在治療中ですが、まだ何となく喉の不快感がとれません。現在かかっている先生は、喉はなんともないですよ、と言ってくれたのですが、鏡を見ると、のどちんこのさらに奥の後壁のあたりが常に赤くなっているのが気になっています。感覚的に違和感があるのもこのあたりのような気がするのですが、何かの病気なのでしょうか・・・
<回答>
やはり風邪でのどの粘膜が炎症を起こし、まだわずかですがくすぶっているのではないでしょうか?のどは敏感なところなのでわずかな炎症でも気になるのかもしれません。のどの粘膜には扁桃腺と同じようなリンパの小さな組織がありますので、それが違和感や赤みとしてみられるのだと思います。
Q&A TOP

QT23 口の中が苦く感じる
A <質問>
55才女性。最近口の中がいつも苦く感じ、のどの奥に痰のような物が溜まっている様な感覚があり、痰は(痰と言うよりかは鼻汁に近い透明な色をしたねばついた物が大半です。)いやなにおいを感じます。風邪を引いた時以外は鼻の中はいつも乾いています。その日により違いますが、舌が黄色く濁った色になり時にはしびれるような感じでひりひりするときもあります。耳鼻科に行ってみてもらいましたが蓄膿症はないといわれました。又最近ではにおいも感じ方がおかしくなり、香水や石けんの香りがつんと来る耐え難いいやな臭いに感じます。原因はどこにあるのでしょうか?
<回答>
一元的に話をすることは難しいですね。症状のいくつかは確かに副鼻腔炎が疑われますが、ないとのこと。ただ、普通のレントゲンでの診断ではわからないような小さなものもありますので、続くならCTで確認がいいでしょう。CTでも副鼻腔炎がないのに鼻汁の様なものがたまるといわれる方は時々あります。唾液の成分の変化などが推測できますが現在のところよく分かっていません。唾液の分泌が減ってきていることも関係するかもしれません。また、口腔内のカンジダというカビの治療を行うと良くなる場合もあります。「口が苦い」という症状がなぜ起こるのかまだよくわかっていませんが、漢方では「口が苦い」を目標とした処方(小柴胡湯、柴胡桂枝湯、黄連解毒湯など)があります。嫌な臭いについては、鼻のQ&A(N6)を参照にしてください。
Q&A TOP

QT24 のどのつきあたりの赤いできもの
A ご質問の中に、「のどのつきあたりの赤いできもの」について尋ねられるものが多くみられます。
厳密なことは、診てみないとわかりませんが、お尋ねになられるものの多くは、扁桃腺と同じようなリンパの組織が考えられます。風邪の時などにもよく腫れる場合があります。ただし、ひどくなったり、大きくなってくる場合には何か他の病気のこともあるかもしれませんので最寄の耳鼻咽喉科で診てもらってください。
Q&A TOP

QT25 喉の違和感、味覚低下、声がれ…
A <質問>
30代男性。1月ほど前に喉の痛みから暫くして水やお茶を飲むと焼けるようにヒリヒリする症状と口内炎が多数でき、近くの耳鼻咽喉科に行きました。しかし口の中を覗き込む位で「赤く腫れてますね…」っと言う程度で痛み、炎症を抑える薬を処方されただけで、また薬もほとんど効きませんでした。日をおいて2回ほど行きましたが同じ対応。1週間ほどして痛みは治まってきました…自然治癒? しかし1月以上経つのですがまだ違和感と舌の奥にブツブツが…痛みはほとんどありません。まだ喉の奥が腫れているような感覚と味覚も少し落ちたようで、少しいがらっぽく、咳も少し出ます。どういった病気が考えられますでしょうか?また症状からもっと大きな病院で診てもらった方がいいでしょうか?どういった検査方法があるのでしょうか?
<回答>
お話の前半についてはヘルパンギーナか手足口病のような夏風邪であったように思います。こうしたウイルス性の夏かぜは中々よく効く薬はなく、自然治癒に近い感じで改善することはよくあります。
さて後半の症状については、正確なことを言うのは難しいですね。夏風邪のあと炎症がくすぶっている可能性。夏風邪によりひどい炎症から粘膜が敏感になっておりちょっとしたことでも気になる可能性。などが考えられます。夏風邪はウイルス性ですが、その後に続発するのは細菌性の場合もあり、抗生物質を飲むことで改善する可能性はあります。
味覚低下については、夏風邪で舌の表面の味センサーが一時的に弱った可能性、続発する鼻炎・副鼻腔炎で嗅覚障害があるために風味が分からないようになっている可能性、薬の影響の可能性などが考えられます。しかし、これらを検査ではっきりさせるのは中々難しいと思います。鼻のレントゲンで副鼻腔炎の有無を調べる、嗅覚の検査を行う、味覚の検査を行う、血液検査で血中の亜鉛量を調べる、口腔内にカビなどが生えていないかを確認する、などが考えられます。
Q&A TOP

QT26 のどに血の塊?
A <質問>
1ヶ月位前ぶよぶよした血の塊みたいなものができ指で潰したら消えてなくなりました。しばらくしたら、またできました。一体この出来物はなんでしょうか?
<回答>
実際に見てみないとなんとも言えませんが、口の中に血まめのようなものができているのを時々みかけます。しばらくすると消えてしまいます。これはそのとおり、粘膜の中にできた血まめのようなものだと思います。原因もよくわかっていませんが、粘膜に何らかの刺激が加わって、粘膜下に出血したのではないかと思います。
すぐに引くようなものならほとんどの場合心配いらないと思いますが、頻繁にできてくる場合、天疱瘡(てんぽうそう)といった全身的な皮膚の病気の前兆のような場合があるかもしれませんので、一度調べてもらった方がよいかもしれません。
Q&A TOP

QT27 咽喉や鼻がつまって息苦しい
A <質問>
50代半ばの女性。喉か鼻に何かつまっていていつも息苦しい感じです。半年前風邪を引き、その時から、その症状だけが残って居ます。耳鼻咽喉科に行きましたら原因は分からずと言われました。又、病院を変えて内科行きましたら精神的と言われました。どうなんでしょうか?
<回答>
まずは実際に鼻の粘膜が本当に腫れている場合があります。鼻の奥の方の粘だけが腫れている場合、見た目よく分からない場合もあります。また、鼻の奥は上咽頭という場所でアデノイドという扁桃腺のようなものがありますので、長い炎症が続くと腫れがひきにくくなる場合があります。また、アレルギーでも粘膜は腫れやすくなります。こうしたことは、極端な場合は見分けは簡単ですが、微妙な腫れは中々わからない場合も多いように思います。また、まれですが、鼻の粘膜がやせすぎて奥までスカスカに通る場合も逆に鼻づまりを感じる場合があるようです。
腫瘍などももちろん除外した上で、次に考えられるのは確かに精神的なものの場合もあるかもしれません。人間の感覚というのは敏感ですから、粘膜が一度気になりだしたらその感覚が鋭敏になってちょっとした変化もすごく分かってしまう様な状態なのかもしれません。こういう場合は、抗不安薬などがよく効く場合があります。
もちろん、明らかに息苦しい場合は、まずは最寄の内科なり耳鼻咽喉科で呼吸困難になりそうな病気が隠れていないかは、症状がある間は、ある程度定期的に診てもらってください。
Q&A TOP

QT28 喉が詰まる感じと、声がつぶれた感じがつづく。
A <質問>
40代女性。趣味コーラス。夏風邪を引いて、咳、痰などの症状は取れたのですが、その後喉がなんとなく詰まったような感じでひりひりする感じはします。発熱や、痛みはありません。声を出そうとすると、以前と違ってぺたんこのつぶれたような声になってしまいます。歌う声はもちろん話す声もそうで、とても無理をして発声しているように感じる一方で、力が入らないように感じ、なんだか声の出し方を忘れてしまったような不安があります。高い声も出しづらく、声も通りません。風邪などから声帯が腫れて声が出なくなったことは何度かあるのですが、そのときとは違う感じがしています。
<回答>
のどを見ていないので何とも言えませんが、一つは普段の風邪後の声嗄れとは違うとはいえ、やはりまだ声帯を中心とした炎症が残っている可能性があります。もちろん、声帯のポリープやポリープ様声帯になっていないかも一度ファイバーでみてもらっておいてもいいかと思います。コーラスは今の時期にはあまり無理をしない方がいいと思います。
上記のような状態が除外されれば、たまたま夏風邪をきっかけとしてはいますが、機能性発声障害に近い状態の可能性も考えられます。つまり、一度気になりだしたらちょっとした変化がすごく気になって仕方がない状態で、ストレスなども関連する場合ですね。いずれにせよ、長引く場合は耳鼻咽喉科で見てもらってください。
Q&A TOP

QT29 出産後の咽喉の違和感
A <質問>
4月に出産をし、その後、風邪っぽい症状がでてそのうち治ると思っていましたが、喉に何か詰まった感じが四ヶ月も続いてます。産後のストレスでそのような症状が出ているのか分からないのですが、このような状態では子育ても困難なので、早く治したいと思い色々な病院に行きましたが、内科、呼吸器科では何も問題がなく、耳鼻咽喉科ではファイバースコープで喉を見てもらいましたが、きれいと言われました。喉の詰まっている感じを改善する 漢方薬の半夏厚朴湯を今服用しています。服用し始めてから、一週間経ちますがここ二、三日詰まっている感じが余計酷く感じます。効いているのか心配です。
<回答>
のどの異物感については、他にも多くのQ&Aに類似の話がありますので参考にしてください。
出産後ということでは、一つは血液検査で鉄欠乏性貧血の除外はしておいてもいいかもしれません。その他内科的、耳鼻咽喉科的に問題がないと最終的にストレスによる咽喉頭異常感の可能性も考えられます。
漢方薬ですが、著効を示す場合は1,2日でも効果がでてきますが、経験的な所で根拠はありませんが、2週間からできれば1ヶ月続けてみて初めて効果が現れてくる場合もあります。しかし、逆にそれ以上続けて効果が現れてくることは少ないと思われるので、薬を変えた方がよいと思います。☆一度ファイバーで問題ないと言われても症状がずっと続く場合は、定期的に診て貰っておく方がよいと考えます。
Q&A TOP

QT30 たばこを吸うと喉に異物感ができます
A <質問>
昔からタバコを吸うとのどチンコの近くに白い出来物ができて簡単にポロポロとれとても臭いにおいがした事があります。そして声帯の裏に出来物ができてると薬を処方されたこともあります。妊娠、出産をし、2年ほどやめてた喫煙をまた初めてしまったのですが吸いだして1ヶ月ほどでまた喉に異物感があります。
喉を見ても何もないのでまた奥の方なのかと思うのですが、私の喉にはタバコは合わないのでしょうか・・。たばこをやめればほっておいても異物感はなくなってきますか?
<回答>
たばこを吸いだしてから異物感が再発しているのであれば、やはりたばこの影響は大きいでしょう。たばこをやめれば異物感が徐々にとれてくる可能性はありますが、それは経過をみてみないとわかりません。症状が続く間は定期的に診てもらってください。タバコの影響が完全に消えるまでには7,8年はかかるという報告も聞いたことがあります。
妊娠・出産が終わればタバコはOKか?タバコの害の大きなものに副流煙があります。灰皿においてあるタバコの煙が、吸っている人ではなく周りの人に影響を与える害で、こちらの方が深刻という報告もあります。当然赤ちゃんにもタバコの影響はではますし、吸殻や吸殻がつけてあった水を赤ちゃんが飲んで大変なことになるという話はそこらじゅうにあります。タバコは止められた方がよいと思います。
Q&A TOP

QT31 扁桃腺の腫れ
A <質問>
ひと月ほど前に扁桃腺が腫れ高熱が出ました。内科で薬をもらい一週間ほどで治ったのですがまた熱が出て腫れました。熱は下がり、喉の痛みは取れたのですが、腫れあがった扁桃腺は内側に残ったままで、左側はブツブツしていて右側はぽっこり内側に腫れています。舌が圧迫されるような感じですぐ治るだろうと思っていたのですが治りません。しばらくすると後鼻漏になり痰がひどくなりました。それから蕁麻疹のような赤いぷつぷつが足にでき、5日ほどで消えました。ただの扁桃腺炎ではないような気がするのですがどうなのでしょうか?
<回答>
実際には見てみないと分かりませんが。扁桃の炎症もひどくなると大きく腫れる場合はあります。炎症が沈静化してくると扁桃の腫れも引いてくるのが一般的ですが、炎症が強かったり、短期間に何回も炎症を繰り返すとひきにくくなることはあります。表面がでこぼこしているのはそれほど気にする必要はありませんが、炎症症状(熱、痛み、赤みなど)が全くなくなったにもかかわらず、どんどん大きくなってくる場合は要注意です。特に片方だけが大きくなってくる場合。先行する炎症がない場合はさらに要注意です。そうそうありませんが、扁桃の癌や悪性リンパ腫などの可能性も考えて、医療機関を受診してください。
扁桃炎のあとの腫脹がひかないものについては、軽い消炎剤やもう少し長めに抗生物質を飲んでみるのも一つですが、ある程度時間を要するかもしれません。扁桃肥大がひどく、何らかの障害(睡眠時無呼吸症候群や食事をするのにあまりに時間がかかるなど)がでてきたら摘出術も検討する方がよいでしょう。
後鼻漏については急性鼻炎や急性副鼻腔炎が続発したと考えられます。長引く場合は最寄の耳鼻咽喉科へ。
Q&A TOP

QT32 のどから白いかたまりがたまにでてきます
A <質問>
痰をだすようにのどに力をいれると白いかたまりがでてきて、(少し黄色っぽい)とてもにおいます。いったいこれはなんなのでしょうか??また、これのせいで口臭が気になるのですが、改善方法はありますか?
<回答>
膿栓とか扁桃栓子と呼ばれるものでしょう。俗称「くさいだま」とか「におい玉」呼ばれているものです。扁桃腺の表面はでこぼこした窪みがあります。食べ物のカスや粘膜の老廃物、あるいは白血球が感染などで戦った残骸などが、こうした窪みや扁桃腺とその周りの粘膜のヒダとの間に溜まったものと考えられます。急性の扁桃炎で扁桃の表面にできる白いブツブツとは別に考えてよいと思います。☆これ自体、特に身体に悪影響を及ぼすことがない場合が多いですが、時に咽頭(のど)の異物感や口臭の原因になる場合があるかもしれません。また、こうした塊は細菌の感染源になりやすいので、咽喉の炎症を引き起こすもとになったり、あるいは炎症を起こした結果、遠隔の臓器に影響を及ぼす(病巣感染といいます)の元になる場合がまれにあるかもしれません。☆治療はなかなか完治するのは難しいですね。扁桃腺の窪みを高周波などで焼いてつぶしてしまうという様な方法が試みられているようです。また、あまりにひどい場合は、扁桃腺の摘出術をすればたまらなくなるでしょう。ただし、この白い塊がでるというだけで手術まで行うかどうかは、十分相談して決めるべきでしょう。また、この膿栓は、慢性的な扁桃腺の炎症で生じやすいという報告もあり、炎症をしっかりよくするということ大切です。☆予防としては、うがいをしっかりすることですね。
Q&A TOP

QT33 咽喉が赤くはれてなかなか治らない
A <質問>
風邪をひくと咽喉がいつも赤くはれてなかなか治りません。治るかなと思うと薬が3日くらいなので様子をみていると又赤くひどくなり、又病院にいって薬をもらってのんで、という繰り返しでよくなるまでに1ヶ月くらいいつもかかります。1年のうち咽喉がいいのは半年くらいです。なんとかこんなに長引かないですむ方法はないんでしょうか?うがいも一生懸命やっているのですが、どうしたらいいでしょう?
<回答>
診てみないとわからない場合もありますが、考えられることをお話します。咽喉の炎症が長引くわけですが、いくつかの要因が考えられます。1)全身的な抵抗力が弱っている場合:仕事など休めず無理をしている場合ですね。中々仕事を休むというのはできないのですが、基本的には身体を休めることが大切ですね。2)抵抗力を持った菌がいる可能性:主に慢性の扁桃炎の場合が多いのですが、最近は抗生物質に耐性をもった菌が増えています。場合によっては一度咽喉の細菌検査を受けてみるのもいいかもしれません。また、稀にはクラミジアのような特殊な菌が影響している場合があるかもしれません。3)タバコ・お酒:タバコは慢性的にのどを刺激しますのでやめましょう。お酒は炎症を起こしている時にはやはり控えてください。
薬の飲み方ですが、3日ですっかりよくなってしまう場合はいいのですが、炎症が少し残っている場合はそこで様子をみるのではなく、追加でもう少しさらに服用する方がよいかもしれません。クラミジアの様な菌の場合は7〜10日ほど効果のある抗生物質を飲むとよい場合もあります。
うがいはやった方がよいのですが、イソジン等強力な殺菌効果のあるうがい薬の場合、のどの粘膜の表面に正常時にもいる菌(常在菌)まで殺してしまうことになるので、ほどほどがよいでしょう。1日5,6回程度までがよいのではないかと考えます。ただし、1回のうがいは少し長めに行うのがよいと思います。
Q&A TOP

QT34 のどちんこの奥のできもの
A <質問>
今日、なんだか物を飲み込んだときに違和感がしたので鏡を見ると口蓋扁桃?と言うんでしょうか、のどちんこの奥の壁っぽいところに直径七ミリ程の丸いできものが八個くらいありました。これはなんでしょうか?
<回答>
口蓋扁桃というのは、のどで鏡で見える部分の両脇付近にあるもので、突き当たりに見える赤いものは、扁桃腺と同じようなリンパの組織の小さいもの(リンパ小節)と思います。多かれ少なかれ人間にはみんなあるので、これを見ただけで驚く必要はありません。違和感は確かにリンパ小節や扁桃腺が少し腫れた時には感じる場合があります。すぐに消失するようなら心配ないと思いますが、長引くようであれば最寄の医療機関で見てもらってください。また、扁桃腺やリンパ小節でも、時間とともにどんどん大きくなってくる場合はまれに腫瘍のこともありますので早めに診て貰ってください。
Q&A TOP

QT35 のどのしこり・違和感
A <質問>
2ヶ月ほど前から、のどちんこの奥の辺りに違和感を覚え、触ってみたところ、しこりのようなものがあるのを発見しました。海外に住んでおり、そちらのホームドクターにみていただいたところ、アレルギー性のものではないかと言われました。ただし、触診はしていません。その後、耳鼻咽喉科にも行きましたが、鼻の穴からファイバースコープのようなカメラを入れてみてもらいましたが、やはり慢性のアレルギー性鼻炎で、いつも鼻水がのどにたれているからだろうと言われました。しかし、ここでも直接しこりに触っての診察はありませんでした。長年の鼻炎でのどの組織がかたくなったり、しこりのようなものができたりすることがあるのでしょうか。二人のドクターとも、悪性のものには見えないとのことでしたが、触診していただいてないだけに不安です。アレグラという錠剤と鼻のスプレーを処方されましたが、今ものどの異物感はとれません。 違う医者にかかったほうがよろしいのでしょうか。
<回答>
まず、のどのしこりですが、見ていないのでなんともいえませんが、のどの奥に鏡で見ることのできる赤いものというのであれば、T34でお話したリンパの組織の可能性が高いといえます。ただ、アレルギー性鼻炎でリンパ系が腫れるというのは少し考えにくいと思います。アレルギーで硬く腫れるというのは少し考えにくいようにも思います。長引くようであれば、抗生物質や消炎剤も処方してもらうといいかもしれません。ただしウイルス性の場合は効果はありません。
のどの異物感については多くの病気で生じるので長引く場合は一つずつ原因を除外していく必要があります。他のQ&Aも参考にしてください。
なお、アレルギー性鼻炎とそれに伴って鼻汁がのどに下がるのものどの違和感を起す一つの原因ではありますので、治療の一つとして間違ってはないと思います。ただ、長引く場合は他の可能性も考えていく必要があると思います。
悪性の可能性については、耳鼻咽喉科医がファイバーで確認しているのであれば、どんどん症状がひどくなるのでなければ、少なくとも大きな進行したものはないと思います。長引く場合は1,2ヶ月に一度再確認をしてもらっておけばよいと考えます。ただし、急速に悪くなる場合は早めに見てもらって下さい。
Q&A TOP

QT36 歯茎の奥が腫れて唾液がたまりやすい
A <質問>
歯ぐきの奥が大きく腫れてて普段痛みはないんですが、くしゃみをした時だけ痛くなります。つばが異様にたまったり朝は食欲がなくなったり1年前頃からなんですが最近ひどくなってきて。自分の周りの人がせきと鼻水が止まらなくなったりお腹の痛みもあるそうなんですがこれは何かのウイルスですか?
<回答>
見てみないとなんとも言えませんが、すべての症状を一元的に説明するのはちょっと難しいように思います。歯茎の奥の腫れについては徐々にひどくなってくるようでしたら、やはり一度医療機関を受診してください。唾液がたまりやすいのは歯茎の奥の腫れと関連しているかもしれませんが、周囲の人の鼻水や腹痛は別個に考えた方がよいと思います。
Q&A TOP

QT37 痰の色が赤っぽい。
A <質問>
昔からよく痰がからんだような咳がでるのですが、めったに痰を吐き出せなくて、最近吐き出しせた痰の色がピンク色っぽい(赤っぽい)色でした。これは血痰でしょうか?
<回答>
やはり痰に赤いものが混じるのは、まずは血を疑った方がいいでしょう。血痰はのどの強い炎症や、鼻血がのどに回った場合などもありますが、のどの腫瘍や肺結核、肺がんなどでもでることがありますので、繰り返しみられるようであれば、一度耳鼻咽喉科および呼吸器内科を受診してください。
Q&A TOP

QT38 首を絞められたあとに残るのどの痛みは自然に治るものなのですか?
A 私はそういう患者さんを診察したことがないので何ともわかりません。推測ですが、数日はあると思いますが普通は徐々に軽減するものだと思います。こういうケースでは後々のこともありますから、まずは耳鼻咽喉科で診てもらっておく方がいいでしょうね。長引く場合は精神的な痛みもあるのかもしれません。
Q&A TOP

QT39 一年前からのどの奥に何か貼り付いてる様な感覚
A <質問>
当方30歳男性。飲酒喫煙共に無く特に喉への負担になるような事もしてないのですが1年前より症状が突然現れました。水や食べ物を飲み込んだ時はあまり感じないのですが、唾を飲み込むと何かに引っかかった様な感覚があり、首筋がつっぱた様な違和感を感じる場合もあります。のどの詰まり感が強いときは軽い吐き気というかえづくような状態で、発熱時の様な気だるさも続いております。
検査としてファイバースコープでチェック。エコー検査による首・甲状腺・のどのチェック。その後、鼻〜胸元辺りまでのCTと内視鏡による胃の検査を行いましたが原因特定に至らず。半年ほど様子をみたのですが最近症状が少しずつ強くなってきて再度ファイバースコープでのチェックとエコー検査を受けましたが異常なし。
とあるテレビ番組でみた下咽頭癌の病状に近く、心配な状況が続いております。 診察頂いた病院からは精神科への相談も進められたのですが、精神的なショック等の原因もなく、いまいち納得出来ない状況です。
<回答>
咽頭の異常感については、T2,T21のQ&Aもご参考にしてください。☆上に書かれてた以外で思いつくのは、血液検査(貧血、鉄の減少など)、咽頭内の菌検査(カンジダを含む)、副鼻腔炎の否定、といったところでしょうか。
少なくとも、咽喉のファイバー、頸部のCT・甲状腺、胃・食道の検査がなされていますので、下咽頭癌のようなものは心配いらないと思われます。ただし、何ヶ月も先まで保証されるものではありませんので、症状が持続する場合は、定期的に(3ヶ月程度といったところでしょうか)検査を受けておかれてもよいと思います。
色々な検査で異常がない場合、咽喉頭の神経症、すなわち意識の集中ということも考えられます。最初のきっかけは咽頭炎だったのかもしれませんが、一度意識がそこに集中してしまったらそこから逃れられない状態になっているのだと思います。そういう意味で精神科の受診を薦められたのかもしれません。そういう場合特にショック等の原因は不要です。むしろうつ傾向が潜んでいる場合が案外ありますので、精神科医に診てもらうことも時には必要かもしれません。抗不安剤や抗うつ剤などで症状が改善する場合も少なくないと思います。
Q&A TOP

QT40 舌の奥の円状のコブ
A <質問>
最近、見つけたのですが舌の奥の方に(舌をベーっと出した状態で)2〜4個ほど両サイドに円状のコブ(1〜2mm程)というか、おできのようなもを見つけました。石のようには硬くないですが多少の弾力性があります。もっと舌の奥の方を調べるとわりに多くコブがあるような気がしました。(舌の付け根の方です)飲み込むときに多少の違和感がある程度で特に痛みは無いのですが早急に対処する必要がありますか?
<回答>
見てみないとわかりませんが、お話から推測すると、舌の奥にある「有郭乳頭」と呼ばれる味を感じる器官だと思います。時々気にされて受診される患者さんがいらっしゃいます。
インターネットにきれいに図を書いてくださっている方がいらっしゃいますので、ご参考にして下さい。「舌の構造」「iris-irisのフリーウェア
ただし、診てお話をしているわけではありませんので、実は腫瘍であったというようなことがあってはいけませんので、あまり遅くならないうちに一度は耳鼻咽喉科で診てもらってください。
Q&A TOP

QT41 子供の首の側面にコロコロしたものがあるのですが。
A <質問>
8歳になる男の子なのですが、首の側面にコロコロしたものが2つあります。風邪で小児科に行った際に聞いたところ心配ないと言われましたが、風邪などひいていない元気なときでも、触らなくともわかるぐらいポコッとしています。 心配ないと言われたので何年もほおっておきましたが、寝ているときも呼吸よりかなり早くプクプクと動いているので気になります。痛いとも言いませんし、他に症状がなければ気にしないほうがいいのでしょうか?
<回答>
子でもであっても「頸のしこり」については基本的にはQ&AのT19に書いてあることと同様です。子どもでは頸のリンパ節が腫れることはよくあり、その多くは問題のない場合が多いですね。ただそれはあくまで確率の問題ですので、一度は診てもらい、放置する場合でも、時々は診てもらっておく方がよいと思います。
Q&A TOP

QT42 のどちんこが赤く、さらに先は白くなっています。
A <質問>
風邪の治りかけで食後のどに何か挟まったような感じがしたので、指をつっこんでとろうとしました。すると出血して、出血後鏡で見るとのどちんこの先が血の塊のような状態でその先に痰のような白いものがついています。声を出す仕事なので不安に思い、今のところは何も声を出さないようにしているのですが、大丈夫でしょうか?
<回答>
のどちんこ(口蓋垂)は何か硬いものなどで引っ掛けるためか、まれに先が出血したり赤くなる場合があります。今回もそれに相当するものと思います。白くなっているのは、さらに炎症が強い場合や粘膜のダメージが強い場合だと思います。たいがいはそのままおさまることが多いと思いますが、腫れが強い場合などは、早急に医療機関で診てもらった方がよいと思います。☆声との問題は、炎症がのどちんこに限局するものであれば、声を出す声帯と口蓋垂は少し場所が離れていますので問題はないと思います。ただし、のど全体に炎症が強い場合、声のかすれなども合併しているときには十分注意した方がよいと思います。
Q&A TOP

QT43 食べ物がのどにひっかかるのですが。
A <質問>
30代女性。半年前頃より、食事の後食べた物(ご飯粒等)が、喉仏あたりに、引っかかり数時間経つと気にならなくなります。咳払いをすると、ひっかかっていた物が戻って来る事もありますが、そのままの事がほとんどですが、何か病気でしょうか?痛みはありません。痰が絡む感じもします。
<回答>
実際には診察してみたり、検査をしてみないとわかりません。推測できることとしては、1)咽喉の粘膜の表面にある粘液の何らかの異常:粘液の成分が変化してすべりが悪くなっているのかもしれません。実際にそれを証明するような検査はありませんが、唾液の分泌が悪くなってくる病気(たとえばシェーグレン症候群など)がないかを確認してみるのも一つかもしれません。2)咽喉の奥にできもの(腫瘍):30代とすれば可能性は非常に少ないですが、年齢はあくまで確率ですので、症状が続く場合は、ファイバースコープ等で定期的に確認しておくのもよいと思います。3)鉄欠乏性:身体の中の鉄分が欠乏してくると、筋肉の中の鉄分(ミオグロビン)を使うようになります。すると、飲み込みにくい感じが出てくる場合があります。こうし場合、普通、貧血を伴うことが多いですね。4)筋・神経疾患:これも頻度的には非常に少ないですが、筋肉や筋肉を動かす神経の病気(多くは遺伝性ですが、そうでないものもあります)のために、スムーズに嚥下ができにくくなってくる場合があります。
いずれにせよ、症状が続くようであれば、定期的に医師に診てもらってください。
Q&A TOP

QT44 舌の先端の白いできもの
A <質問>
舌の先端に白いできものができました。大きさは周りの舌の突起と変わらないか、少し大きいくらいです。痛みはほとんど無いのですが、押すと痺れる様な感じがするような気がします。普段は痛みはなく違和感があるくらいです。形は、少し歪なような気がします。熱はありません。これは、一体どういった病気なのでしょうか?心配です。大丈夫なんでしょうか?教えて下さい。
<回答>
舌の先端によくできるのは、アフタ性口内炎が多いですが、これはかなりの痛みを伴います。周囲の舌の突起と同じくらいとのことで、乳頭腫といった良性の腫瘍の可能性も考えられます。この場合、成長はゆっくりなのでそれほど心配はありませんが、気になるようでしたら、切除してしまうといいでしょう。少しずつでも大きくなるよでしたら、あまり大きくならないうちに切除してしまう方がいいでしょう。一つ気をつけておかなければならないのは、やはり悪性腫瘍(舌がん)ですね。ただ、舌の先端にできることはあまり多くはありません。できものが大きくなるのが早い場合は要注意です。
Q&A TOP

QT45 口蓋扁桃あたりにできもの?
A <質問>
中学生です。このまえ鏡でのどの奥を見てみたところ、右の口蓋扁桃あたりの上に2mmくらいの白い、足の裏の「まめ」のようなできものに気がつきました。 酢の物などを食べても全くしみません。 自覚できる症状としては、飲み込んだ時に多少の異物感を感じます。 たまにすこしツーンとする軽い痛みがあります 。 その他の体の症状は 、ここ1,2週間少し鼻水がでるくらいです。 扁桃腺の潰瘍で中咽頭癌の前癌状態であったりする、、というWebページなど見かけて多少心配しております。親は口内炎みたいなものだっていうのですが・・・。 それと前、咽喉頭異常感で内科にいったけど何もありませんでした。 ガンとか腫瘍も絶対ないっていうんですが心配です。神経質なもので・・・。
<回答>
見てみないとなんともいえませんが、一般的には中学生くらいで中咽頭癌などはまずありません。ただ、年齢は確率みたいなものですので、ただれた様になったり、徐々に大きくなるようでしたら、もう一度最寄の耳鼻咽喉科を受診してみてください。
扁桃腺にできる白いものということでは、Q&AのT8も参考にしてください。
Q&A TOP

QT46 急性喉頭蓋炎について教えて下さい。
A <質問>
口の中を開けると咽頭蓋が見えるんです。寝る時仰向けに寝るとピラピラした違和感があります。しかも少し白っぽいんです。これって急性咽頭蓋炎とかゆうものですか?
<回答>
まず、「咽頭蓋」と呼ばれるものはありません。お尋ねのものは、喉頭蓋と理解させていただきます。喉頭蓋は食べ物が気管に入らないように喉頭を蓋するように存在します。普段は喉頭は開いているのですが、物を飲み込む時に蓋が閉まるようになっています。一般には、普通に口を開けても見えない場合が多いですが、診察時でも直視下に時々ちらっと見える人はいます。ですから、鏡でのぞいてみて、喉頭蓋が見える場合はあるかと思います。ただ、お尋ねの白っぽいものがそうかどうかは、ここではわかりません。咽喉の違和感と関係しているかどうかはわかりません。
さて、急性喉頭蓋炎ですが、一般に強いのどの痛みを感じます。ほとんど食事ものどを通らない場合が多いですね。それでいて、普通に咽喉をみた場合にあまり咽喉が赤くない場合は要注意です。普通、それだけ咽喉が痛い場合、咽喉の粘膜も結構赤くなっていることが多いのに、症状の割りに(普通にのぞいて見える部分の)粘膜はそれほど赤くないと言われた場合は、もう少し奥(喉頭)に炎症がある場合があります。この部分は、耳鼻咽喉科の医師に見てもらう方がいいと思います。
急性喉頭蓋炎は、ひどいと蓋がぱんぱんに腫れることになり、息がしにくくなり、最悪の場合窒息死する危険がありますので注意が必要です。時には緊急に気管切開をしなければいけない場合もあります。
Q&A TOP

QT47 微熱の後に喉がチクチクします。
A <質問>
4,5日前に微熱を一日出してから喉の上?辺りがしみる感じでチクチク痛み、病院に行き鼻からカメラも入れたのですが問題も無いらしく原因が判りません。口を大きくあけて舌を下顎につける様にしても喉にチクチクしみる様な痛みがあります。ごくたまに耳の中もチクッと痛みます。 <回答>
少し時間がたったのでその後もお変わりありませんでしょうか?微熱の後の喉の痛みということでは、まずはやはり一種の風邪による炎症が考えやすいと思います。全体的に軽く炎症を起している時などは、ファイバーで見てもあまり顕著な所見が見られないかもしれません。また、よく唇の内側にできるような白い口内炎と同じようなものが、喉の奥にできた場合もチクチクした痛みと表現される場合が多いですね。うまく、ファイバーでみつかることもありますが、ごく小さいものや、ファイバーで死角になりやすい所などは、見た目何もないように見られる場合もあるかもしれません。長引くようであればもう一度診てもらうようにしてください。ただ、こうした炎症は時間の経過で改善する場合が多いと思います。
Q&A TOP

QT48 舌の先が痛い。
A <質問>
舌の先につぶつぶが出来てて赤くなって少しはれて触れると痛いです。どうしたら治りますか?
<回答>
舌炎が最も考えられますね。傷の治りについて一番よいのは舌の先を安静に保つことです。ですので、気になるのはよく分かりますが、あまり舌の先で歯の裏を触ったりしない方がよいのです。しかし、そうはいっても無意識にも、意識してでも、舌先の感覚を確かめてしまいます。結局時間待ちではありますが、口内炎用の軟膏を使用すると多少早く治るかと思います。また、粘膜の修復を早く改善させるためには、牡蠣のような亜鉛を多く含むものを多くとるようにすると良いと思われます。
Q&A TOP

QT49 のどの奥に白いできものができてとても痛い。
A <質問>
一昨日から話す時に上あごの奥のほうに舌があたったり、何かを飲み込んだりするとすごく痛いんです。黙っていたり飲み込んだりしなければ痛くないのですが、上あごの奥のほうに少しざらざらしたような、ゴミがついたような嫌な感じがします。今日鏡の前で口を大きく開けてみたら、上あごの奥のほうに白っぽい3ミリくらいのものがありました。よく見ると喉のほうまで少し赤くなっています。病院に行ったほうがいいのでしょうか?
<回答>
よく唇の内側に白くてすごく痛いものができることがありますが、あれと同様のものでしょうか?ああいうものをアフタ性口内炎と呼びますが、それに類似の口内炎がのどの奥の方にできたのだと思います。よく夏風邪の時などにできることが多いことから、何らかのウイルス性のものの可能性は考えられますね。
もし、それであれば、唇にできるものと同様、1週間程度で軽快することが多いと思われます。しかし、その間ずっと痛い思いをするのは大変ですし、また、他の病気の除外という点からも、ある程度続くようなら、また、水も飲みにくい様な状態なら、早めに診て貰う方がよいと思います。
原因は先に書いた様にウイルス性の可能性はありますが、はっきりとは分かっていません。仮にウイルス性としても、効果的なウイルスの薬はないので、対症療法となります。ただ、ステロイドを少量用いると速やかによくなる場合もありますので、全身的に問題がない場合は短期間服用してみるとよいかもしれません。ただ、カビなどがあった場合は悪化する場合もあるかもしれませんので、主治医の先生によく診て貰って下さい。
Q&A TOP

QT50 喉がゴリゴリします。
A <質問>
喉がゴリゴリいって困っています。リンパが腫れているようでもなく、生唾を飲むと左の首の骨が強く当たるような(ゴン、といった)感触があります。左上を見上げるととくに痛く、首の真ん中より少し上の辺りが気になり、その部分でゴリゴリと鳴っているようです。あと、顎を大きく開けたときもその部分がゴリゴリと鳴って痛いです。耳鼻科では腫瘍はないと言われました。しばらくすると治るとも言われましたが‥。毎日痛いので困っています。回答よろしくお願いします。
<回答>
中々的確にお答えするのは難しいかもしれません。まずは、CTを撮ってもらって、喉の軟骨や舌骨とよばれる骨、あるいは、頚椎に異常がないかどうかをみてもらうといいかと思います。舌骨の異常などは時にのどの違和感や痛みなどを伴います。また、頚椎などにつながっている筋肉のこりのようなものが痛みを引き起こしている場合も考えられます。こういう場合は、筋肉の緊張をとるような薬で改善される場合もあります。
その他、のどの軟骨や頚椎などの骨がならす本来あるべき音が気になっている可能性もあります。普通は自分の身体から生じる音というのは、気にならないものなのですが、一度その音に気づいてしまいすごく気になっている場合もあるかもしれません。ただし、それは色々な検査で異常が見つからなかった場合です。結果的にそうした精神的なものが疑われる場合は心身医学的なアプローチが必要となってきます。
Q&A TOP

QT51 上顎に白い苔状のものが。
A <質問>
咳を伴って39.6度の発熱が2日続き病院で風邪との診断にて抗生剤などを服用。解熱したと同時期にのどちんこから上顎に白い苔上のものがついています。痛みはなくこするととれのですが増えてきているとのことで心配しています。
<回答>
白い苔状のもので、こするととれるという所から推測しますと、おそらく「カンジダ」とよばれるカビの一種が繁殖しているのだと思います。風邪をひいたあとや、抗生物質をのんだあとなどには、時にでてくることはありますので、必要以上に心配することはいらないかと思いますが、長引く場合には、身体の免疫力が低下していることも考えて検査してもらう必要があります。
治療としては、抗真菌剤(カビを殺す薬)で、うがいしたり、口の中をすすいだり、なめたりするものがありますので、医療機関で処方していただくといいでしょう。
Q&A TOP

QT52 辛いラーメンを食べてからのどのリンパ節が腫れました。
A <質問>
1週間前にとても辛いラーメンを食べました。その翌日から右喉横のリンパ腺が腫れて口が開きません。喉の痛みはなく熱もありません。無理に口をあけようとすると右耳の下や奥が痛くなります。日本市販の頭痛薬や風邪薬を飲んでみたのですが思わしくありません。無理やりあけて口の中をみたところ、喉の両側は赤く(いつも慢性の扁桃腺といわれていましたが)右側は内側に赤く腫れています。こんなときに今日左奥歯の詰め物がとれてしまい歯医者にも行かなくてはいけなくなりました。ここは海外で英語もあまり通じないエリアだけにせつない状況です。この右喉リンパ腺の腫れですが、何かの病気なのでしょうか?申し訳ありません、よろしくお願いします。
<回答>
申し訳ありませんが、お話からすぐに推測できる病態というのは浮かんできません。長引くようであれば、やはりなんとか診てもらう必要がありますね。
「右耳下や奥が痛い」というのは、耳下腺か、耳の下のリンパ節の腫れが考えられますが、辛いラーメンとの因果関係はわかりません。(ラーメンとの因果関係はそれほどこだわる必要はないようにも思います。)
一つ気をつけておきたいのは、やはり口が開けにくくなっていることです。ひどくなってくるようなら早急に診てもらう方がよいと考えます。のどの腫れが激しい痛みを伴っている場合は、扁桃周囲膿瘍(Peritonsilitis)と言って重篤な状態に陥る危険があります。また、のどの腫れとは直接関係ないかもしれませんですが、ごくごくまれに破傷風(Tetanus)のような場合もありますのでお気をつけ下さい。☆症状がそれほど進行していかないようであれば、顎関節症等も考えられますが、のどの腫れはそれでは説明がつきません。
<追記>
その後のお返事⇒耳鼻咽喉科も含む全般を扱う医者に往診してもらったところ口の中に問題があり、まずは歯医者に行くようにとのことでした。扁桃周囲膿瘍については大丈夫とのこと。破傷風も大丈夫。その先生の紹介で歯医者にてまずは左奥歯の治療をしてもらい、少しずつ口を開けるときの痛みが軽減してきました。リンパ腺の腫れはそのままでしたが。昨日、2回の歯の診察を終え今日は偶然なのか口を全開できるようになりました。口を全開したときアゴがカクンとなります。顎関節症なのかもしれません。リンパ腺の腫れはそのままです。慢性のものなのでしょうか。
お手紙からは、「智歯周囲炎」すなわち、親不知の周りの炎症のようなものだったのかもしれませんね。頸のリンパ節はその炎症に伴うものかもしれません。もう少し小さくなる可能性はありますが、経過をみてみないとわかりません。顎は口の中の治療を受ける際に大きな口を開けていなければならなかったことによる顎関節症のようなものでしょうね。徐々に軽快してくると思います。
Q&A TOP

QT53 舌を左右に動かすと舌の付け根に違和感が・・
A <質問>
ここ何週間か舌の付け根に違和感があります。左側が特に。のどを見ても何も見えないのですが、食べたものがいつまでも舌の付け根に残ってるような感じがします。胃カメラを鼻から入れて胃の検査をしたときには何も言われませんでした。職場が最近変わったのもあるのでしょうか?よく自律神経もおかしくなって喉がつまる感じもありましたが、それとは違うようです。ストレス性の胃炎でドグマチールやガスターを飲んでますが関係ありますか?病院に行きたいのですが喉を検査するのに抵抗があって・・。
<回答>
胃カメラで何も言われなかったとすれば、明らかなものはないかもしれませんが、やはり一度は耳鼻咽喉科の医師にも診てもらっておくといいでしょう。のどのファイバーも鼻から入れますが、胃カメラよりも細いので苦痛はそれほどでもないと思います。
ストレスとのどの違和感はよく言われます。ただ、のどの違和感をストレスが原因と断定するのは、色々な検査で他の病気がないことを確認しておく必要があります。のどのファイバーもそうですし、他に甲状腺、食道なども関係する場合があります。ただ、舌を左右に動かしたときの違和感ですので、やはり舌の付け根付近の問題のことが一番可能性があるでしょう。
検査をしても異常が見つからなかった場合、確かにストレスなどが原因のこともあります。ただし、長期間症状が持続する場合は、定期的に診てもらっておくようにしてください。
Q&A TOP

QT54 左耳下のしつこい痙攣について
A <質問>
ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方です。滲出性中耳炎の既往があります。数ヶ月前から耳下にしゃっくりのような痙攣様症状を訴えています。睡眠剤が処方されましたが解決しません。のどの奥をつつくと、まれに止まることがあるのですが、出血を伴い、いい解決策と思えません。呼吸器をつけて行動的に生活している方です。原因、解決策、またはアドバイス等宜しくお願いいたします。
<回答>
こういった難病の方のお世話は大変かと思います。これは筋肉と神経の病気ですので、あまり経験がなく的確なお話ができません。一つ考えられるのは、筋肉が萎縮していく過程において、その筋肉を支配している神経の働きが弱くなる(まさにALSはそういう病気ですが)時に、そういった症状がでてくる場合があるのではないかと思います。ですので、このしつこい痙攣は病気本来の一つの症状なのではないかと思います。
本来の病気の症状の一つであるとすると、治療法が確立されていないので、なかなかアドバイスを差し上げることも難しいと思います。もし、痛みを訴えられていないのであれば、経過をみざるおえないかもしれません。
もし、その上で試してみるとすれば、痙攣に対する治療ということになるでしょう。今、ALSという特殊な場合を考えないならば、痙攣を抑える薬としては、テグレトールなどの抗けいれん剤や、漢方薬で「芍薬甘草湯」などはよく用いられます。ただ、ALSの患者さんにこれらの薬を投与しても大丈夫なのかどうか私はわかりません。そのあたりは主治医の先生は神経内科を得意とされている先生だと思いますので、やはり主治医の先生とよくご相談下さい。
Q&A TOP

QT55 2ヶ月程緑色の痰が出て臭いもします。
A <回答>
痰は気道(上気道〜下気道)で生じた炎症による産物です。2ヶ月というと大分経過が長くなってきていますね。こうした場合、耳鼻咽喉科的には一つに副鼻腔炎(亜急性〜慢性)を念頭においておく必要があります。これは、鼻のレントゲンでもおおよそのことはわかります。もっと正確に診断しようと思えば副鼻腔のCTを撮影するとよいでしょう。☆副鼻腔炎があれば、抗生物質や去痰剤、粘膜調整剤あるいは消炎酵素剤などで治療していきます。
その他の病気としては、慢性的な咽喉頭炎ということになります。唾の出にくくなった人の粘膜などでは緑色の痰が付着しているのを時にみかけます。☆また、下気道の病気についても診てもらっておく方がよいでしょう。慢性気管支炎やびまん性汎細気管支炎といった病気も念頭においておく必要があります。これらは呼吸器内科で診てもらってください。
「緑色の痰」といった場合、菌検査で緑膿菌が検出される場合があります。この菌自体はそれほど強い菌ではなく、どこにでもいる菌なのですが、体力が弱っている場合には病気が勢いを増す場合があり注意が必要です。さらに薬に抵抗力を持っている場合が多く、抗生物質が効きにくい場合がたびたびあります。そういった場合、菌検査の結果をふまえて十分効果が期待できる薬を使う必要があります。また、長期的な展望で加療する必要がでてくる場合もあります。
いずれにしても、続くようであれば、耳鼻咽喉科と呼吸器内科でしっかり診て貰って下ざい。
Q&A TOP

QT56 喉の痛みがとれません。
A <質問>
1週間程前から喉が痛み、耳鼻咽喉科を受診しました。内視鏡で喉の様子を見てもらいまして、異常は無いとの診断を受けましたが、頂いた薬を服用しても痛みがとれません。最初は唾を飲み込んだ時の痛みから、空気を吸い込んだ時や、じっとしていても痛みを感じる様になりました。また、喉の1箇所だけでなく首筋にも痛みを感じます。12ヶ月程前には甲状腺が腫れているとの指摘を受け、エコーと血液検査を受けましたが異常なしで、1ヶ月程前には胃カメラを飲んで胃の検査も受けましたが、軽い炎症を起こしている程度で大丈夫とのことでした。自分としては、喫煙歴(現在禁煙中)がありますので、下咽頭ガンが心配なのですが…。
<回答>
癌を心配されているようであれば、まずは禁煙は続けてください。
のどの痛みに関して、下咽頭のファイバー、胃カメラ、甲状腺のエコー等受けられているのであれば、少なくとも大きな腫瘍などはないと思います。ただし、症状が続くようであれば、再度診てもらっておく方がよいと思います。甲状腺については、のどの痛みを感じられる前に受けられていらっしゃるわけですから、その後、偶然に亜急性甲状腺炎のような病気に罹られた場合もありえますので、どうしても症状がとれない場合は、もう一度診てもらう必要はあるかもしれません。下咽頭癌の場合、食道の入り口の場合、胃カメラや下咽頭ファイバーでも見えにくい場合がまれにありますので、時期を変えてもう一度みてもらったり、バリウムで透視による検査を受けてみられるのもよいかもしれません。
こうした検査で異常がない場合にどう考えるか。一つには、首すじも痛いということから考えると、頸の筋肉の強い凝りの可能性も考えられます。意識の集中しすぎから筋肉が凝り固まっているのかもしれません。そうした場合には、筋肉の緊張をとる薬や気分的に楽にする薬がよく効く場合もあります。☆その他、咽喉の神経痛(舌咽神経痛)の可能性も考えられると思います。これに関しては、神経内科あるいは脳神経外科でも診てもらうとよいかもしれません。
Q&A TOP

QT57 微熱、喉の痛み、喉にしこりが......
A <質問>
3週間程前に風邪気味になり微熱がずっとあります。喉仏のすぐ横下に縦5cm横1.5cm位の硬いグリグリしたしこりが出来て痛みがあります。押すとかなり痛いです。体温は37.3℃〜37.9℃で上がったり下がったりして3週間位だらだら調子悪いです。内科で風邪薬と炎症止めの注射をしてもらい飲み薬も飲み切りましたが喉の痛み微熱もしこりも取れません。風邪の症状かと言っても最初からくしゃみと鼻水が少し出る位であまり風邪だとは思わない位です。熱い物を飲み込んでもあまり熱いと感じ無い様な変な感じがします。
<回答>
見ていないので考えられる範囲でのお答えになりますが。
のどぼとけの横下のグリグリはリンパ節が腫れている可能性が高いと考えられます。痛みと熱とリンパ節の腫れから考えれば、一般的には何らかの感染による炎症がまず考えられます。細菌感染であれば抗生物質を中心に薬を服用すればすみやかに改善する場合が多いですが、最近では薬の効きにくい細菌もいますので、一つの処方で効果がない場合、他の処方を試してみるといった多少試行錯誤が必要になる場合もあります。ただ、普通の細菌感染の場合、数週間にわたってだらだらと症状が続くというのは比較的少ないように思います。どちらかといえば、薬が効きにくいことも考えればウイルス感染なのかもしれません。場合によって、その他の病原体(リケッチャ、クラミジアなど)の場合もあります。ウイルスの場合は身体が免疫を作るまでの間、待たなければいけないかもしれませんが、その他の病原体の場合には、抗生物質を変えればよくなる場合もあります。
もう一つ注意が必要なのは、比較的まれではありますが、結核も念頭にいれておく必要があります。長引くようであれば、検査してもらうとよいでしょう。
また、やはりまれではありますが、咽喉の悪性腫瘍(喉頭癌、下咽頭癌)や悪性リンパ腫など悪性の病気も長引く場合は否定しておく必要があります。いずれにしても、長引く場合は、定期的に医療機関で診てもらっておいて下さい。
Q&A TOP

QT58 喉ちんこの辺りに白いできもの
A <質問>
2〜3日前から風邪のときになるような喉の痛みを感じ、喉をよく見てみると喉ちんこの両側にある肉の辺りに白いプツプツが両側に出来ています。食べ物や飲み物を飲み込むときに傷みを感じます。これは性病なのでしょうか?気になって夜も寝れません。教えてください。
<回答>
少し時間がたってしまいましたがいかがでしょうか?これは見てみないとなんともいえません。のどちんこ(口蓋垂)の周囲の場合、時々みられるのはT49でもお話した口内炎のようなものかもしれません。
また、「両側の肉のあたりに、ブツブツ」という表現からすると、扁桃腺の表面の膿を言われているのかもしれません。それであれば、抗生物質と鎮痛剤を服用すれば徐々に症状は軽くなります。
性病についてのご心配ですが、覚えがあるようでしたら、可能性は否定できません。特に梅毒第1期ですね。潜伏期は約3週間と言われています。ただ、一般的にはあまり痛みはないようです。もし梅毒の場合、その後見た目消えてしまいますが、奥深く進行していきますので消えたからと言って油断はできません。ブツブツがある間に、一度耳鼻咽喉科か性病科でみてもらうといいでしょう。場合よって、口の中の菌検査や血液検査をしてもらうとよいと思います。
Q&A TOP

QT59 大きな声が出せない
A <質問>
学校で教諭の仕事をしている者です。この仕事をしていて声は大切なのですが、若い頃から小さく通りにくい声で、大きな声を出そうと思うと喉が締め付けられ、力んで出ません。声を出すのが疲れるし、息苦しくなる時もあります。病気というより、喉の質・形状の問題なのでしょうか?改善する方法はありますか?
<回答>
確かに喉の構造上の問題もあるかもしれません。ただ、ある程度は訓練によって改善できるものかもしれません。私はその方面については詳しくないので適切なことは言えませんが、一般にお腹から声を出すようにすることが大切なのだと思います。以前、雑誌で読んだのですが、少々存じ上げている耳鼻科の先生がオペラに夢中になり、師匠を探してきて入門されたそうなのですが、最初の1年は発声練習だけしかしていなかったそうです。それでも、それだけ練習していると伸びのある声がでるようになって、最近ではリサイタルのようなものを開かれたそうです。
オペラ自体は声の出し方が違うのかもしれませんが、大きな声を出すという技術的なことは共通のものがあると思います。演劇でも大きな声を出す練習をよくされています。そういった方面の本などを一度ご参考にされてはどうでしょうか。
Q&A TOP

QT60 右の扁頭線が大きくなって心配です。
A <質問>
耳鼻科に行きましたところ、たいしたことないと言われました。でも右頚部にリンパ腺の腫れが見られます。そのままで心配ないのでしょうか?
<回答>
以前がどうだったかにもよります。それまで両側ほぼ同じ大きさだったのが、急に大きくなってきたのであれば、しばらく注意して見ていく必要があります。扁桃腺の大きさはもともと左右差がある場合もありますので、そうした場合は心配ないと思いますが、急に大きくなってきた場合には、悪性リンパ腫なども一応気をつけておく必要があります。また、稀ですが扁桃腺の癌もあります。そういう疑いがでてきた場合には、扁桃腺の一部を取って細胞の検査(病理組織検査)を受けるといいでしょう。リンパ節の腫れはいろんな病気で腫れますので必要以上に心配する必要はありませんが、やはりどんどん大きくなるようならきちんと調べてもらった方がよいでしょう。 いずれにしても気になる場合は定期的に見てもらっておくとよいと思います。
Q&A TOP

QT61 のどと舌と舌の下の違和感
A <質問>
のどに違和感と軽い痛みがあり、舌に違和感があります。しみる感じ(?)が少しあります。また、舌のしたに違和感があり、あごの下の筋肉(?)に違和感があります。腫れなどはありません。熱やその他の症状はありません。
ちなみに喫煙者です。タバコを吸うと少し悪化します。病院に行ったほうがいいでしょうか?
また、行くなら何科でしょうか?
<回答>
とりあえず耳鼻咽喉科で診てもらうことでよいと思います。舌の下を口腔底といいますが、この部分には顎下腺や舌下線があり、また、その少し下には舌骨という骨があります。これらに関係する病気がないか診てもらっておく必要があります。たとえば、がま腫、顎下腺腫瘍、正中頸嚢腫などが考えられます。このあたりに問題がなければ、頚椎や顎の骨のことを考えた場合、前者は整形外科、後者は歯科口腔外科でみてもらうことになります。
タバコは止めていく方がよいでしょう。
Q&A TOP

QT62 頬と下唇が腫れました。
A <質問>
昨晩まで何とも無かった右の頬と下唇が朝起きると腫れあがっていました。唇はひりひりとしてました。午後に入ると腫れは治まったものの、まだ痛みは残ってます。まだ生えていない親知らずの炎症かとも思いましたが、親知らず付近はなんともなっていません。
昨日、胃が痛くて食事が取れなかったことから胃腸科で痛み止めと栄養補給のために点滴をうちました。そして、食道、胃の粘膜を保護すると言う薬を処方されて飲みました。それが原因でしょうか?妊娠をしているため抵抗が劣っているのでしょうか? なにか心当たりがあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。
<回答>
少し時間がたってしまいましたが、いかがでしょうか?これは何とも見てみないとわかりません。腫れがひいてしまっていると見てもわからないかもしれません。☆半日ほどでひいてしまう腫れということからは、細菌感染などによる炎症というのは少し考えにくいようにも思います。可能性が高いのは何らかの免疫の異常によるアレルギーのような病態ですが、ヒリヒリするというのが少し気になります。
一般に急に腫れる場合、クインケの浮腫と呼ばれる原因不明の腫れがおこる場合が考えられます。すぐにひくようであれば問題ないと思いますが、たびたび起こるようであれば、診て貰う方がいいでしょう。可能性としてはごく低いですが、喉頭(気管の入り口)付近で浮腫が起こった場合には命に関わる場合も考えられますので、少しでも息苦しい感じがでる場合は急いで診てもらう必要があります。
妊娠中は色々普通の状態とは異なることがおこりますので、妊娠との関連も否定はできません。薬の副作用等についてはなんともいえませんが、点滴をしていただいた先生には伝えておく方がよいと考えます。
Q&A TOP

QT63 声が出なくて困っています。
A <質問>
本日総合病院の内科へ受診してきたのですが、「急性喉頭炎」だと診断されました。この病気はどれくらいで完治するのでしょうか?また、これは気をつけた方がいいという事があればなんでもいいので教えてください。
<回答>
少し時間が経過したので、すでによくなってらっしゃいますでしょうか?
急性喉頭炎は、いわば声を出す声帯付近の炎症の強い風邪症候群といえます。急性声帯炎ともいえます。普通の風邪がのどの突き当たり(咽頭)から鼻にかけての炎症なのに対してこれはもう少し奥の炎症です。
一般的には1週間ほどで症状は徐々に改善すると思います。この間、声帯は赤く腫れていますので、こういう時に無理に声を出してはいけません。声帯の粘膜下に内出血を来たしたりするとポリープやポリープ様声帯になり、最終的には手術をしなければならなくなる場合があります。
もう一つ注意が必要なのは、ごくまれですが、喉頭の腫れがひどくなると息ができなく場合があることです(急性喉頭蓋炎)。こういう場合普通物が飲み込めなくなるくらい痛くなる場合が多いですので、そういう場合は躊躇せずに救急を受診するか、耳鼻咽喉科医に診てもらってください。また、息がしにくい感じがしたら同様に注意が必要です。
治療としては、抗生物質や炎症を鎮める薬を飲みますが、ネブライザーと言って、霧状になった薬を直接のどの奥に吹き付ける治療をすると早くよくなります。また、声の嗄れが強い場合、少量ステロイドを用いる場合もあります。
Q&A TOP

QT64 1ヶ月前に風邪をひいてからのどの痛みが続きます。
A <質問>
16歳。一ヶ月前にかぜをしきました。咳が激しかったのですが、そのあとにのどの一部が飲み物を飲むと痛むのですが・・・どうしたらいいでしょうか?
<回答>
風邪によって引き起こされた粘膜の炎症がかなり強かったのでしょうね。
一般的には自然にでも治る様に思いますが、1ヶ月というとちょっと長いですね。長引くようであれば、やはり最寄の医療機関を受診してください。特に咽喉でも奥の方であれば、耳鼻咽喉科で診て貰って下さい。抗生物質や炎症を抑える薬、時にはステロイド等を使うと早くよくなるかもしれません。
日常生活での留意点は、食事の際に刺激物を避けること、甚だしく体力を使うことは避けてください。成人の方でしたら、アルコール、タバコは控えましょう。
Q&A TOP

QT65 声が擦れやすくなってます。
A <質問>
常にというわけではないのですが、突然声がかすれるようになったり、声が出ずに息だけがもれているようになったりします。放っておけばそのうち元に戻るので、そんなに気にしていなかったんですが、最近は長時間(1時間程度)しゃべるとのどがかなりつらくなります。 それと、カラオケとかよくするのですが、最近ちょっと高い声を出したりすると、えずく(軽い吐き気ともいいましょうか)ようになります。
<回答>
この方の声帯を見たわけではありませんので推測でのお話になります。
少し慢性的な声帯の炎症が生じているものと思います。カラオケのような声を酷使することはしばらく避ける方がよいと思います。続けていると段々と症状が持続するようになると思います。そうなると、ポリープ様声帯という状態となり、最終的に手術をした方がよいようになってしまうかもしれません。
もしタバコも吸われるようでしたら、控えた方がよいでしょう。
長引くようになってきましたら、一度耳鼻咽喉科で声帯を診て貰ってください。
Q&A TOP

QT66 三日前から突然の咽喉の痛みが・・・
A <質問>
31歳の主婦です。一般的な風邪の症状は全くでないのですが数日前から咽喉だけが異常に痛くて、食べ物や飲み物、唾など飲み込むのにかなりの痛みと詰まる感じ、異物感が伴います。首を左右や上下に動かしたりしても同じような痛みを感じて、そのような動きをするとまるで首を絞められてるような、圧迫感さえ感じます。喉の奥の突き当たり部分に赤いぽつぽつがあるのでなにかしら炎症を起こしている感じがありますが、痛み自体はもっと首の中の方に感じます。気休めに市販ののどスプレーなどもしてみましたが効果はなく、むしろだんだん痛みが強く、喉の奥が狭まった感じがします。子供たちもまだ幼く今まで自分の事は後回しにしてきたのですが、今回はさすがに不安を感じます。すぐにでも病院に行った方がいいのでしょうか?
<回答>
やはり、痛みが強い様でしたら早めに医療機関を受診してください。
一番気をつけなければいけないのは、急性喉頭蓋炎です。のどの奥、気管の入り口に食べ物が気管に入らないようにする蓋(喉頭蓋)がありますが、この蓋がバンバンに腫れあがると窒息する危険があります。Q&AのT46も参考にしてください。
気をつけるべき症状は「水ものどを通らない」という症状です。こういう時は救急でも診てもらってよいと思います。
Q&A TOP

QT67 全身麻酔による手術のあとの咽喉の違和感
A <質問>
気胸になり全身麻酔を行って手術をしてからのどの違和感がでています。最初は全身麻酔のあとの喉枯れ等のせいかと思いましたが手術から3週間たった今でも続いています。症状としては、常にのどが渇いた感じがして何か張り付いた感じがします。関係あるのでしょうか、あくびがそれ以来頻繁に出ます。気のせいかもしれませんがのど仏の少し上側に小さなできもののようなものがあり、頭を下にしてうなずいた状態にするとそれがつぶれた感じがして違和感があります。
<回答>
これもみてみないとなんともいえませんが・・・。
全身麻酔のあとにのどの違和感がしばらく生じる方は時々いらっしゃいます。一つには、全身麻酔のため気管に管を入れて手術中全身状態を管理する(挿管といいます)わけですが、この管の感覚が残っているのでしょう。普通は術後すみやかに消失していきますが、咽喉に意識が集中する人によっては少々時間がかかるのかもしれません。
また、そうした挿管によって多少はのどに軽い炎症がおこる場合もあるかもしれません。そうしたものは、自然に徐々に良くなるか、炎症を抑える薬で軽快していくでしょう。
一つ、まれではありますが、挿管のあとしばらくして違和感が生じるケースがあります。その場合、喉頭特に声帯付近に「肉芽(にくげ)」と呼ばれる少しブヨブヨした物体ができている場合があります。これは、挿管を契機に、粘膜の一部に炎症が起こり、この炎症を修復しようとした身体が過剰に反応したものと思われます。この肉芽は小さいものであれば、ステロイドの内服やネブライザーと呼ばれる霧状にした薬の吸入等で消失する場合もありますが、ある程度大きくなったら手術的に切除したほうがよい場合もあります。ただ、再発しやすい場合もあります。
いずれにせよ、違和感が持続する場合は定期的に耳鼻咽喉科で診て貰ってください。
Q&A TOP

QT68 声の嗄れと痰
A <質問>
一年前から声枯れとのどに痰が絡んだ状態です。販売の仕事で声の出しすぎでいためてしまいました。すぐ検査をして色んな薬と治療を1ヶ月したのですが、治らなくて困っています。
<回答>
慢性的な声帯や咽喉頭・気管の炎症なのでしょうね。一般的には急におこったものであれば、1〜2週間でよくなることが多いのですが、治らない場合にはいくつかのことが考えられます。
1)声帯を安静することができない状況にあるということですね。どうしても仕事をしていると、よほど特殊な仕事でもないかぎり声は使います。それが販売の仕事であればなおさらです。もし、可能であればしばらく仕事内容の変換ができるとよいのですが、中々難しいでしょうね。その他、スピーチセラピストと呼ばれる人に発声の仕方の訓練を受けられるのもいいまもしれません。
2)声帯にポリープや結節ができている場合。急性の声帯の炎症の場合は全体に声帯が赤く腫れていることが多いのですが、時に小さなポリープができていたり、声帯結節とよばれるタコのようなものができていたりする場合があります。これは、発症直後は声帯が全体的に炎症を起しているために分からない場合もあります。しばらく炎症を鎮める治療をしてみても中々よくならないというので再度ファイバースコープでみてみたら小さな結節があったということは時々あります。(まあ、その結節自体は結局声の使いすぎによるのですが。)また、ごく小さな結節というのは、一般のファイバースコープではかなり注意してみないと分かりにくい場合もあります。こういう場合は、「音声外来」と呼ばれる特殊外来をもつ大きな病院でストロボスコープと呼ばれる機械で診てもらうといいでしょう。声帯をスローモーションでみることができ、微細な結節なども診断できる場合があります。
3)軽微な慢性的な炎症。症状が長引く一つの要因として、慢性的な咽喉頭炎があります。その原因の一つとしてアレルギーがあります。抗アレルギー剤などを試していない場合は一度処方していただくといいかもしれません。また、痰の色が黄色や緑色などをしている場合は細菌感染も関与していると思われますので、痰の菌検査なども行い効果的な抗生物質を服用してみるのも必要です。もちろん、タバコは厳禁ですね。
私も症状が概ね改善するのに3ヶ月くらいはかかってしまった患者さんも経験があります。時にはじっくりと取り組んで行かなければいけない場合もあるようです。
Q&A TOP

QT69 30分位正座したり、軽作業を1時間程度すると必ず声がかすれてしまいます。
A <回答>
私もちょっとどういう状態なのか見当がつきません。一度大きな病院でみてもらってもいいかもしれません。
放置してもさしつかえない可能性もありますが、これは考えすぎかもしれませんが、重症筋無力症のような病気が潜んでいないかが、ちょっと気になるところです。ただ、正座などは説明がつかないような気もします。症状がひどくなるようでしたら、一度診てもらってください。
Q&A TOP

QT70 咳が止まりません。
A <質問>
定期的に喉に異物感を感じるようになり、そうなると10日間くらいセキが止まりません。どうしたらいいでしょう?
<回答>
風邪のあとに長引く咳の場合は、耳鼻咽喉科的には副鼻腔炎を合併していて鼻水が咽喉に下がり刺激になっている場合があります。これは鼻のレントゲンを撮ればはっきりします。その他の要因としては、気管支に炎症が残っている場合で、いずれにしても、抗生物質や炎症を鎮める薬、咳止めなどで徐々に軽快していくと思います。
問題は先行する風邪のような症状がない場合ですが、長引く咳の場合、アレルギーが関与したものの可能性が考えられます。病名としてはアレルギー性咽喉頭炎・アトピー咳嗽・咳喘息・非喘息性好酸球性気管支炎などいろいろなものがあります。それぞれによって少しずつ治療法が異なりますが、抗アレルギー剤や気管支拡張剤、時にはステロイドを用いて治療していきます。特に咳喘息は将来本格的な喘息に移行する場合がありますので注意が必要です。
咳が長引く場合、耳鼻咽喉科で副鼻腔炎がないかを診てもらうことと、呼吸器内科でも診てもらうといいでしょう。
もう一つ、長引く咳で最近注目されている病気に、逆流性食道炎があります。これは、寝ている時などに胃酸が食道の方に上がってのどを刺激する病気です。これも結構頑固な咳を引き起こす場合があります。この病気には、ある種の胃薬(プロトンポンプ・インヒビター(PPI)製剤)と呼ばれる薬が効果的です。1週間服用すれば概ね軽快することが多いのでわかります。こうした病気も念頭に経過をみていくことになります。
Q&A TOP

QT71 のどがかゆく、のどの根元にできものが・・・。
A <質問>
もう二週間も前からのどがかゆくて仕方なく、鏡で見てみると舌の付け根の方の両側に赤いぶつぶつが出来ていて、指でもっと奥を触ってみると、そも奥にもできものが…それが喉とあたって夜も寝付けずすごくかゆくてたまりません。 どうすればいいか教えて下さい。
<回答>
「かゆい」というのはアレルギーのことが多く、のどのアレルギーがでている可能性が高いと思います。のどの根元にみられる赤いぶつぶつは、「乳頭」とよばれる味覚を感じるための組織で異常ではないと思います。(が、最終的には最寄の耳鼻科で確認された方がよいと思います。)
アレルギーがまずは考えられますので、耳鼻科で抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を処方していただくとよいと思います。また、日常的なことでは、うがいをよくするようにしてください。
Q&A TOP

QT72 急性咽頭蓋炎 (注:そういう病名はありません)
A <質問>
3日程喉に違和感があり、4日目朝から声が全く出なくなりました。急性咽頭蓋炎と診断され抗生物質、炎症止めを服用していますが、だいたい何日くらいで回復するものなのでしょうか?
<回答>
まず、「急性咽頭蓋炎」という病名はありません。「急性咽頭炎」「急性喉頭炎」「急性咽喉頭炎」のいずれか、あるいは、「急性喉頭蓋炎」と思われます。
声が全く出なくなったという所からすると、「急性喉頭炎」ではないかと思われます。急性喉頭炎は一般的には急性の声帯炎をさすことが多いと思います。声帯のみならず、周囲の喉頭も炎症を起していることが多いでしょうから、確かに正確には急性喉頭炎でいいでしょうね。
どれくらいで治るか。これは病気の強さ、身体の方の疲れ具合、治療を始めるタイミング、どれくらいの薬を用いるか、治療を始めたあとの安静度などなど、色々な要因によって変わってきますので一概には言えません。声を良く使う仕事かどうか、飲酒や喫煙といった習慣の影響もあるでしょう。
そういったものによって大きく変わることを前提にお話しますが、一般的に早ければ3,4日でもかなり改善すると思います。1〜2週間でおおむね元の声に戻ることが多いと思います。ちょっとでも早く良くしなければいけない場合には、ステロイドを使用すると、多少治癒までの期間が短縮するかもしれません。ただし、ステロイドの副作用との兼ね合いがありますので、そのあたりは、主治医の先生とよく相談して処方していただいてください。
「急性喉頭蓋炎」については、Q&AのT66も参考にしてください。急性喉頭蓋炎となれば、入院して点滴治療まで行わなければならないことが多く、お尋ねの件とは少し違うように思います。
Q&A TOP

QT73 喉仏に痰が粘着し息苦しくなる
A <質問>
30歳男性です。最近深酒・喫煙(本数多)の翌日、痛みはないのですが喉元に痰が粘着しているような異物感があり、吐き出せず息苦しくなります。大抵の場合、市販の薬で2、3日で収まるのですが・・・数年前に急性扁桃炎になってから度々起こり、咽頭がんなどの不安も出てきました。早々に診察を受けたほうが良いでしょうか?
<回答>
30歳という年齢だけから言えば、咽頭がん、喉頭がんといった悪性腫瘍はそれほどすぐには発生してこないと思います。しかし、年齢による病気の発生の可能性というのは単に確率の話です。そして、確率をぐーんと押し上げるのは、言うまでもなく、喫煙や飲酒ということになります。
特に喫煙はがんになる危険性を何倍にも押し上げます。そして、その危険性は禁煙しても、吸わない人と同じレベルの危険度まで回復するのには7,8年はかかるといわれています。がんのことを心配されるのでしたら、ただちに禁煙されるのがよろしいかと思います。
また、がんだけでなく、慢性の閉塞性肺疾患(COPD)という病気の群もあります。慢性気管支炎や肺気腫などで、将来的には呼吸困難のくる予後の悪い病気ですが、これらもタバコとの関連が強く言われています。息苦しい感じが持続するようでしたら、早めに呼吸器内科等受診されるのがよいと思います。
Q&A TOP

QT74 のどの痛みとガンの心配
A <質問>
喉のイガイガが三日前くらいから出てきたのですが痛たさがあまり変わりません。何もしなければたいして気にならないんですが声を出すと痛いんです。前ににも喉が詰まった感じがしててそれはストレス性のものでしたが今回もちょっとした事が気になりはじめてから痛くなり始めたんですがどうなんでしょうか?タバコは全く吸ってませんお酒はごくたまに飲んでますがガンとかの心配もあるのでしょうか?
<回答>
このご質問に限らず、のどの不調とガンについての心配をお尋ねになられる方が多数いらっしゃいます。
どんな場合でもそうですが、ある程度症状が持続する場合は、やはり一度医療機関(のどのことでしたら耳鼻咽喉科)を受診してください。どうだろうと家で心配してても何もすすみません。
ガンのできる場所にもよりますが、一般的になガンの場合、数日で取り返しのつかなくなる場合はそれほど多くはありません。何ヶ月も症状を放置されていて、受診された時にはすでに末期症状になっていたという場合は確かにあります。症状にもよりますが、緊急な重篤な症状でなければ、1週間程度で症状が改善してこなければ、専門医の診察を受けられるとよいと思います。
Q&A TOP

QT75 いつも頚の左側だけが痛みます。
A <質問>
左耳を頬つたいに10cm程下がったところが腫れて痛みがあります。その他にも喉の左側で喉仏の少し上の位置の横側のところに硬い感じにしこりがあります。1年前から、たまに痛みはありましたが風邪のせいかと過ごしてきました。最近ずっと不快な痛みや頭痛があり体調もよくありません。腫れてるので、ものを食べるのもたまに痛いです。耳鼻咽喉科へいきましたが、咽頭炎だろうと言われました。喉頭癌などの場合喉の奥まで良く見てもらわないと見つからないケースもあるのでしょうか?痛いことは言いましたが、しこりを感じる事は言いませんでした。大学病院などでもう一度良く見てもらったほうが良いでしょうか?
<回答>
特に大学病院にこだわる必要はありませんが、長引くようだったり、あまり気になるゆでしたら、もう一度同じところで見てもらうのも一つですし、大きな病院で診てもらうのもよいと思います。
お話だけでは、うまく推察できませんが、だいたい考えられることは、顎の下のリンパ節が腫脹している可能性がまず考えられます。この場合、細菌感染によるものであれば、抗生物質をしばらく服用するとよくなります。ウイルスによる腫大であれば、しばらく経過をみていく必要があります。
もちろん悪性リンパ腫や悪性疾患の転移などというものも、頻度は多くはありませんが考えておく必要がありますが、一般的には初期から痛みを伴うことは少ないように思います。
もう一つ考えられるのは、顎の下に唾液を作る腺(顎下腺)と呼ばれるものがありますが、それが炎症を起している可能性も考えられます。特に食事の時に痛みが強くなり腫れるようなら可能性が高いです。
いずれにしても、見ていませんので何ともいえません。症状が続くようでしたらもう一度耳鼻咽喉科で診てもらってください。その時、咽喉の奥も痛むようでしたら、カメラで奥まで見てもらっておけば安心です。
Q&A TOP

QT76 のどの突き当たりが右側だけ腫れて痛い。
A <質問>
2日程、38度後半の熱をだしました。その間、夜になると右の耳が眠れない程痛くなり風邪からかなと思っていた喉の痛みも熱が下がっても酷くなる一方です。喉を見てみても赤くなっておらず口をあけて突き当たりの壁の右側だけ腫れています。右の耳の痛みと関係がありそうですか?
<回答>
扁桃腺の周りにまで炎症が及んで腫れているものと思われます。あまりひどくなると、扁桃周囲膿瘍と呼ばれる状態になり、腫れているところを少し切って、膿を出さなければならなくなる可能性があります。
耳が痛いのは、ひとつにはのどや鼻の奥の炎症から耳と鼻をつなぐ管(耳管)が炎症をおこし、中耳炎を起こしかけているか、すでに中耳炎になっている可能性があります。また、扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍の場合にも耳が痛いと表現される方は大勢いらっしゃいます。
Q&A TOP

QT77 下あごの痛み
A <質問>
20代後半:女性 もうだいぶ前からなんですが右のあごの下を押すと痛みを感じます。固いしこりのようなものはないのですが押すと痛いです。あごのつけね(耳の方)ではなくあごの下のあたりです。左は同じとところを押しても痛みはありません。これは病院に行ったほうがいいのでしょうか?普段は痛いわけではく押すと痛いだけです。
<回答>
長い時間経過がたっているのでしたら、それほど心配ないかもしれませんが、気になるようでしたらやはり一度は診てもらっておくといいかもしれません。 正確な場所はわかりませんが、顎下腺かその横のリンパ節あたりかもしれません。ただ、ごくゆっくり成長する腫瘍のようなものも顎下腺にはありますので、あきらかなしこりなどを触れるようになったら早めに診てもらうといいと思います。
Q&A TOP

QT78 声嗄れについて教えてください。
A <質問>
3月入ってから声が嗄れ始め、医者に行きました。赤くなってると云われ、抗生物質、鼻の通りをよくする薬、ナシビン等をもらい、現在週1で通っています。その間、大声をだし炎症がひどくなり、今は落ち着いているのですが、約1ヶ月経つのに『元の声』には戻っていません。特に『あ行』の発音のときにかすれてしまいます。このままの薬を飲み続けていれば治るのでしょうか?なかなか治らず、また、どうすれば良くなるのかわからず心配で仕方ありません。
<回答>
声帯の炎症ですね。早いと4,5日でも回復しますが、長引く人もいらっしゃいますね。中々声の安静を保てないと長引きます。
一般に声帯が炎症を起こした場合、抗生物質、消炎剤などを中心に服用します。嗄れがひどい時には短期間ステロイドの内服をする場合もあります。あるいは、ネブライザーという霧状にした薬を吸入する治療を行う場合もあります。
嗄声が長引く場合に考えられるのは、全体的に声帯が赤くなっているだけの場合ももちろんありますが、声帯ポリープができている場合や、ポリープ様声帯(こちらは声帯全体がぶよぶよに慢性的に腫れた状態)、あるいは、声帯結節ができている場合などが考えられます。こういう場合、もう少し消炎剤などで経過をみてみたあと、どうしても引かなければ手術をするのもひとつと思います。
また、ごくまれですが、腫瘍が潜んでいる場合もありますので、嗄声が軽快するまでは定期的に声帯を診てもらっておく必要があります。その他、声帯麻痺などもないか確認が要りますが、耳鼻咽喉科でファイバーで診てもらっているのなら大丈夫かもしれませんね。
Q&A TOP

QT79 咽頭ガンの手術
A <質問>
私の知人が手術をすることになりました。術後、声がでなくらるって、本当ですか?
<回答>
これはガンがどれくらいの大きさか、どのあたりまで広がっているのかによって変わってきます。場所と浸潤の程度で方針が大きくかわりますので一概にはいえません。咽頭ガンでも、喉頭にすごく近いところであれば、喉頭を一緒に切除しなければならず、声はでなくなります。しかし、喉頭から少し離れた場所であれば、喉頭を温存することができるかもしれません。
Q&A TOP

QT80 のどちんこが巨大化
A <質問>
たまになんですけど、朝起きると唾を飲み込む時変な違和感があり、鏡で見ていると通常よりも2倍ぐらい太く長くなることがあります。翌日になると元に戻るのですが、それは今年に入ってからなるようになったので何か病気にかかったのか心配です。
<回答>
のどちんこ(口蓋垂)が腫れて受診される患者さんは時々いらっしゃいます。何かアレルギーなのかもしれませんがはっきりとは原因はわかりません。
元にもどるようなので心配はないと思いますが、いつも口蓋垂が腫れるとは限らないので多少注意が必要です。もし、気管の近くが腫れると息がしにくくなることがあるかもしれないので、少しでも息がしにくく感じた場合はただちに医療機関を受診してください。
Q&A TOP

QT81 急性喉頭炎は子供に感染しますか?
A <質問>
2日前から喉の腫れが酷く声もでませんでした。今朝、診察してもらった結果おそらく急性喉頭炎とのことですが、今、1歳の子供の育児中で、子供にうつってしまわないか、とても心配です。この病気は母子感染するものですか?どのような事に気を付ければ良いのか是非教えて下さい。
<回答>
少し時間がたちましたが、いかがでしょうか?急性喉頭炎の原因の多くはウイルス感染だと思います。普通の風邪がのどの突き当たりから鼻の奥付近を中心に炎症を起こすのに対して、急性喉頭炎はいわば声帯付近を中心とした風邪という考え方もできます。(もちろん、何か化学物質を吸い込んだというような場合もあるでしょうが。)
そうであれば、感染の可能性はあると思います。母子感染という言い方は違うかもしれませんが、やはり身近な人は感染しやすいかもしれません。ただ、実際にはそれほど強く感染して子どもも声がでにくくなったといって受診されるケースはあまり経験がありません。(ふつうの風邪はありますが。)
とはいえ、感染の危険性はあると思います。特に咳や鼻水などにはウイルスが多く含まれている可能性があるので、マスクをしっかりしたり、手洗いをしっかり行うということは大切だと思います。
Q&A TOP

QT82 扁桃腺の腫れとできものについて。
A <質問>
私は二年前くらいに伝染性単核球症になりました。そのとき扁桃腺がものすごく腫れた以来、いつも少しはれていてしろいものがついています。それ以来よくのどをみるようになって、半年前ぐらいに扁桃腺の下で舌をだすと丸い1?〜2?くらいのできものが二つ見つけました。縦にならんでいます。これはなんなんでしょうか?すごく悩んでいるので教えてください。
<回答>
舌に見られるものについては、Q&A T40を参考にしてください。
扁桃腺の表面のしろいものは、膿か膿栓と呼ばれるものかもしれません。こちらにつきましてはT8を参考にしてください。
Q&A TOP

QT83 のどがかゆい。
A <質問>
一年に1度か半年に1回位かゆくなります。夜中に寒くなって目を覚ますと喉の奥が少し痒くなって、時間が経つに連れて痒みが増してきます。その状態だと全身が敏感になり、何も出来なくなります。これは10年以上前から続いていてとても苦しいです。出産してから症状が酷くなりました。どうしたらいいのでしょうか?
<回答>
T18やT71の質問も参考にしてください。
一般的にはかゆみはアレルギーが関与することが多いと思います。何らかの食べ物に反応してのど(咽頭)が反応している可能性が考えられます。
ご質問の方には該当しないかもしれませんが、最近徐々に注目されている病気に、「Oral Allergy Syndrome(OAS)」と呼ばれるものがあります。直訳は口腔アレルギー症候群となりますが、果物アレルギー、果肉アレルギーと関連があります。有名なのは、シラカバ花粉症とリンゴ・モモサクランボなど、ブタクサ花粉症とメロン・スイカ・バナナ・キュウリなど、カモガヤ花粉症とジャガイモ・トマトなど・・・等。また、花粉症ではありませんが、ゴム手袋などにまけやすい人(ラテックスアレルギー)の人は、バナナ・アボガド・キウイなどに反応するようです。症状がでてきた場合に直前に食べた食物について注意するとよいかもしれません。
なお、OASは食べ物を食べてからほとんどは1時間以内に発症します。のどのかゆみ程度のものもありますが、水疱ができたり、粘膜が腫れたり、ひどいとショックを起こす場合もありますのでご注意ください。詳しくはインターネットで「OAS アレルギー」等で検索してください。
もう一つ、こちらの方がご質問の方には可能性がある病気として、「逆流性食道炎」が考えられます。夜中に寝ている間などに、食道に胃酸が逆流している人がいらっしゃいます。こういう人は、のどのイガイガ感や咳などの症状がでやすくなります。多くの場合ある種の胃薬(プロトンポンプ阻害剤という胃潰瘍の薬)が有効です。また、夜寝るときには上半身をやや高くして眠ると効果的な場合があります。
ご質問の方は年に数回なので該当するかどうかはわかりませんが一度最寄の医療機関でご相談ください。
Q&A TOP

QT84 のどちんこにの下に丸いのがぶら下がっているんですが・・。
A <質問>
2ヶ月半位前からタンが止らなくなり たんの薬を飲んでも一切効かなくて鏡で喉を見てみると のどちんこの下に丸いものがぶら下がっていて 未だにタンも止る気配を感じられません。 病院に行かないとやっぱり直らないものなのか教えて下さい。 熱や体調が悪いとかは一切ありません。 
<回答>
ぶらさがっているものを見てはおりませんので、正確なことは言えませんが、一般的にはこの付近には、乳頭腫と呼ばれる良性の腫瘍ができやすいのでそれかもしれません。これは薬ではなおりません。手術的に取ってもらうのが一番よいでしょう。また、急速に大きくなる場合は、他の悪性の腫瘍なども考えられますので、早めに診て貰うようにしてください。
なお、ご質問の方は、のどちんこのできものを気にされてはおりますが、一番の苦痛は痰ですね。これは、のどちんこのできものとは切り離して考えなければいけません。痰の方は、耳鼻咽喉科的には、副鼻腔炎がないかを診てもらうのも必要です。また、内科的に気管支の病気などがないかもチェックしてもらうといいと思います。
Q&A TOP

QT85 喉の痛み・渇き
A <質問>
喉の奥の方が時折痛んだり、喉の痛みが頻繁にあり、そして非常に喉が乾燥します。また、以前ほど喉が持たなくなり、カラオケなどは一曲歌うのと喉が痛み声がかすれます。アレルギー性鼻炎があり抗ヒスタミン剤などは飲んでいます。また、つい最近まで演劇をやっていて、さらに会話のときの声も大きいです。
<回答>
咽喉の渇きはいろいろな原因で起こります。
1)糖尿病:のどの渇きで受診され、血液検査をして初めてわかった場合もあります。
2)シェーグレン症候群:唾液を作る腺が自分の免疫によって破壊され、唾液が出にくくなる病気です。最終的には粘膜を一部取って顕微鏡の検査で確認しますが、血液検査でもある程度わかります。
3)老化:個人差はありますが、歳を重ねるにつれて、徐々に唾液腺が弱ってきて唾液が出にくくなります。
4)薬剤によるもの:抗ヒスタミン剤の多くは鼻水を止めるだけでなく、唾液の分泌も抑えてしまいます。これは抗ヒスタミン剤の中に含まれる抗コリン作用と呼ばれる作用です。あまり渇きがひどい場合は、抗コリン作用の少ない抗アレルギー剤や、漢方薬や点鼻薬などに変更してもらってください。その他、抗コリン作用をもつ薬剤としては、抗うつ剤や抗不安薬(いわゆる安定剤)、風邪薬、めまい止め・酔い止め、咳止め等、様々な薬があります。多くは慣れてくるようですが、症状が強い場合は、自己判断で薬を止めるのではなく、主治医の医師にご相談ください。
5)鼻づまり:口で呼吸するので口が渇きます。
のどの調子が悪いときにはやはり無理に声を使うのは控えた方がいいと思います。
Q&A TOP

QT86 首?にしこりが....。
A <質問>
ここ4、5日のことなんですが、のど?首?辺りにしこりができて、気になります。最初は触ると、少し痛かったんですが、今は痛みはありません。危ない病気でしょうか??
<回答>
まずは、Q&A T11・T16・T19をご覧ください。
4,5日経過をみてひかないようであれば、最寄の医療機関で診てもらって下さい。場合によっては、抗生物質を3,4日服用すると縮小する場合もあります。そういう場合は心配いりませんが、全く反応しない場合、精密検査を受けられてもよいと思います。ただし、ウイルス性の場合などは小さくなるのに2〜3週間ほどかかる場合もあります。
Q&A TOP

QT87 のどの痛み(耳鼻咽喉科の診察)
A <質問>
30歳女性です。おとついから、唾を飲み込む時だけ、左側の喉が痛みます。風邪かな?とは思ってましたが、熱も咳もなく、喉の痛みも風邪らしくありません。左側だけ痛むのも気になります。気になるので、耳鼻咽頭科へ行こうと思うのですが、診察はどのような事を行うのでしょうか。心配です。
<回答>
のどの痛みに関する病気の解説は他のQ&Aを参考にして下さい。
耳鼻咽喉科での診察ですが、一般的にはまずお話をお聞きし(問診)、のどを中心に診察をします。(耳・鼻についても合わせて診察する場合もあります。)のどの一般的な診察としては、口をあけるだけで見る部分(中咽頭)と舌を出してもらって鏡で奥の部分(下咽頭、喉頭)をみます。また、首を触ってリンパ節や甲状腺、唾液腺が腫れていないかをみます。
のどの奥は中々うまく見えない場合もあります。あるいは、鏡でみた結果、何らかの異常がみつかり、もう少し詳しく見てみなければならない場合は、ファイバースコピーと呼ばれる検査を行います。これは、2、3mm〜6mm程度の細い管を鼻から入れてのどの奥まで入れながら見ていきます。観察だけの場合は細いものでもできますが、何らかの処置(細胞を取るなど)が必要な場合はある程度太いものを使います。鼻を通過する時に少し不快であったり痛みを感じる場合も人によってありますが、短時間であり、それほどひどいものではありません。場合によっては小学生や乳幼児にでも行っている検査ですので、必要以上に心配せずに検査を受けてください。
診察の結果、なんらかの異常が見つかった場合、さらに詳しい検査を受けてもらう必要があります。血液検査、CT、MRI、超音波検査等など。これらは一般的な内科等で行う検査と同様です。
Q&A TOP

QT88 唾が飲み込みにくい。
A <質問>
1年程前から仰向けに寝ていると唾を飲み込みにくくなりました。それでも 飲み込むと、喉の骨がゴリゴリすれる感じがします。顎を上に向けると左側だけ腫れている感じがします。怖い病気でないか怖くて、受診してません。
<回答>
お話からは何ともいえません。気になるようでしたらやはり一度は医療機関を受診してください。怖いというのは悪性のものが見つかったら・・・ということでしょうが、万一悪性のものが見つかった場合、早ければ早いほど治る可能性があるわけですから、冷静に判断してください。
Q&A TOP

QT89 咳が止まらない。
A <質問>
中学生です。いつ頃からか思い出せないんですけど…最近、1回せきをするとずっととまらないことがあります。ストレスなどが原因かなと思うんですけど…せきが続いてる間はけっこう苦しいです。何か病気なのかな?と思うとよけい怖くなります。これは大丈夫なのでしょうか?心配です…。
<回答>
心配ばかりしていても何も進みません。一度診察をうけましょう。
咳が長引く病気としては、アレルギー性の咽喉頭炎・気管炎・気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息などが考えられるでしょう。耳鼻咽喉科的には慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)があって、鼻汁がのどに下がって刺激になって咳がでている場合もあります。また、まれに肺がんなどもありますが、年齢的にはめったにありません。しかし、絶対にないとは言い切れないので、長引く場合はやはりきちんと見てもらっておいて下さい。その場合、耳鼻咽喉科と呼吸器内科のどちらかで診て貰うか、一方で診て貰って治療をうけても改善されない場合は、もう一方の科でも診て貰うといいでしょう。
年齢的には喘息は気をつけておかなければならない病気です。一般的には息が吐きにくい呼吸困難が生じヒューヒュー言うのですが、最近頑固な咳の中に喘息に移行するタイプがあることが認識されています(咳喘息)。
Q&A TOP

QT90 のどちんこのわきに水膨れ。
A <質問>
1週間ほど前に、のどちんこ右横に直径7-8mm程度の水膨れのような出来物を発見しました。 今も出来物はそのままで、何となく喉ものとに違和感を感じます。これまでにも疲れが溜まると喉に違和感を感じることがあり、今回も同じような状態ですが、出来物を発見してしまい多少心配しております。診察を受けるべきでしょうか?
<回答>
見ていないので何ともいえないのですが、長く続く場合(どれくらいが妥当でしょうね?大きさに変わりがなければ、1,2週くらいでしょうか?)や、徐々に大きくなってくる場合は、診てもらって方がいいと思います。
水ぶくれは粘膜が何らかのダメージをうけた場合にできます。こうした場所にできる水ぶくれとしては、ヘルパンギーナや手足口病といった夏場に多いウイルス性の風邪の時によくみられます(ただそういう場合、痛みを伴いますが)ので、似たようなウイルスの感染なのかもしれません。あるいは何か硬いものを引っ掛けたりした場合にもできます。
その他、まれではありますが、天疱瘡や類天疱瘡という自己免疫疾患(自分の体を守るしくみが自分の体を攻撃する病気)でも水疱ができます。水ぶくれが増えていく場合が要注意ですので早めに医療機関を受信してください。
Q&A TOP

QT91 のどちんこがない。
A <質問>
生まれたばかりの口内に穴があり、子供の咽喉ちんこがありません。このまま子供が大きくなって喋ることはできるのでしょうか?穴は手術でふさぐ予定です。
<回答>
おそらく、口蓋裂(こうがいれつ)なのでしょうね。赤ちゃんがお腹の中にいる間にのどが作られていく過程で少し時間が足らなかったのでしょう。左右ののどをつくる組織が完全にくっつく前に生まれてきた状態なんだと思います。
これは、そのまま放置しても穴はふさがりませんので手術が必要です。穴がふさがれば、声はふつうに出すことができるようになると思います。多少鼻に抜ける感じの鼻声になる可能性はあるかもしれませんが、声質の個人差の範囲だと思います。(詳しくは手術をしていただく主治医の先生にお尋ねください。)手術に際して、普通の人のようなのどちんこはみられないかもしれませんが、発声に影響がでるほどではないと思います。
Q&A TOP

QT92 のどが3ヶ月痛み続けています。
A <質問>
36歳の男です。3ヶ月前に熱が出てその後、のどの痛みが治りません。病院にもいきましたが、扁桃腺でもなく詳しいことはわからない。と言われました。しかし、のどの奥が痛く、酒すら飲む気になれません。鼻から遮るものもなく、乾いた空気が直接のどに当たっているようです。
<回答>
これは見てみないとわかりません。見てもわからないかもしれません。試行錯誤しながら進めていく必要があります。
一度診てもらって、改善されない場合でも、症状が持続しているようであれば、ある程度定期的に診て貰う方がよいと思います。時間が経過するとはっきりしてくることはよくあることですから。
上咽頭(鼻の奥のつきあたり)や、下咽頭・喉頭(のどの奥の方)の診察は耳鼻咽喉科医が一番得意とするところなので、もし耳鼻咽喉科医の診察を受けられていない場合は一度診察を受けていただきたいと思います。
のどが慢性的に痛い場合ですが次のようなことが考えられるでしょうか?
1)慢性的な炎症:これが一番多いのでしょうが、原因のはっきりしない場合もありますが、喫煙があればやめましょう。鼻づまりが強い場合、口呼吸をしているとのどが乾燥するので炎症を起こしやすい。
2)アレルギー:長引く場合はアレルギーが関与する場合があります。抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が効果的な場合があります。花粉症でものどの痛みを感じられる方は多数いらっしゃいます。
3)逆流性食道炎:最近話題の病気です。寝ている間に胃酸がのどの方に逆流しているために、ノドのイガイガした痛みや頑固な咳などが続く場合があります。ある種の胃薬が効果的です。
4)カビ:あまり痛みを感じることは少ない様にも思いますが、可能性はあると思います。
5)鉄欠乏性貧血:普通は舌が痛む場合が多いのですが、のどのつかえる感じも出やすくなります。
6)腫瘍:特に癌の場合、粘膜の荒れが強くなってきますので、徐々に痛みは強くなってくることが多いでしょう。
7)亜急性甲状腺炎:のどの痛みとして感じる方もいらっしゃいますが、厳密には首の真中からやや下付近を押さえると強く痛みます。
8)舌咽神経痛:のどの奥や舌の奥の方がきゅーっと痛くなる様です。
Q&A TOP

QT93 あご・耳のしたのしこりといたみ。
A <質問>
たまになるのですが。右の耳の下や顎の下、舌の下が筋を違えたような痛み、左は何ともないです。それと、喉仏みたいにしこりがででいます。これは突然でてきました。そのしこりは押すと舌の裏がいたいです。前回は一週間くらいすると痛みは取れたのですが・・何かの病気でしょうか?
<回答>
診察していないので正確にはわかりませんが、顎の下のリンパ節の炎症が一番考えられると思います。そういう時に口内炎などは出来ていませんでしょうか?
その他、顎の下には顎下腺という唾液を作る器官がありますが、この顎下腺の炎症の可能性も考えられます。
いずれにしても、痛みが軽微で、数日で治ってしまう場合は心配ない場合が多いですが、長引く場合は最寄の医療機関で診て貰って下さい特に顎下腺の場合、唾液を口の中に流すための管の途中に石ができている場合もあります。
Q&A TOP

QT94 左のどだけがただれている様に痛い。
A <質問>
 先日今までに無いような症状の風邪をひきました。最初は枯れた様な咳が止まらず、咳の過ぎで吐き気を催してました。声はガラガラで出なくなった時もありました。症状は2週間以上ほど続き、次はタンが常にのどに詰まっているような症状でした。現在は左ののどだけがただれている様な痛みを感じてます。同じくタンも出ます。症状が長いだけに心配です。市販の風邪薬もかなり飲みました。他にデパスとルボックスを常用しています。お酒の飲みすぎかもしれませんが、癌じゃないかと心配してます。
<回答>
最初に風邪症状があったので、積極的に癌を疑いはしませんが、確かに風邪がきっかけでみつかる場合もありますので、症状が長引く場合は、やはり耳鼻咽喉科で診てもらってください。
市販の風邪薬は、特に風邪の引き始めにはよいと思いますが、ある程度飲んで症状が改善しない場合は、早めに医療機関で診てもらってもよいかと思います。特に色のついた痰などが多い場合は中々市販薬では難しいかもしれません。
お酒はタバコに比べると癌を引き起こす影響は多少少ないかもしれませんが、濃いアルコールなどは、下咽頭癌などを誘発しやすいかもしれません。また、デパスやルボックスといった薬剤(あるいは他の薬剤でもそうですが)を服用中はアルコールは控えた方がよいと思います。肝臓への負担も大きくなりますし、精神に作用する薬は眠気が増幅されたり、健忘なども引き起こす可能性があると思います。
Q&A TOP

QT95 かぜ?悪い病気の前兆?
A <質問>
2週間ほど前、鼻水、痰、のどが赤いと診察されて風邪といわれました。その後よく完治しません。痰は治まりつつありますが、鼻の奥からのどにかけて粘り気を感じます。声も枯れています。特にのどぼとけのあたりに声が響きます。万人によくある症状なのでしょうか?
<回答>
そうですね。よくある症状だと思います。
人はみんな自分の経験が最優先されますので、普段の風邪のパターンと違うと不安にありますね。
ただ、ちょっと長引いていますね。こうした場合、耳鼻咽喉科的には副鼻腔炎(蓄膿症)を合併していないかが気になるところです。最寄の耳鼻咽喉科で診てもらってください。
最初によくある症状とは話しましたが、「風邪は万病のもと」:種々の合併症を引き起こす可能性があるのと、もともと風邪様の症状ではありましたが、他の病気であったという場合も、確かに考えておく必要はあります。たとえば、肝炎などでも初期症状は風邪様の症状の場合があるとのことです。
「いつもとちがうな」という身体の感覚は大切です。気になるようであれば、再度診て貰ってください。
Q&A TOP

QT96 10年以上の喫煙、咽喉の違和感・痰にヤニ。
A <質問>
30歳男性です。10年以上喫煙しており、2年位前から喉の違和感がとれません。常に「んーっ」と痰が出ます。また、痰には黒いヤニがよく混じってます。そして数週間前に風邪を引き、ずっと喫煙してたら、痰に血が混じっており、それが2週間ほど続いてます。痛みは特にありません。どのような病気が考えられるでしょうか?
<回答>
喉頭がん・咽頭がん・肺がん、慢性気管支炎、慢性びまん性細気管支炎、肺気腫・・・。
このようなものが考えられるでしょうか?2週間痰に血が混じるようでしたら、そろそろ本格的に診て貰う方がいいでしょう。
結果的に上のような病気が見つからなければ、幸運と思いましょう。風邪のあとでのどの粘膜が一時的に荒れて出血したということでよいと思いますが、症状があるあいだは定期的に診て貰っておく方がいいでしょう。
このまま、喫煙を続ければ上記のような病気が出現してくる可能性は徐々に高くなります。もちろん、どれだけ吸ってもならない人もいらっしゃいますが、誰がなりやすく、誰はならないというのは、今の医学ではわかりません。
Q&A TOP

QT97 禁煙後のノドの痛みと、声嗄れ。
A <質問>
禁煙して1年2ヶ月経つのですが、3ヶ月前くらいから、ノドの痛みと、声嗄れするのです。飲み込む事に関しては問題ないのですが、禁煙後の症状なのでしょうか?禁煙1年以上経ってもこの様な症状は起きるのでしょうか?
<回答>
禁煙までの喫煙期間や本数との問題は残ります。禁煙を行ってものどや気管、肺などの粘膜が正常化するには8年くらいかかると以前読んだことがあります(情報源は確かではありませんが)。つまり、喉頭がんや肺がんなどになる危険度はタバコを吸っていない人と同じになるのは禁煙後8年くらいはかかるということです。ですので、禁煙して1年以上たっていますが、まだがんができる危険は吸わない人よりは高いので、十分な注意が必要です。
症状が続くようであれば、やはり医療機関で診てもらってください。
Q&A TOP

QT98 食時の後で喉がぐるぐる、ごろごろと鳴って困っています。
A <質問>
げっぷが喉の中で起きているようなそんな感じです。音が大きくて恥ずかしいです。空腹時のおなかが鳴る音にも似ています。どうしたらならなくなるのでしょうか?
<回答>
これは、診ていないのでわかりません。診てもわからないかもしれませんね。何でしょうね。
食事の時に空気を必要以上に飲み込んでいませんか?
あまりお困りであればやはり専門の医師(耳鼻咽喉科の中でも喉頭か咽頭の外来担当の先生)に診てもらってください。適切なお答えが出来ず申し訳ありません。
Q&A TOP

QT99 咽頭後壁のリンパ小節について。
A <質問>
28歳の男性ですが最近、のどの奥にある半球状のふくらみが気になっています。痛くも無いのですが、今まであったものなのか、出来たものなのか分からなく気になっています。咽頭後壁(のどちんこの奥)にはリンパ小節があるとのことですが、リンパ小節の腫れと腫瘍(ポリープ)の場合の区別はどのように見分けるのでしょうか?口をあけて肉眼で区別できるのでしょうかお教えください。咽頭後壁にできるガンは頻度が高いのでしょうか?
<回答>
お尋ねのものが何をさしているのかは、文面からだけではわかりません。咽喉の鏡で見える部分で左右の舌の付け根付近の半球状のものであれば、それは扁桃腺だと思います。咽頭後壁に膨れている5mm程度のものを指しているのであれば、それはリンパ小節の可能性が高いと思います。
さて、リンパ小節か、腫瘍かの判断ですが、ある程度は見ただけでもわかります。腫瘍、特に癌の場合、表面は不規則なでこぼこしていることが多く、時に出血していたり、潰瘍をつくる場合があります。経過を見ていると徐々に大きくなっていきます。やや、硬いことが多いと思います。
しかし、ごく初期には鑑別はできない場合もあります。疑われた場合は、最終的には組織を少し取って、顕微鏡の検査(病理検査)を行います。
Q&A TOP

QT100 のどちんこがくっつく感じがします。
A <質問>
49歳男性。タバコ、飲酒はほとんどしません。1ヶ月くらい前から、しゃべったときとか、横を向いたときなどふと、のどちんこが後ろにくっつくような感じがして、思わず咳払いしてしまいます。空気が乾燥しているときに多いような気もしますが、よくわかりません。痛みや飲み込みにくいとかは特にありません。
<回答>
やはり見てみないとわかりません。症状が続くようであれば耳鼻咽喉科で診てもらってください。
考えられることとしては、確かに粘膜が多少乾燥気味になっている可能性もあります。シェーグレン症候群のような病気の始めや、少々早いですが粘膜にある小さな唾液腺が弱ってきている可能性も考えられるかもしれません。
また、鼻づまりがあると粘膜が乾く感じがでやすいかもしれません。
その他には、のどの痛みまでは感じなくても、軽いのどの炎症があって、微妙に粘膜が腫れている可能性も考えられます。あるいは、軽いアレルギー性の変化がある場合にも粘膜は微妙に腫れるかもしれません。
最後に、タバコや飲酒をされていないので多少リスクは少ないですが、良性・悪性の腫瘍の可能性もやはり念頭にはおいておく必要があり、文頭にも書きましたが症状が続く場合には診察を受けてください。
Q&A TOP

QT101 舌の奥にできもの?
A <質問>
26歳女性です。2、3日前からのどがつっかかると言うか違和感があり昨日指で触ってみると、舌の奥(鏡では見えないのどに近い部分)に突起物があるのが分かりました。触っても痛くなく、有郭乳頭かと思いましたが、それよりももっと奥なので心配になり質問させて頂きました。どういった病気が考えられますでしょうか?
<回答>
まずは、やはり有郭乳頭が考えられます。次に、のどの奥にも扁桃腺(舌根扁桃)があり、それを触っている可能性があります。さらに、人によっては喉頭蓋(こうとうがい)という食べ物が気管に入らないようにする蓋があるのですが、これが直接見えるくらい高い位置にある人もいますので、これを触っている可能性もあります。この喉頭蓋は炎症を起こして腫れますと、いきなり窒息することもありますので、あまりむやみに触らないようにして、症状がひどくなるようでしたら、一度耳鼻咽喉科で診てもらってください。また、年齢的には確率は低いですが、何か腫瘍が出来ている可能性は否定はできませんのでやはり症状が持続する場合は診てもらって下さい。
Q&A TOP

QT102 えらの下の腫れ物。
A <質問>
25歳男性です。えらの下(頭と首の付け根)に腫れ物があり、違和感を感じています。特に痛みを感じるわけでもなく、熱もありません。違和感があるなと思いつつも放置していると停滞し、停滞したかと思うとたまに違和感を感じます。特に違和感を感じるのは、食事を取っている最中〜食後にかけて特に感じます。 いろいろなサイトで検索してみましたが、症例が出てきません。どういった原因が考えられますでしょうか?
<回答>
食事との関連をいいますと、まず考えられるのは、唾石(だせき)に伴う顎下腺の腫れの可能性があります。食事中に痛みが出てくるようであればより可能性が高くなります。これは、唾液をつくる器官である顎下腺の中か、顎下腺で作られた唾液が口の中に排出される管の途中に石ができて、唾液の排出を妨げている状態です。
次に食事とは直接関係はありませんが、やはり顎下腺の腫瘍を考えます。痛みは最初のうちはあまり感じない方が多いと思います。
その他としては、顎下腺の近辺のリンパ節の腫脹も考えておくといいかもしれません。
いずれにしても、徐々に大きくなる様であったり、症状が長引くようであれば、耳鼻咽喉科で診てもらってください。
Q&A TOP

QT103 逆流性食道炎とのどの違和感。
A <質問>
3,4ヶ月前に逆流性食道炎になり、今ではおさまったのですが、そのころから、のどに違和感があります。違和感とは、飲み込みにくさや圧迫感です。ゲップをするとジンジンと痛みがすることがあります。鏡で見てみると、後口蓋弓の片方がミミズ腫れ状に腫れています。
<回答>
のどの違和感を感じる病気は多数あります。この中で最近注目されているのが逆流性食道炎です。メカニズムについてはいくつかの説があるようですが、胃酸が寝ている間にのどにまで上がってきて炎症を起こすとする説や、胃と食道をつなぐ付近を感じる神経とのどの感覚を感じる神経が関連があるところから、咽喉の違和感として感じるというような説もあります。
いずれにしても、逆流性食道炎はむしろのどの違和感を感じやすい病気だということです。人にもよりますが咽喉のイガイガ感とたとえる患者さんが多いように思います。ただ、他の原因がないかは一度診てもらっておく方がよいかもしれません。
後口蓋弓のミミズ腫れ様のものですが、見てみないとわかりません。近傍のリンパの組織が赤く腫れている可能性が高いと思いますが実際には一度見てもらってください。
Q&A TOP

QT104 4歳の女の子。一週間ほど前から咳払いをしょっちゅうしています。
A <質問>
たんがからんだときのようです。今日口の中を見てみると舌の奥に4つ赤い腫れがあり、ただれたように見えます。痛みはまったくなく食事も普通にします。鼻かぜはひいていません
<回答>
いくつか考えられることをお話します。
まずは、鼻かぜは引いてらっしゃらないとのことですが、やはり軽い風邪気味の可能性です。
また、鼻水をたらしていなくても、のどに下がっている場合、よく痰の絡んだような咳をする場合があります。注意してのどを見てみると鼻汁がのどに下がっているのを見ることが出来ます。
また、何らかのアレルギーがある場合、のどの粘膜のアレルギー症状として咳払いが出ている可能性も考えられます。
その他まれではありますが、のどのチック、すなわち心理的な要因からの咳払いですね。私はもう少し大きなお子さんで経験があります。(4歳でもあるのかどうかは私は詳しくはありません。)ただし、チックの診断は他の要因を十分除外した上でなされるものであると思います。
あとは、普通もっと症状が重くなると思いますが、喘息様気管支炎や何らかの小さな異物なども考慮しておく必要があるかもしれません。
いずれにしても症状がひどくなってきたり、長引く場合は速やかに医療機関で診てもらってください。
舌の奥の赤いものというのは、有郭乳頭を見ているのか、舌根扁桃が見えるのかもしれませんが、見てみないとわかりません。
Q&A TOP

QT105 半年つづく咳。
A <質問>
24歳女性。煙草も吸いません。年末に風邪を引き、半年間咳を繰り返しています。痰はほとんど出ず、無理やり出せば透明な痰の中に少し黄色い痰が混ざっている程度。咳がひどい時は、咳き込んでいるうちにゴーと喉が鳴り、吐き出す感じになります。 気管支炎の薬や喘息の薬をもらいましたが、一度収まってもまた繰り返し同じ咳がでます。ひどい時は、昼も夜も関係なく、仕事が出来ないほどで、夜に咳で起きることもあります。
<回答>
長引く咳については、Q&A T70を参考にしてください。
長引く咳のとき、考えておかなければならない病気
・百日咳
・結核
・肺がん
・喘息、咳喘息
・慢性気管支炎
・逆流性食道炎
・アレルギーの関与する咳
これらは呼吸器を専門とする内科の先生に診て頂くといいでしょう。(最後のアレルギーの関与する咳の中には一部、喉頭アレルギーも含まれ、これは耳鼻咽喉科。)
耳鼻咽喉科では
・副鼻腔炎
・アレルギー性咽喉頭炎
病院で薬をもらって少し良くなるようでしたら、(抗生物質はある程度したら減らしますが)しばらく続けて服用された方がよいかもしれません。粘膜が過敏になっていますので、あまり早くやめると再燃することは度々あります。
Q&A TOP

QT106 魚の骨が刺さり、診てもらいましたが見つかりません。
A <質問>
4,5日前に魚の骨が喉に刺さって病院に行きました。 自分では刺さっていると思っていたのですが、ファイバースコープで見ても見つかりませんでした。
その後2日間痛みで食事も取れなかったことから、別の病院にいきました。炎症もさほどひどくなく大学病院でファイバースコープで見てもらったのだから、きっと骨が残っていることは無いだろうということで、消炎鎮痛剤と抗生物質を出していただきました。 薬を飲み始めてから喉全体の痛みは引いたのですが、骨が刺さった部分だけ一向に痛みが引きません。 薬が効いている間は少しは楽なのですが、切れてくると耳のほうまで痛くなってきます。下を向くと少し楽に飲み込めるのですが、首をひねると痛みを感じます。
喉仏よりも少し下の辺りが痛むのですが、骨がいまだに残っている可能性はあるのでしょうか?また、このくらい奥のほうに刺さっているとどうやって取るのでしょうか?
<回答>
日常よく魚の骨が刺さって受診されます。まず扁桃腺を中心に骨を捜し、なければ奥の方を探してみます。奥の方は見えにくい場合はファイバースコープで見てみます。
それでも見つからない場合はどう考えるべきでしょうか?下記はあくまで推測です。
1)一度刺さったが、抜け落ちて傷だけが残っている可能性。よく探すと唇にできる口内炎のような白くなった粘膜の変化を見つける場合があります。
2)粘膜や扁桃腺などに深く刺さってしまい、外から見えなくなっている可能性。「ご飯の丸呑みをすれば取れる」といったことをよく言いますが、確かに取れる場合は多いでしょうが、逆に押し込むことになり、どこに骨があるかわからなくなる場合があると思います。
3)まだどこかに残っている可能性。ファイバーで見てもたまたま粘膜の襞の影になっていて見えない可能性はあります。骨が見つかれば、あとは取れるか取れないかでしかないのですが、「ない」と断言するのは中々難しいものがあります。また、耳鼻科の一般的なファイバーは食道の入り口までしか見えませんので、食道をちょっと入った場所はわかりません。(そういう場合に刺さっているかという可能性は、普通は患者さんが指差す場所で大体わかりますが、必ずとは言えません。)
いずれにせよ、咽喉に普段と違うチクチクする痛みが明らかに残っている場合は、どこかにまだ骨が刺さっている可能性は確かにあります。一度「ない」と言われましても症状が続く場合は、再度診てもらってもよいと思います。
骨が残っていた場合どうなるか?大きく3つのシナリオが考えられます。1)徐々に溶けてなくなったりはずれる。この場合徐々に痛みは軽快していくと思います。2)刺さった部分が化膿して腫れてくる。この場合、痛みはもっと激烈になり水も飲めなくなり熱も出てくる可能性があります。稀に呼吸困難などを引き起こす危険性もありますので症状が増悪してきた場合は速やかに耳鼻咽喉科のある大きな医療機関を受診してください。3)チクチクとした痛みがだらだら続く可能性。やはり長く続く場合は再度診て貰ってください。
最後に、奥の方に刺さっている骨のとり方ですが、一つは逆U字のような形をしたつまむ器具で、鏡を見ながらとる方法があります。これは中々技術を必要とします。その他、ファイバーで覗きながら抜き取る方法があります。あるいは、仰向きに寝てもらって舌を上に押し上げながら直接のどの奥を見ながら取る方法もあります。
Q&A TOP

QT107 顎下腺の腫瘍について。
A <質問>
右側の顎下腺(後方)に1cmの多形腺腫(良性)が見つかりました。担当医の話ですと、良性でも、右側顎下腺を全摘出すると言われ、それに伴う下唇の麻痺などのリスクを告げられました。良性なのに、顎下腺を全部摘出するのは、納得できませんが、一般論としては、全摘出が普通なのでしょうか?それとも、良性の腫瘍のみを摘出するのが普通なのでしょうか?ご意見をお聞かせいただきたいです。
<回答>
よっぽど腫瘍が小さくて、周囲との境がはっきりしている場合は腫瘍だけとる方法(核出術)の可能性もないわけではありませんが、これは顎下腺とも取ってしまう全摘出が一般的でしょう。
それは、一つには顎下腺が一塊としてとりやすい臓器であること。それによって、むしろ周囲のダメージを最小限にすることができます。無理をして腫瘍だけを頑張って取ろうとすると時間もかかります。当然その間、神経は空気にも触れる時間も長くなりますし、手術で皮膚を切って開けるわけですが、その傷口を引っ張って開けておいて腫瘍を取る手術をするために、長時間引っ張ることになるため、神経も引っ張られて余計に麻痺が生じやすくなります。
それに対して、顎下腺は唾液を作る臓器ですが、唾液を作る腺は左右の顎下腺と左右の耳下腺、左右の舌下線と口の中の粘膜にある無数の小さな唾液腺があるので、一つ顎下腺を取ったくらいでは唾の出が悪くなるということは考えられません。となれば、丸ごと取ってしまった方が手技が簡単で合併症を起こしにくいわけです。
さらに言えば、多形性腺腫というのは良性ですが、わずかにでも残すと再発してくる可能性があります。良性の腫瘍でも腫瘍を覆っている薄皮の上で完全に取りきる(つまり核出術)というのは、できないわけではないでしょうが、どこか破綻をきたし、そこから細胞がこぼれ落ちるという可能性は、周りも含めて取ることから考えるとリスクがあります。どうしても顎下腺を残したいとなると核出術になりますが、そうなると再発の危険性は全摘出術よりも高くなることは覚悟しなければいけません。
Q&A TOP

QT108 声帯の浮腫について。
A <質問>
1週間前に風邪気味にもかかわらず、カラオケで歌ってしまいました。 終わった後は声がガラガラになっていましたが、風邪だし歌ったし、とあまり気にしていませんでした。
翌日 起きると声がまったく出ない状態になっていました。あわてて病院へ行ったら、病名は告げられず「声帯に水ぶくれができている」と言われました。その時は「一週間では治らないかも」とのこと。のどの炎症を抑える薬をもらいました。 薬が無くなった5日後に再び病院へ行くと、今度は「いつ治るかわからない。治らないかも」とのこと。目の前が真っ暗になりました。
その後 病名が分からないので、声帯の水ぶくれ→声帯浮腫ということで調べたら「ほとんど治らない」と書いてありました。
お酒は飲まず、タバコもすいません。カラオケは一ヶ月に一回くらいの割合で歌ってました。もう二度と元の声にもどるのは、あきらめないといけないでしょうか。
<回答>
声帯浮腫という場合に2つのことが考えられます。一つは風邪や一時的な咽喉の使いすぎによる急性の炎症による腫れです。もう一つは、慢性的な声の使いすぎや喫煙などによる慢性の炎症によるものです。
急性の炎症によるものは急性の声帯炎、喉頭炎による浮腫で、こういう場合炎症を鎮める薬を使ったり、炎症がひどい場合にはステロイドの吸入(ネブライザー)や時に内服のステロイド剤を使用することで、概ね症状が改善する場合が多いと思います。(歌手など職業的な場合、どこまで満足してもらえるかはわかりませんが。)早いと4,5日でも改善しますし、2週間ほどかかる場合もあります。また、時には数ヶ月かかかる場合もあることはあります。それは、職業がらよく声を使う仕事であったり、何らかの心理的なストレスがある人に多いように思います。
これに対して慢性的な炎症で生じている声帯の浮腫は、ポリープ様声帯といい、ある程度声帯の粘膜下に慢性的な変化が生じてしまっているわけです。こちらを治療するにあたっては、最初は急性炎症と同様に飲み薬やネブライザーなどによる治療を行ってみますが、中々うまくいかない場合が多い様です。こういう場合には、手術が選択されます。手術でよくなる患者さんも多数いらっしゃいますが、ポリープ様声帯は声帯ポリープに比べると改善する率が低いのが実情です。それは、慢性的な変化が声帯の広い範囲で生じているということもありますが、喫煙や咽喉を間違った発声法によって長年酷使してきたこと、またそうした声の使い方は中々改めることができないことによります。そういう意味では声帯浮腫は治らないという言い方をされる場合があるかもしれませんね。
Q&A TOP

QT109 血痰がでる。
A <質問>
血痰が出て、喉が痛かったので耳鼻科に行ったのですが、喉は特に腫れていないと言われました。それでも喉の奥、食道の辺りが痛くて、時々その痛みが右耳に響く事も あります。
思い当たる事と言えば2年間、煙害の酷い職場で働いていた事くらいなんですが、肺には特に問題はありません。この場合、どこの科を受診すればよいでしょうか?
<回答>
血痰がでる場合、診てもらう科はやはり内科(特に呼吸器内科)と耳鼻咽喉科でしょう。
血痰がでるとすれば、上から鼻腔・副鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、細気管支、肺ということになります。また、咽頭といってもほとんど食道の入り口、あるいは食道に入った所などの病変は消化器内科でも診てもらった方がよい場合があるかもしれません。
いずれにせよ、症状が続くようでしたら一つずつ可能性を除外していく必要があります。また、一度診てもらって明らかな異変がないといわれた場合でも、症状が続く場合は定期的に診てもらっておく方がよいと思います。
この方の場合、のどの痛みを伴っていらっしゃるので、やはりまずは咽喉からの出血を考えます。ただ、咽喉の炎症によって充血した血管からの出血などの場合は、中々診たときにはわからない場合もあります。しかし、そうした場合はのどの炎症が軽快すれば血痰も消失してくると思います。
Q&A TOP

QT110 急に発作的に咳き込み嘔気がします。
A <質問>
年1〜2回、喉がおかしくなります。のどの奥の方に、急に何か張り付いた感じになり、いてもたってもいられず激しく咳き込み、何度も咳き込むせいでオエッっとなるのを繰り返します。、一度なりだすと、一日に何回も(20回前後も)なるので、すごくつらいです。そして大体1週間くらい続き、その後嘘のように症状が出なくなるので、わけがわかりません。 小学校4年生の時からなりだしましたが(今は23歳)風邪をひいたりした時になることが多いです。 病院で2度、この症状を訴えてのどを診てもらいましたが(内科と外科)、口の中をのぞかれただけ、「別にどこも異常ないけどねえ」と言われました。うまく言えないのですが、食べ物が変なところに入って激しく咳き込む様に苦しくて咳き込みます。 1年のうち、1〜2回だけなのでこのままでも支障がないと言えばないのですが、その時期は非常につらいので、やはり治せるなら治したいです。
<回答>
なんとも診て見ないとわかりませんし、見てもわからないかもしれません。
発作的に症状が出るというところから考えると何らかの多少強いアレルギー性の咽喉頭炎の可能性があると思います。場合によっては気管から気管支にも影響があるのかもしれません。発作の起こっている時に一度、耳鼻咽喉科と呼吸器内科を受診してみるといいと思います。結果的にはっきりしたことはわからない場合もありますが。 もし、アレルギーであれば、食物や吸入物と関係がある場合があります。症状が出だした時、その前に食べたものなどを記録しておくと原因物質がわかる場合があるかもしれません。
アレルギーという点からいうとお尋ねの症状は喘息との関連があるかもしれません。やはり呼吸器内科もしくは一般内科で胸の音を聞いてもらったり、気道抵抗というものを調べてもらうとよいかもしれません。
もう一つの可能性として、ご自分でも書かれてましたが、誤嚥も考えておいた方がよいかもしれません。何かを気道に吸い込んでいる可能性ですね。やはり、発作時に呼吸器内科で見てもらうといいでしょう。
Q&A TOP

QT111 肩こりからくる首筋や喉の痛みというのはありますでしょうか?
A <質問>
二ヶ月ほど前、右目の奥が急に痛くなり眼科に行きました。緑内障の検査などをしてもらい、眼には異常がないので、肩こりか何かの他の原因だと言われました。その後、偏頭痛か緊張型頭痛のいわゆる典型だったので安心していました。それが、一ヶ月程前から前の首筋にきました。顔を傾けて伸ばすと痛く、押さえてもなんとなく痛みます。リンパ腺が痛んでるような痛さですが、特に腫れはみられないように思います。それが今度は喉にもきました。唾を飲み込むと喉の奥の方が痛むんです。風邪の喉の痛みよりもっと先の方だと感じます。食べ物や水はあまり痛みを感じません。そんな痛みが(首筋と喉)あったりなかったり、片方だけだったり両方だったりといった状況がここ一ヶ月程続いております。肩こりなどが原因で首筋や喉は痛くなるものでしょうか?
<回答>
可能性はあると思います。ただ、本当にそうか、他に病気はないかということは考えておかなければいけないと思います。筋肉の凝りだと思っていたら他の病気があって発見が遅れたというのでは困りますからね。
頸の筋肉としては、頚動脈を上から覆っている太い筋肉があります。鎖骨の気管に近い部分から始まり、耳の下にまで行っている筋肉(胸鎖乳突筋)があります。この筋肉(その他にも多数の筋肉が頸には存在しますが)は、首から上に具合が悪い所があるとよく痛くなるように思います。実際に筋肉の付け根を軽く指でつまんでみると痛がられる患者さんは多数いらっしゃいます。(どちらかというと、耳の下の付け根の方で痛み感じる人の方が多いようですが。)ですので、肩こり同様、筋肉の凝りも強くなると痛みを感じることはあると思います。
ただ、咽喉もしくは首の痛みの原因がそれだと断定するのは慎重にしたいところです。他に原因がある場合もありますし、首の筋肉の痛みは他の原因の結果である場合もあります。どこかに本来の原因があってその具合の悪さが筋肉の凝りとして現れている場合も考えておく方がよいと思います。
お尋ねの方についても、長く続く様でしたら、一度診てもらってもよいかもしれません。下咽頭、喉頭、甲状腺、頚椎、場合によっては食道なども含まれるでしょうか?実際には最寄の医療機関の先生とご相談ください。
その結果、何もなければ筋肉の凝りということでもよいかと思います。ただ、ずーっと症状が続く場合は、同じ部分ですが、時々診てもらっておく方がいいでしょう。時間的に後になって何か見えてくるということはまれにありますから。
Q&A TOP

QT112 痒み・微熱・喉の腫れ・だるさがが続きます。
A <質問>
最近、痒み・微熱・喉の腫れ・だるさが頻繁に続くのですが、以前にB型肝炎になったことがあるのですが、症状が似てるのですが二回かかる事はあるんですか?
<回答>
教科書的にはB型肝炎には治ってしまうタイプと慢性的なタイプとあると思います。後者は普段は無症状で血液検査で初めてわかるというような場合で、時々症状が増悪して発現されます。
ですので、ご質問の方がどうかはわかりませんが、以前と似た症状であれば、やはり一度診て貰われた方がよいと思います。
肝炎の初期症状には一見風邪症状と似ているものもあり、見た目では中々わかりません。痒みやだるさというのはちょっと気になる症状かもしれません。どうもいつもの風邪とはちょっと違う感じがする場合には、医師にその旨お伝え下さい。血液検査をすれば、肝機能に異常がでているかどうかはわかります。もし、肝機能に異常があれば何らかの肝炎ウイルスに感染していないかどうかは再度血液検査で検査していくことになります。
Q&A TOP

QT113 反回神経麻痺と診断されました。
A <質問>
半年前から喋ると詰まるので診てもらったところ声帯の片側が反回神経麻痺と診断されました。精密検査や胃カメラで検査しましたが異常はありませんでした。原因が分からないので薬も飲まずただ様子を見ていますが、先日舌の付け根〜喉が筋肉痛の様に痛く飲み込むのも億劫でした。今は少し落ち着きましたがまだ痛みに近い違和感があります。関係あるか分かりませんが頭痛持ち、毎日左の首が寝違えたように痛いです。命に関わる病気では無いかと心配で不安な毎日です。
<回答>
反回神経麻痺とは声帯の動きが悪くなる病気の中で、喉頭がんなどによって直接声帯が動かなくなるものを除外したものを言います。つまり、声帯を動かす神経が麻痺したと考えるわけです。
反回神経は脳から出て右は肺の上のあたりまで、左は肺の中ほど、大動脈の下までくぐって再び首にもどり、のど(喉頭)に入ります。ですので、この通路のどこかに異常があれば、声帯に麻痺がでるわけです。
具体的には、1)脳梗塞・脳腫瘍など、2)頚部の病気、特に甲状腺がん、3)食道がん、4)肺の上部の病変(肺がんなど)、5)肺中部の病変(肺がん、サルコイドーシスなど)、6)大動脈瘤など・・・が考えられます。何だか怖い病気をたくさん書きましたが、一応一通りチェックは必要です。しかし、結果的には原因不明のことはよくあります。明らかな原因がはっきりしなければ、とりあえずは安心してもらって日々をすごされた方がいいでしょう。その上でしばらくは定期的に慎重に上記の部のチェックを受けられておく方がよいと思います。
Q&A TOP

QT114 舌の下の腫れについて。
A <質問>
舌の下の方(唾液が出てくる辺り)が腫れてるのはなんででしょうか?小さな斑点があるような感じなんですけど。扁桃腺付近ではないですが、微妙にのど(あご辺り)も咳をした後のような違和感があります。痛みは特にないです。ただ、しゃべり辛いって事ぐらいなんですが・・・。もし、何かわかればと思い質問してみました。 のど(あご下)の違和感が2〜3日続き、気づけば舌の下の方が腫れてました。
<回答>
見てみないと正確なことはわかりません。
可能性があるのは、舌の下には唾液が出てくる場所があるのですが、その穴の周囲は他の部分よりも盛り上がっていますので、それが気になる場合です。
単に盛り上がっているのであれば、また普通は左右に一対でありますのでそうしたものであれば問題ないと思いますが、赤く腫れていたり少し痛みがあるようでしたら、その唾液を出す管が炎症を起こしていることも考えられます。その場合、単なる炎症というのは少なく、たいていの場合、その管のどこかに石(唾石)がある場合が多いです。もし、食事をする時に顎の左右どちらかの付け根が痛み急に腫れるようでしたらますます可能性が高くなります。のどの違和感と言われているのもそれかもしれません。
これはあくまで推測ですので、実際は診てみないとわかりません。その他の病気の可能性も含めて一度診て貰ってください。
Q&A TOP

QT115 声嗄れが半年以上続きます。
A <質問>
半年以上前から声嗄れがつづきます。一ヶ月前に医者にいきました。カメラで見てもらいましたが声帯に異常はなく、蓄膿が原因といわれました。くすりをもらって飲んでいますが、このまま飲み続けていれば治るのでしょうか?
<回答>
確かに中々良くならない声嗄れはありますね。蓄膿症(副鼻腔炎)があるとのことですので、それはそれで治療を続けられるとよいと思います。鼻汁がのどに下がり刺激になっているということは考えられると思います。ただ、しばらく続けてみてもよくならなければ、再度ファイバーで診てもらうことも必要です(時間がたつとはっきりしてくるものもあります)し、声の管理も必要になってきます。無理に大きな声を出さない。長時間話し続けない。カラオケなどは控える。もちろんタバコはいけません。そうしたことも引き続きやっていただきながら、炎症を抑える薬で経過をみることが多いのですが、長引く場合はアレルギーなどが関与していることも考えて抗アレルギー剤なども試してみるとよいかもしれません。そのあたりは主治医の先生とご相談下さい。
高齢の方の場合には声帯がやせてきている場合もあります。
声帯の病変は非常に小さいので、声帯の微妙な硬さの違いなどは、普通のファイバーではわからない場合もあるようです。音声の専門外来があるような病院でしたら、ストロボスコピーと呼ばれるような装置で声帯の動きをスローモーションでみることができる場合があります。どうしても長引くようでしたら一度そういう所で診ていただくのもよいでしょう。
Q&A TOP

QT116 喉元が締め付けられるような痛み。
A <質問>
1ヶ月に1度くらい、突然喉元(ちょうど両鎖骨の間くらい)が締め付けられるような痛みが発症します。2〜3分でおさまるのですが。初回、その痛みを胸痛と勘違いし、心筋梗塞かと思って主治医に相談したところニトロを処方されましたが、次に症状が出た時に効果はありませんでした。(と、いうか、服用による症状改善は認められませんでした) 喘息で9ヶ月ほど吸入ステロイドとオノンを服用しています。そういったものでの副作用はあるのでしょうか?主治医にきいても頼りないあいまいな回答しか得られません。
<回答>
確かに、急性の心筋梗塞などの発症初期はのどの痛みとして感じる場合もあるようで、気になるおうであれば循環器内科でも一度診て貰っておいてもよいかもしれません。
のどの痛みを感じる病気にしても、さまざまな病気がありますので、お話だけではわかりません。
吸入ステロイドやオノンでの副作用とはあまり考えにくいと思います。しいて関連付けて考えるなら、吸入ステロイドを頻様していると、口の中にカンジダと呼ばれる一種のカビが生えやすくなると言います。カンジダの場合、のどの痛みや口の中の痛みを感じる場合があります。
Q&A TOP

QT117 大丈夫でしょうか?診てもらった方がよいでしょうか?
A 「のどに何かできもののようなものがあります。診てもらった方がよいでしょうか?」
「のどのひかかる感じがします。このまま様子をみても大丈夫でしょうか?」
「のどの痛みが強くなってきました。このまま様子をみても大丈夫でしょうか?」

このようなご質問を再三いただきます。
これは、いくら言葉で説明していただきましても、見てみないとわかりません。また、一見しただけではわからない場合もあります。そういう場合は、経過を定期的に見ていく必要があります。
ですので、こういうご質問にはお答えすることができません。
どういう病気の可能性があるかということは、時にお答えさせていただいておりますが、一般的なお話として読んでいただきたいと思います。
このQ&Aで診察を受けた方がよいかどうかを指示することはできません。あくまで、読まれる方が診察を受けるための判断の一つの材料として、あるいは今後の治療への一つのてがかりの一つとしてご利用いただくためのものとお考え下さい。
また、インターネットでは他にもたくさんの先生が色々な情報を提供されていますので、当ホームページだけで判断するのではなく、多方面より情報を取得して総合的に判断していただきたいと思います。
Q&A TOP

QT118 妊娠と扁桃炎
A <質問>
数日前より扁桃腺が腫れ、つばを飲むのも痛い状態が続いています。咽喉を見ると、大きく赤く腫れ、白い膿のようなものもたまっています。もう1週間くらいになります。あんまり食事もできてません。熱は37度2分くらいで微熱です。。そうこうしているうちに妊娠していることがわかりました。これから、耳鼻咽喉科や、産婦人科に相談しようかと思いますが、土地になれないもので、どうしていったらいいのか相談できず、質問させていただきました。まず、どっちにみてもらったらよいでしょうか?どっちも行ったほうがいいですか?またおなかの赤ちゃんには、この炎症による影響はないでしょうか?大丈夫でしょうか?心配でしょうがないのですが、教えていただけますか?
<回答>
妊娠中の患者さんの治療についてはいつも悩むところです。妊娠の時期によっても対応が変わってきます。一番よいのは産婦人科の主治医の先生にまずお尋ねするのがよいかと考えます。
その上で、ごく一般的な話としてお話させていただきます。
妊娠初期の場合、ごく初期、4週までは薬の影響は0か1かと言われています。つまり、薬剤の影響は完全に修復されて影響ないか、逆に影響を与える場合には着床しない。つまり妊娠が継続されないといわれます。(そういう意味では、厳密な意味でこの時期は妊娠と呼べないかもしれませんね。)ただし、特殊な薬については私にはわかりません。
一番気をつけなければいけないのは、4週から11週ころです。特に11週と厳密に規定するわけではなくその頃まで、安定期に入るまでという意味です。この時期は絶対過敏期と呼ばれ、薬に対して影響を受けやすい時期です。ですので、この時期の服薬は極力避ける方がよいでしょう。ただ、それも限度というものがあります。あまり我慢しすぎますと、重症になって今度は治療に大量に薬が必要になったり、多少危険度の強い薬が必要になったりする可能性がでてきます。その見極めは結構難しいですね。患者さんとお話しながら、のどの状態も注意深く観察しながら、時には血液検査の結果なども参考にしながら薬を使用した方がよいと判断されれば服薬していただく場合はあります。もちろん、最終的には患者さんが納得された上での話となります。薬を飲んだことによる危険性と飲まないことによって引き起こされる危険性を選んでいただくことになると思います。その場合に、我々医師は情報をお話することはできなすが、最終的な決定は患者さんご自身にしていただくことになります。
ただ、急性扁桃炎の場合、最小限必要な薬は抗生物質であり、あと場合によって消炎酵素剤なども使いますが、このあたりの薬は妊娠中でも有益と判断される場合は使用してよいとされる薬が多いので、効能書にその旨書いてある薬剤を使用します。
妊娠後期の場合、痛み止めは注意が必要な場合があると思います。そのあたりは産婦人科の先生にもお尋ね下さい。
妊娠中に扁桃炎になったことについての影響ですが、一般的な細菌での炎症で、その後順調に治癒した場合、特に問題ないのではないかと思います。
Q&A TOP

QT119 喉・口内の乾燥感
A <質問>
高校一年生ですが、5ヶ月位前から喉・口内が乾燥し、水分を取ってもまたすぐに喉が乾いてしまいます。また多少ですが首の周りにも違和感があったりします。日や時間によって喉がイガイガしたりします。耳鼻咽喉科は3度ほど受診し、アレルギー性鼻炎と言われ薬も飲んだのですが喉のイガイガがなくなるだけで口内と喉の乾燥感は治りません。何か違う病気なのでしょうか?
<回答>
「のどのイガイガ」という表現をされる場合に多いのは、確かにアレルギー性鼻炎といいますか、それに伴い咽頭の粘膜までアレルギーを起こしているということは考えられると思います。ただ、抗アレルギー剤で中々よくならない場合は、他の病気も考えながらいく方がよいかもしれません。たとえば、逆流性食道炎が最近注目されています。特に胸焼けやげっぷをしやすい人では多いかもしれません。また、ごく軽度ですが、慢性的なのどの炎症という観点で炎症を抑える薬を使ってみるのも一つです。
さて、のどのイガイガについては上記の様なことを考えますが、「のどが渇く」という表現については他にも考えておく必要があることがあります。
一つには糖尿病になっていないかどうか。年齢からするとちょっと考えにくいのですが、若年性に発症する糖尿病もありますので、一度も検査したことがないようでしたら一度チェックしてもらっておくといいと思います。
その他のどが渇く場合、唾液のでにくくなる病気があります。シェーグレン症候群というのが有名ですが、これも一般的には発病する年齢はもう少し上なのですが、年齢はあくまで確率だと考えてください。これは最終的には唇の粘膜をとって調べないと確定診断にはなりませんが、ある程度は血液検査でもわかります。
もう一つは鼻づまりがある場合です。自覚症状がなくても口呼吸をしている場合、のどが渇く感じが強いかもしれません。アレルギー性鼻炎でも鼻づまりがある場合、口の乾きを感じるかもしれません。
Q&A TOP

QT120 のどぼとけの様なしこり
A <質問>
4年位前に、扁桃腺の腫れで耳鼻咽喉科を受信した際、のどぼとけの真下の部分にしこりがあると言われました。心配いらないと思うけど、大きな病院で検査してもらったらと言われましたが、何もしませんでした。
最近すこし大きくなってきて、女性なのにのどぼとけがある様に見えるくらいの大きさです。痛みは全く無く、触るとコロコロ動きます。骨と皮膚の間にできているような感じです。
検査したり、取り除いたりしたほうが良いのでしょうか?
<回答>
(ご質問では「のどぼとけ」ではなく「のどちんこ」になっていたのですが、文の内容から、のどぼとけと考えて回答いたします。「のどちんこ」は口を開けた時にのどの中央に見える垂れ下がったものですね。のどぼとけは首の中央で、男性で特にはっきり見ることができる軟骨です。)
のどぼとけの付近、すなわち首の正中部に見られるしこりとしてよくあるのは、「正中頚嚢腫」もしくは「正中頚嚢ほう」と呼ばれるものがまず考えられます。これは水もしくは膿のような粘液が貯まった袋で、少し弾力のあるものです。良性のものですが、徐々に大きくなるようでしたら最終的には手術的に摘出してもらう方がよいでしょう。
その他、頚の中央付近にできるものとしては、頚の少し下の方になりますが、甲状腺の腫瘍もあります。
また、一般的には頚のリンパ節は左右両脇で腫れることが多いのですが、稀には正中部分で腫れる場合もあります。
いずれにしても、徐々に大きくなってくるようでしたら、一度はきちんと精密検査を受けておかれる方がよいと思います。
Q&A TOP

QT121 喉の違和感 乾燥感。
A <質問>
一年程前に右側に異物感や酸味のある物がしみたりすので病院でみてもらったところ、赤くなっているので刺激物を避けるようにいわれました。その後、別の病院で頸部CTと、胃カメラで検査して異常はありませんでした。げっぷでもどってくる感じがあったので二ヶ月位薬を飲んでいました。それからも時々痛みや、ぱさつく物やもちなどの粘りつく物を飲み込む時、その部分だけに張り付く感じがします。ちょうど、走った後喉がカラカラに渇いたときのように。どのような状態なのでしょうか。
<回答>
げっぷとの関連から考えると、一番考えやすいのは、やはり逆流性食道炎ではないかと思います。胃カメラで異常がなかったということで、確かに可能性は低いかもしれませんが、胃カメラや食道造影で異常が見られない逆流性食道炎もあるようです。一度、ある種の胃薬(プロトンポンプ阻害剤)を1週間処方してもらって服用してみるのも一つだと思います。主治医の先生にご相談してみてはどうでしょうか。逆に、そうした薬であまり改善がみられない場合は逆流性食道炎の可能性は少なくなるようです(100%否定というわけではないでしょうが)。
Q&A TOP

QT122 魚の骨が咽喉に刺さりました。
A <質問>
魚の骨が咽喉に刺さりました。どうしたら取れますか?
<回答>
骨がのどに刺さったらつらいですね。
よく、「骨がのどに刺さったら、ご飯を丸呑みするといい」と言うのを聞いたことがあるかもしれません。確かにうまくいく場合はあるかと思いますが、これは、刺さった骨をより深く刺してしまう可能性がありますので、あまりお勧めできません。
といって、中々いい方法はありません。
ただ、のどに骨が刺さった場合、一番よく刺さるのは扁桃腺です。扁桃腺に刺さっている場合、鏡でみると刺さっているのが見える場合がありますの、まずは鏡でよく探してみてください。扁桃腺は口を大きく「あー」と開けた時に左右両脇にあります。この表面をよく探してみてください。 あればあとは誰かに抜いてもらえばいいと思います。
どうしても見つからない場合は、やはり最寄の耳鼻咽喉科で見ていただくのがよいと思います。
診てもらってが、ないと言われた場合については、Q&A T106を参照してください。
Q&A TOP

QT123 のどの突き当たりの壁がでこぼこしている
A <質問>
7歳の息子ですが、喉の奥ののどちんこのうしろの壁が、でこぼこしてるんですがなにか悪いものでしょうか?
2歳のころから,左右両頚部にしこりが片方につき五.六個あります。
花粉症や蓄膿でずっと鼻が悪いですが… 最近声がかすれてきたので喉をみてみると 大人の小指くらいの結節のような感じなのが3個くらい後壁にできていました。心配いらないものなんでしょうか?
<回答>
見ていないので確実なお話はできませんが、一般的にいえば、見えているのは、のどのリンパ小節とよばれる、リンパの組織ではないかと思います。扁桃腺と同じようなものと考えていただければよいと思います。どんどん、大きくなってくる傾向がなければ、様子をみるか、抗生物質を中心とした炎症を鎮める治療で経過をみていくことで、大丈夫ではないかと思います。
ただ、実物を外見しておりませんので、どんどん大きくなってくる場合、表面が崩れてただれた感じがでてきた場合などは、積極的に最寄の耳鼻咽喉科を受診していただき、場合によっては精査してもらってください。
Q&A TOP

QT124 横になるとのどに違和感を感じます。
A <質問>
昼間は咽喉に飲み込んでも何かある様な違和感を感じ、夜横になると喉か鼻か分かりませんが、ぶくぶく、キュウーとかなり高い音がしてきてその音で眠れません。痰は出難く、たまに出ると丸いグミのような透明のものが出てきます。日中は鼻水くしゃみもあり、鼻アレルギーもあると思います。
<回答>
診てみないとわかりませんが(診てもわかるかどうかわかりませんが)、1つに鼻のアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎が関与している可能性はあるかと思います。鼻の中にポリープなどが出来ている可能性も考えられます。
また、もう一つ考えておく方がよいのは、喘息の存在です。気管支からヒューヒュー音がしている可能性も考えられます。
一度最寄の耳鼻咽喉科と内科の両方で診てもらうとよいのではないかと思います。
Q&A TOP

QT125 上顎の粘膜がむけてしみます。
A <質問>
上顎洞炎なんでしょうか?口の中に黄色い鼻水がたまります。上顎の粘膜が何度もむけます。はじめは痛くなかったのですが,最近むける回数が増えて痛みがひどくなり、キーウイとか食べるとしみて耐えられません。口内炎とは違う様に思います。口の中に指を突っ込んで上顎を押してみると骨自体が痛む気がします。
歯軋りがひどいということでマウスピースをはめるようになってから口の中の痛みがひどくなった様に思います。でも、鼻水がのどに降りてくる前からマウスピースは使用していましたが、こんなことは一度もありませんでした。
どの科にかかればよいのでしょうか。
<回答>
この方の場合、問題点は2つあります。一つは黄色い鼻汁がのどに下がってくることと、上顎の粘膜がむけて痛いことですね。
両者に全く関係がないとはいえませんが、(たとえば、鼻汁が口腔にも一部混入して 上顎の傷をより悪化させている可能性はあるかと思います)、一応2つの問題は切り離して考えるべきかと思います。
黄色い鼻汁に対しては、ご心配のごとく上顎洞炎をはっじめとする副鼻腔炎の可能性があります。これについては耳鼻咽喉科で一度レントゲンを撮ってもらうといいと思います。
上顎の痛みはやはりマウスピースの接触も影響している可能性があると思います。一度マウスピースを作っていただいた所(口腔外科でしょうか?)で診てもらうとよいかと思います。あるいは、口の中は耳鼻咽喉科の守備範囲でもありますので、副鼻腔炎の有無を診ていただく時にご相談されてもいいかと思います。
Q&A TOP

QT126 左の声帯麻痺
A <質問>
2月に、低ナトリウム血症、逆流生食道炎、間質肺炎で入院しました。その時から既に声はかすれており、耳鼻咽喉科で診てもらったところ左の声帯が麻痺しているとのことでした。そのため頭部、顔、頸部のCT検査は受けましたが、原因はわからないとの事でした。退院後喉の具合は回復しませんので、耳鼻咽喉科の開業医の先生の診察も受けましたがやはり左の喉に麻痺があるとのとの診断でした。その後入院していた病院で再度診察を受け頸部のヨウド造影CT検査を受けましたが、発生原因がわからないので治療の方法が無いと言われました。時として左喉がかゆくなり、咳が出て痰もたくさん出ますし、食事の時にそれが起こると誤嚥下しない様にするのに大変です。なんとか治療する方法はありせんでしょうか。
<回答>
声帯麻痺の原因としては、喉頭がんなどもありますが、その場合はファイバーなどで見ればほとんど診断がつきます。それ以外の声帯麻痺は、一般的には声帯を動かす神経の麻痺であり「反回神経麻痺」と呼ばれています。これは、脳から出た神経が首を通って肺の近くまで達し、そこで逆戻りをして喉頭に入ることから「反回」という名前がついています。
ですので、この神経の走っている部分のどこかに異常がある場合があるので、反回神経麻痺をみた場合は、この通り道をよく検査します。脳に始まって首、食道、肺、甲状腺などを調べるわけです。
こうして色々と検査を行っても原因がはっきりしない場合は確かに一定の割合であり、「特発性反回神経麻痺」と呼ばれます。
確かに原因がはっきりしませんので治療も中々難しくなると思います。一般的な神経の病気と同様にビタミンB12などを使う場合もありますが、どれくらい効くかわかりません。また、急性の障害であればステロイドを使用することも時には考えられるかもしれませんが、ケース・バイ・ケースと考えられます。この方の場合、声帯の麻痺もさることながら、低ナトリウム血症などがあると中々ステロイドの使用は難しかったかもしれません。(あるいは逆に間質性肺炎があったのであれば、すでに大量のステロイドは使用されているかもしれません。)
反回神経麻痺がある程度固定した場合ですが、慣れてもらうしかない場合も多いと思います。もし、誤嚥が強い場合や、発声にかなり力がいるような場合は、手術を行う場合があります。麻痺している声帯は、一般的には完全に声帯が閉じる位置よりも少し外側で固定していることが多くこの隙間を小さくする必要があります。軽度であれば声帯にコラーゲンなどを注入することで軽くなる場合もあるかもしれませんが、ある程度隙間が大きい場合は、シリコンや自分の軟骨などでのどの外側から声帯を少し中央に寄るように押さえて固定する手術(喉頭形成術)があります。
この手術を行うかどうかですが、少なくとも3ヶ月はそのまま様子を見てからになると思います。その間に反対側の動く側の声帯が中央を越えて寄ってくれる場合があるためです。
そうした手術を行うことができるのかどうかは主治医の先生にご相談されるのがよいでしょう。
Q&A TOP

QT127 1年ほど普通に声が出せません…。
A <質問>
子供の頃から男の子に間違われる位に、声が低くかすれています。
10年ほど前に甲状腺亢進症で飲み薬を飲んでいましたが、2年目に3人目の子供を出産して、甲状腺の検査数値が良くなり薬も飲んでいません。
1年ほど前に 風邪で1ヶ月ほど軽い咳をしていたのですが、その頃から声が今まで以上にかすれて、高い声をだそうとすると一定の高さで途端に声が全くでなくなります。 大きな声を出す時も声が一瞬裏返りでなくなります。
耳鼻咽喉科にいって内視鏡らしきもので検査をしたのですが、ポリープは無いと言う事で薬等も無く、喋らないようにとだけ言われ帰ってきました。 それから1年たちますが、声はどんどん出なくなってきています。
また病院に行っても明確なアドバイスも無いままに帰されるのが気になり、何と言って病院に行けば良いのかわかりません。 甲状腺は先生の関係で内科に通っていましたが、この場合内科に行けば良いのか、耳鼻咽喉科に行けば良いのでしょうか?
<回答>
まず、病状が進行しているように思われるようでしたら、1度診てもらって何もないと言われても、数ヶ月ごとに診てもらう方がいいと思います。徐々に病気がはっきりしてくる場合もあります。
甲状腺との関連ですが、関係ない可能性が強いですが、一つ考えられるのは、機能低下症に逆になっていないかということです。もともと慢性の甲状腺炎などがあった場合、最初は甲状腺の機能亢進症状を示しますが、ある程度甲状腺が壊れると今度は機能低下症をきたす場合があります。この場合、身体はやや腫れぼったくなります。粘膜も微妙に腫れぼったくなりますので多少声がかすれるような感じが出現する場合があるかもしれません。
耳鼻咽喉科か内科かですが、これは一概には言えません。声帯の動きや粘膜の状態を診てもらうには耳鼻咽喉科で診てもらうよりありませんが、甲状腺の状態を診てもらうのは、内科の先生でも結構ですし、甲状腺の診察が得意な先生なら耳鼻咽喉科の先生でもよいと思います。その場合、ホルモンのバランスと超音波での検査は受けておかれるといいと思います。
その他考えられることとしては、風邪のあとからということですと、やはり慢性の声帯の炎症が考えられます。喫煙をされているようでしたら止めましょう。また、子どもさんが小さい場合、知らず知らずに大声をだしていたりして、無理に声を使っている場合があります。そうした場合、見た目、ほとんど正常に見える声帯でも微妙に粘膜が腫れていることもありますので、軽い消炎剤などでしばらく経過をみてもらうのもよいかもしれません。また、中々難しいですが、声を使いすぎないように気をつけてもらわなければいけません。
こうした検査で何も異常がでない場合は、まれに精神的な要因の場合もあるかもしれません。思い当たることがあればそちらを診ていただくといいでしょう。
Q&A TOP

QT128 のどに違和感があるのですが、授乳中です・・・。
A <質問>
1ヶ月前から咽喉の左側に異物感がありそのままにしていたら咽喉全体に白いブツブツがでてきて病院に行きたいのですが授乳中なので行けません診察受けたいのですが・・母乳しか飲まないので(粉ミルク飲めないので)どうしたらよいでしょうか?
<回答>
のどの違和感が何故生じているのかについては診察してみないと分かりませんが(診察しても確定診断に至らず治療を行いながら経過をみざるおえない場合もあります)、授乳中だからといって受診を躊躇する必要はありません。実際に診察して、授乳中でも使える薬があればそれを服用して経過をみることが可能です。特にある種の抗生物質や消炎剤などは授乳中でも服用できるものがあります。もちろん、逆に服用できないものもあります。そのあたりは主治医の先生とよく相談されるとよいでしょう。もし、薬を服用しない場合でも、現在どういう状態かということを把握してもらうためにも症状が続くようでしたら一度受診される方がよいと思います。場合によれば薬は使わず経過だけを注意深くみていくこともあります。
Q&A TOP

QT129 喉の突き当たりの壁の腫れ
A <質問>
出産後4ヶ月したあたりから喉の違和感があり耳鼻咽頭科を二度受診したが、異常ないとのことでした。よく見たら突き当たりの壁の右側が縦にもこっと盛り上がっています。病院の先生に話をしたらなんでもないと言われましたが、違和感があるときに腫れがでているきがします。なんなのでしょうか。しんぱいです。
<回答>
こういうご質問はたびたびいただきますが、実際に見てみないと何ともお答できません。
一般的には扁桃腺(医学的には「扁桃」)であったり、それに近いリンパの組織であることが多いですが、そういったものを指していらっしゃるのかどうかはわかりません。
気になるようでしたら、やはり最寄りの耳鼻咽喉科である程度定期的にみてもらうよりほかにないと思います。あまり的確な答えが得られない場合、セカンドオピニオンとして、別の医療機関で診てもらってもいいとは思いますが、複数の医療機関で診てもらって同じような説明を受けられましたら、信頼できると思われる先生のもとで経過をみていただくのがよろしいかと思います。
Q&A TOP

QT130 のどちんこに黒い点が・・・。
A <質問>
のどちんこに水泡の様なできものができ、昨日より黒い血豆の様な黒い点ができました。以前も口内炎のそばに同様なものができ、すぐ消滅しました。これは一体何なのでしょうか。現在妊娠中で病院にはまだ行っておりません。とても心配です。
<回答>
実際にのどを見ておりませんので何ともいえませんが、やはり血マメのようなものだろうと思われます。
普段の診療でも時々みかけます。原因ははっきりしませんが、飲み込む時にひっかけたのかもしれません。
すぐに消失するようであればそれほど問題にはならないかと思いますが、頻発するようであれば、一度血液検査で出血傾向がないか確認しておくとよいかと思います。
Q&A TOP

QT131 ヒステリックボール
A <質問>
28歳の女です。 4ヶ月ほど前からなにかのどのまんなかあたりに丸いボールのようなものがある違和感があり、耳鼻咽喉科で診てもらったところヒステリックボールだと診断されました。
ヒステリックボールとは一体なんなんでしょうか?教えてください。お願いします。
<回答>
咽喉頭異常感症のことですね。昔からヒステリー球とか、東洋医学では梅核気とも呼ばれます。
その名の通り、咽喉に何かボールのようなものが詰まっている感じがする症状を呼びます。
この中には咽頭がんや喉頭がんなども含まれますので、ある程度続いたらやはり耳鼻咽喉科でまずは見てもらってください。その他の病気としては、鉄欠乏性貧血、甲状腺疾患、食道疾患、咽喉頭アレルギー、逆流性食道炎、舌根扁桃肥大などでも咽頭に異物感を感じます。一つにとらわれすぎないようにして、ひとつづつ可能性のある病気を除外していく必要があります。
最終的に、色々調べても何もみあたらない場合もあります。のどに意識が集中することによる神経症の可能性や、うつ病の一つの症状として現われている場合もあります。
一通り調べてもらって何もなければまずは安心してもらってよいと思います。ただ、時間経過で明らかになってくる場合もありますので、症状が引き続きある場合にはある程度定期的に検査を受けるようにしてください。
Q&A TOP

QT132 「んっ、んっ」というような咳払い?
A <質問>
4歳間近の女児ですが、一月くらい前に風邪症状でたんがらみの咳をしていました。小児科で薬を処方してもらい、症状は治まったのですが、それ以降、2−3週間くらい、現在も日常頻繁に「ん、ん」というように、小さな咳払いを繰り返しています。痛さはないようです。寝ているときはほとんどしません。耳鼻科でみてもらい、風邪の症状が続いていて、のどの奥のたんを出そうとしているのでしょうと言われましたが、タンがらみではありません。次回、耳鼻科へ行くときにはどのような検査をしてもらうとよいでしょうか? 
<回答>
これは見てみないと正確なところはわかりません。
実際にはっきりした痰がらみの咳をしていなくても、のどをよく観察してみますと鼻汁がのどの下がっている場合もあります。そうした場合、痰のキレをよくする薬や粘膜を修復する薬で経過をみていく場合もあります。こうした場合、副鼻腔炎の存在が気になるところですが、4歳といいますとまだ副鼻腔自体が発育してき出す時期で、それほど副鼻腔炎を重視する必要がない場合もあります。ただ、成長の差もありますので、4歳でも後半となればそこそこの副鼻腔炎があるかもしれませんので、強く疑われれば鼻のレントゲンを一度撮ってもらうのもよいかもしれません。
また、明らかな所見がない場合、アレルギー性のものが潜んでいる場合もあります。昔は小さな子にはアレルギー性鼻炎やそれに関連した咽頭炎などはあまり見られませんでしたが、今のお子さんは結構小さい時からハウスダストやダニ、花粉などにアレルギーを持っている場合があります。ただ、それを検査ではっきりさせて神経質に除去しようとするのが本当によいかどうかはわかりません。
もうひとつ、これは他の病気が否定された場合ですが、あまりにしきりに咳ばらいをする場合、精神的なストレスからきている場合があります。幼稚園等のお友達との付き合いの問題やお母さんの過干渉等がないかを一度検討してみるとよい場合があります。
Q&A TOP

QT133 のどちんこの両側に白いものができてものすごく痛い
A <質問>
3日ほど前から、喉が痛くなり始めました。今日、鏡で、喉の状態を確認したら、喉ちんこの周辺には、小さな、赤いツブツブの斑点が、喉ちんこ奥の両サイドには、何箇所もの白い物を見つけました。唾液を飲み込むのも、水も正直つらく、食事も、ご飯粒を食べてみたら、喉に張り付くような感覚で、痛くて食べる事ができませんでした。また、時々、喉が、焼け付くように痛くなるときがあります。喉を両サイドから押すと、痛みも感じます。
<回答>
実際に見ていないので正確なことはわかりません。
一般的な話になりますが、多いのはのどちんこの横というかもう少し外側が多いのですが、唇によくできるような口内炎(アフタ性口内炎)とよく似た白い発疹を伴っってのどが赤くなる場合があります。特に初夏の頃が多いのですが、典型的なものは、ヘルパンギーナと呼ばれる夏風邪があてはまります。コクサッキーウイルスというウイルスでなると言われています(他にもエコーウイルス、エンテロウイルスなどもあるようです)が、これに近いウイルス感染による風邪の場合、同様の炎症を起こすのではないかと推測できます。
ヘルパンギーナであれば、たいていの場合は時間経過でよくなると思います。水分をしっかり補充し無理をしないようにしていれば4,5日でよくなると思います。
その他類似の病気に手足口病も初夏に多い夏風邪の一つで、口の中に水疱がみられます。この病気も多くは自然治癒しますが、ごくごく稀ですが髄膜炎や心筋炎などを合併する場合がありますので頭痛や吐き気、ふだんと違った身体のだるさ、息苦しさなどを感じた場合は早急に医療機関を受診して下さい。
また、痛みが強く水も飲めない場合や、高熱が続く場合、4,5日でよくならない場合は身寄りの医療機関を受診して下さい。
Q&A TOP

QT134 声が鼻にぬける
A <質問>
10歳の娘が、喉の異物感があった次の日、鼻からぬけた感じの話し方になり、水を飲むと鼻から出てきてしまうようになってしまいました。
これは何かの病気なのでしょうか?
<回答>
水を飲んだ時に鼻に抜けてしまうというのは、軟口蓋と呼ばれる鼻とのどを分けているしきりの調子が悪いのかもしれません。普段我々は口からだけでなく鼻からも呼吸をしていますが、水を飲んだり物を食べたりもします。水を飲んだ時に鼻に回らないのは、 軟口蓋(のどちんことその周辺の膜になっている部分ですね)が上がり、しっかりと鼻の方をブロックするからです。この力が弱くなると水が鼻に抜けてしまいます。
声が鼻にぬけるというのも同様のことで生じます。特に「カ」行や「ガ」行を発音する際に生じやすいと思います。
お子様はその後いかがでしょうか?
ごく一時的であれば心配ないかもしれませんが、持続する場合や増悪を繰り返す場合には、脳神経的に何か異常がないかを考えておく必要があります。
たとえば風邪のあとなどに稀に色々な脳神経の症状がでる病気でギラン・バレー症候群などはどうか。稀ですが筋無力症のような病気はどうか。あるいは年齢的には確率はごくまれですが、脳幹部と呼ばれる脳の真ん中あたりでごく小さな脳梗塞のようなものがないか。同様の部分に脳腫瘍のようなものがないか、などなど。あまりこうしたことを書きますとご心配されるので心苦しいのですが。そのあたりが否定されれば、とりあえず安心なのですが。
ちょっとたいそうな病気を並べましたが、耳鼻咽喉科的には、鼻の奥にあるアデノイドの肥大がないか。あるいは大きな鼻茸やできものがないかといったことも診ておく必要があります。
いずれにしても症状が持続しているようであれば、一度最寄りの医療機関を受診してください。
Q&A TOP

QT135 喉頭白板症って何ですか?
A <回答>
喉頭(のどの中でも奥の方、声帯という声を出す器官を中心にある部分。喉ぼとけの付近)の粘膜が白くなった状態を言います。ロイコプラキーとも言います。
一般的には喫煙を主とする刺激物を長期間とることで生じてくることが多いと言われますが、原因不明のものもあると思います。
喉頭白板症は前癌状態と考えておく必要があります。白板症の段階では、まだ腫瘍(すなわち自分で増殖しようとする性格)ではありませんが、喫煙等の刺激が続けばいつ癌化してもおかしくない状態といえます。
診断は確定診断を行うためには細胞を少量とって細胞の検査(組織診断)となります。 この時、ラリンゴマイクロ手術(喉頭微細手術)という方法で行うのが一般的です。(場合によってはファイバースコープ検査で行われる可能性もあるかもしれませんが。)このラリンゴマイクロ手術はのどに金属製の筒を入れて喉頭を直視し、顕微鏡を使いながら手術を行います。
治療としては、先の確定診断の際に白板症がその部分も小さいので取りきってしまう場合もあります。あるいは、レーザーで焼き切ってしまう場合もあります。また、組織診断の際、手術中に良性かどうかを確認してからそうした治療に入る場合もあります。
こうした診断・治療は白板症とはいえ、どちらかと言えば癌(といってもごく初期ではありますが)の疑いが強い場合に行いますが、まだそこまで強くは疑われない場合は、1,2週間消炎剤等で経過をみる場合もあります。もちろん喫煙は厳禁です。白板症はいわば後戻りできない癌の状態の一歩手前なわけです。うまくいけば後戻りできる可能性があります。ですので必ず禁煙してください。
ただし、あまり長く経過をみますと、もし中に癌化している部分があると進行していく可能性がでてきますので、ある程度のところできちんと検査をうけておく方がよいと思います。
また、手術で取りきったとしても、その周囲の粘膜もかなり病変部にちかい状態になっていると考えておく必要があります。このため、次なる白板症や癌を生じさせないためにも禁煙は続けるべきだと思います。また、ある程度の期間は時々のどのチェックを受けておかれるのもいいかと思います。
Q&A TOP

QT136 のどちんこに白いものが・・・
A <質問>
朝、違和感があり、見たところのどちんこに白い部分ができていました。二ヶ月間様子を見ていてもかわりません。これはまだ様子見でもいいのでしょうか?自分は、嘔吐反応が強く耳鼻科恐怖なのでなかなかいけませんが・・。
<回答>
これも見てみないと何とも言えませんが・・・。
白いものが同じ場所で変わらずずっとあるということから考えると、一番考えられるのは白板症ですね。(場所は違いますがT135 喉頭白板症も参考にしてください。)
タバコは吸われますでしょうか?もし吸われるのであれば、即座に止めてください。基本的には白板症は前癌病変と考え注意深く経過を見ていくか、場合によっては手術的に切除してしまってもいいかもしれません。
ですので、やはりある程度症状が続いているのであれば、一度耳鼻咽喉科で診てもらう方がよいと思います。
嘔吐反射が強い人はたくさんいらっしゃいます。特に気にする必要はありません。場合によっては、麻酔薬のうがいをすると多少反射がましになる場合もあります。
Q&A TOP

QT137 糖尿病ではないのに物凄い喉の渇き
A <質問>
検査して糖尿病の疑いが無いと二度以上言われていますが、どんなに飲んでも喉が渇きます。舌もざらついた感覚があります。目もドライアイで特に朝目覚めた時に目を開けるのが恐いくらいに乾いています。肌はもともと乾燥肌です。
54歳で閉経して三年です。依頼突然コレステロールが上がって300になったので医師の処方で服薬しています。
頚骨と腰の椎間板が磨り減って痛みが強いですがヘルニアではありません。膝も左が痛みます。なんだか左が全体的に具合悪いです。 腎臓結石は三回くらい苦しんだことがありますが最近は出ていません。思いつく事としては排尿の勢いが大変に悪いです。
この酷い渇きは 何の病気でしょうか。
<回答>
確定的なことは何も言えませんが、一つ確認をしておくとよいと思うのは、シェーグレン症候群という病気がないかどうかです。
シェーグレン症候群は自分の免疫が自分の唾液腺を破壊する病気です。目もドライアイであることから疑われます。
最終的な確定診断は唇等の粘膜を一部切り取って唾液腺の状態を顕微鏡検査で確認することですが、ある程度の確からしさで血液検査でもわかります。抗SSA抗体、抗SSB抗体などを調べてもらうとある程度の確実性でシェーグレン症候群と診断できます。
頚椎や膝の痛みは直接は関係ないと思いますが、シェーグレン症候群は自己免疫疾患の一つですので、リウマチも多少合併しやすい可能性もありあわせて調べてもらうといいかもしれません。また、色々な不快な症状は多少更年期障害の影響もあるかもしれません。
Q&A TOP

QT138 咳で横になって寝られない
A <質問>
横になると咳き込みます。
喉が切れるんじゃないかと思うほど咳がとまりません。
昼間普通に生活したり机で寝てる分には平気です。
1日寝れないだけで体力的にきついです。
気管になにかくっついているのかわかりませんが呼吸困難になる手間まで咳き込みます。
病気でしょうか?耳鼻科に行ったほうがよいのでしょうか?
<回答>
「咳で横になれない」というのは、一応かなり重症と思っておいた方がよいと思います。
早めに病院で診てもらってください。
これは、「起座呼吸」の可能性があります。
主に気管支の疾患のことが多く(年齢によっては心臓疾患のこともありますが)、中でもある程度症状が悪化した状態であることが疑われます。まずは内科で診てもらうとよいでしょう。場合によったら救急でもよいと思います。
その上で耳鼻咽喉科受診を指示された場合はそちらも受診してください。
Q&A TOP

QT139 喉が鳴り、喉が痛む・・・妊娠で増悪
A <質問>
現在、妊娠8ヶ月、34歳です。
妊娠前から喉が鳴ることはあったのですが、1ヶ月に数回程度でした。妊娠前までは喉が鳴っても痛みを感じることはなかったのですが、妊娠してからは喉に違和感を感じるようになり、喉にピリピリと痛みもともないます。吐き気もあります。
この「喉が鳴る」というのはお腹から空気が出てくる感じですが、げっぷのように出るのではなく、ゴロゴロとなる感じです。ちなみに、私は自分でげっぷをすることが出来ません。
妊娠してから、毎日喉が鳴り続け、それによって喉が痛み、特に妊娠6ヶ月位から酷くなっています。1日の中で、100回以上鳴っていると思いますが、唯一、朝目覚めた時だけは喉は鳴りません。
喉が痛くて辛いので、産婦人科の医師に相談したのですが、原因不明と言われました。 この「喉が鳴る」症状は病気なのでしょうか。また、妊婦でも飲んで良い薬(胎児に影響のない薬)はあるのでしょうか。ご意見をお願いしたいと思います。宜しくお願い致します。
<回答>
診てみないとわかりませんが(見てもわからない場合もありますが)、逆流性食道炎の可能性があるかと思います。妊娠中は胎児が大きくなってくると胃を下から押し上げますので、もともと食道の出口の弁が弱い人は、胃液が食道の方に逆流しやすくなることが考えられます。
妊娠中ですのであまり積極的な検査はできませんが、どうしても必要な場合は耳鼻咽喉科では細いカメラで喉頭や下咽頭を診ていただくのは可能かと思います。食道の観察は内科もしくは、気管食道科を標榜している耳鼻咽喉科で診てもらうことは可能と思います。ただその検査が妊娠中に必要かどうか十分主治医の先生とご相談の上検査を受けて下さい。
いずれにせよ逆流性食道炎であれば出産後は依然と同じ程度にまでは症状が減弱する可能性は高いと考えます。ただし、100%そうだとは文面だけではわかりませんので、症状が段々ひどくなるようであれば最寄りの耳鼻咽喉科でご相談ください。
逆流性食道炎を前提に治療の話をしますと、一般的にはプロトンポンプ阻害剤と呼ばれる胃酸を抑える薬が有効です。妊娠中は「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与」となっているので、今が有益な時と考えれば処方してもらうことも可能ではありますが、動物実験では胎児毒性がみられたとの報告もあり、そこのところは主治医の先生や婦人科の先生と相談してください。
そのほかでは漢方薬で六君子湯も一つの選択ではあります。ただし、漢方薬とて薬ですので、他の薬剤同様、主治医の先生・婦人科の先生と相談してください。
日常生活についての注意としては、油っこいものは控える、寝るときに上半身をやや高めにするといったことが有効な場合もあります。
Q&A TOP

QT140 食事でリンパ節が腫れる?
A <質問>
10代の頃からですが、インスタント食品やコンビニなどのお弁当、総菜、おむすびなどを食べると必ず喉(えらの部分)のリンパ節が腫れます。
一目で分かるくらいぼっこりです。痛みは特にないのですが違和感はあり、最近は食事時以外や家のご飯などでも腫れてしまうようになりました。
この症状で考えられる病気はございますか?
<回答>
実際には診てみないとわかりませんが、食事で急に腫れるというのであれば、リンパ節よりも顎下腺の問題と考えます。
一般的には食事をしようとすると腫れてくるというのは唾石症が考えられます。顎下腺というのは唾液を作るところですが、左右のエラの下〜内側付近にあります。そこから約5cm程度の管を伝わって舌の下に出てきます。この管のどこかに石ができますと、食事の時など、急に唾液が必要な時に大量の唾液が口内に分泌されようとする際にこの石が邪魔になり詰まってしまうと顎下腺が急に腫れてくることがあります。
ただ、10代からということなので、本当に石があるかどうかはわかりません。長く石があるとだんだん大きくなってきて腫れがひかなくなるようにも思います。そう考えると、もともと唾液の流れる管が狭いことによるのかもしれません。
いずれにせよ、だんだんひかなくなったり、腫れが大きくなるようでしたら、一度最寄りの耳鼻咽喉科を受診してみてください。
Q&A TOP

QT141 のどの異物感・不快感1
A <質問>
常に喉にたんが詰まった感じで 口がまずく、鼻からも降りてきているようでたまに膿栓も出たりと、仕事で人と話す機会があるので、前から悩んでいます。
常にイガイガしていで、スッキリしません。
膿栓も、疲れている時、ストレスがたまっているときに、たまに小さなのが一つ二つ出ることもあるのですが、見えているのでなくても、できていることもあるというので気になります。
あるかどうかをみてもらうことが、できるのでしょうか?除去していただくこともしていただけるのでしょうか?もしくは無理にとると、それ以降穴が大きくなり、余計できやすくなるとのこともあるというので、それ以外の方法をおしえていただけるのでしょうか?

<回答>
総論的なお答えとなります。実際には最寄りの耳鼻咽喉科で診てもらってください。
まずはのどの異物感・不快感について

のどの異物感・不快感についての話は、それだけで1つの本が書けるくらい色々なことが考えられると思います。
一般的に多いものをあげておきます。
1.後鼻漏感
実際に後鼻漏がある場合とそういう感じがするだけの場合があります。
実際に後鼻漏がある場合は、それが粘性・膿性の場合副鼻腔炎の存在が疑われ、水様性の場合、アレルギー性が疑われます。こうした場合は原疾患の治療を行います。
明らかな後鼻漏がないのに流れている感じがする場合:副鼻腔のCTを撮っても全く副鼻腔炎はないと言われた場合などですね。これをどう考えるかは難しいところですが、神経症(意識が集中しすぎ)という考え方もありますが、本来粘膜を保護している粘液(1日に何リットルも流れていると言われています)の成分に何らかの変化があって、粘性等が変化して感じる様になっている場合もあるかと思います。ただ、それを検査で明らかにすることは現在の一般的な臨床レベルではできていません。このタイプの治療はなかなか難しいのですが、粘液調整剤・漢方薬・自律神経調整薬などで根気よく診ていくことになります。
後鼻漏がある場合も、あるいはしない場合もありますが、もう一つ、上咽頭にある扁桃腺と似た組織(アデノイド)の慢性炎症の場合です。この場合、塩化亜鉛を同部に塗布する治療が有効ではないかと考えます。
T142に続く
Q&A TOP

QT142 のどの異物感・不快感2
A T141からのつづき

2.扁桃(扁桃腺)・咽頭
扁桃の慢性炎症。膿栓もここに入ります。膿栓については別項で。
その他、舌根扁桃という、舌の根元にも別の扁桃腺があるのですが、これが慢性的に腫れている場合もあります。
症状が強い場合は、抗生剤や消炎剤を用い、軽度だが持続する場合は、消炎剤や漢方薬などで経過をみていくことが多いように思います。
3.逆流性食道炎
近年結構多いのが逆流性食道炎です。実際に胃酸が上がってくるのを自覚しない場合も結構あります。ご質問の方の「口がまずい」という症状は逆食の疑いがある様にも思います。
PPI製剤という胃薬が有効なことが多いので試してみるとよいかもしれません。ただし、下咽頭や食道の腫瘍などを除外しておくことも必要です。
4.甲状腺
のどの違和感で来院される方もいらっしゃいます。他に異常がない場合は甲状腺も一度診ていただくといいでしょう。
5.心因性・機能性
色々な検査をしてもどこにも異常がみられない場合にここに分類されることになるかもしれません。身内に咽頭がん・喉頭がん・食道がんなどの方がいらっしゃったりすると、気になってしまします。
昔から漢方では梅核気という名称でそうした症状がありました。梅の種がのどにひかかっている感じです。
一通り検査をして異常がなければ、症状がある間は定期的に時々検査をしながら診てもらいましょう。時間経過ではっきりする場合もあるかと思います(といいながら、たいていの場合は異常がない場合が多いのですが)。
明らかな病変のない場合、漢方薬(半夏厚朴湯、柴朴湯など)が有効なことが多いです。
Q&A TOP

QT143 膿栓について
A T141でご質問に膿栓があったので回答します。

膿栓は主に扁桃腺の表面のでこぼこした場所の穴の部分にたまった黄白色の物質です。自然にとれる場合も多く、はき出したものを匂うとすごく臭いのでくさい玉という俗称もあります。
膿栓は扁桃腺で免疫システムが細菌などと戦った結果の産物や食べ物のかすなどが合わさったものと考えられます。急性扁桃炎で扁桃腺の表面にでてくる膿とは別物(細菌との戦いの産物という意味では同じですが)で、どちらかといえば慢性的なものです。
膿栓がでるからと言って、即病気というわけではありませんが、多少慢性的な炎症が存在すると考えるべきかもしれません。
膿栓に対してどう対処するかというのは頭の痛い問題です。
咽頭の異物感の原因になりますし、実際には膿栓が扁桃の中にとどまっている場合はそれほど問題にならないのですが、出てくると臭いがするので口臭の元としてすごく気にされる方が多いのも事実です。
治療としては、根本的には扁桃腺を摘出する手術をすればたまらなくなりますが、一般的にはそこまで行うことはほとんどないのではないかと思います。また、膿栓を気にされる方は、のどに敏感な方が多いので、手術しても、今度は手術のあとの状態に違和感を感じる可能性も考えられ、あまりおすすめはしません。
現実的なところでは、明らかに膿栓が扁桃に挟まっている場合は掻き出すことになります。少し強めにうがいをするだけでもとれる場合があると思います。
ご質問の方は、掻き出すと穴が大きくなるのではないかとご心配されていましたが、それはあまり関係ないのではないかと思います。
また、膿栓がたまりやすい時というのは、扁桃で細菌が繁殖しやすくなっている時だと思いますので、うがいをよくしたり、ストレスや疲れをためないことも大切です。ただし、うがいはやり過ぎても、常在菌まで殺してしまうことになりますので、ほどほど(1日4回程度か)で、強い殺菌力のあるうがい液は最小限にしておく方がよいと思います。
口呼吸が多いのも原因の一つという話もありますので、できるだけ鼻呼吸をするように心がけるのも一つかと思います。
耳鼻咽喉科に来ていただければ、膿栓のチェックは行います。あれば摘出してみますが、必ずとれるとは限りません。
Q&A TOP

QT144 鼻の奥の炎症で困っています。
A <質問>
離れて暮らす妹が、鼻の奥の炎症で困っています。
子どものころはなかったのですが、大学生になってからよく食べ物が鼻の奥に入ってしまい、炎症を起こすということを繰り返しています。最初はご飯粒だったのですが、グミなども気をつけて食べないと入ってしまい、怖いとのことです。ひどいときには熱も出るようです。今回は水が鼻に入っての炎症で熱が出たそうです。
ここで先生にお伺いしたいのは、炎症を治す方法はあるのか、ということと、これほど頻繁に鼻に入ってしまい、(普通の人は異物感ですむところ)ひどい炎症になってしまうのは何か病気というか原因が考えられるでしょうかということです。
<回答>
これは診てみないと分かりません。
その上で、一つ注意すべき点をお話しておきたいと思います。(まあ、考えすぎであればいいのですが)
症状は鼻咽腔閉鎖不全症が疑われます。
先天性のもでは口蓋裂と呼ばれる状態の人はもともと起りやすいとされます。これは、口の中の口蓋垂(のどちんこ)付近が開いている形をされているので、普通生後まもなく手術をされますが、骨の状態は口蓋裂でも粘膜は普通の人同じようにきちんと伸びている場合は見かけ上はそれほど分からない人がいます。ただ、こういう方は幼少時から症状があるでしょうからすでに発見されていることが多いと思われますが。
成人になってからということでは、まれではありますが、神経系や筋肉系が弱る疾患があります。普通嚥下(飲み込み)が行われる時には、軟口蓋(のどちんことその周辺ののどの柔らかいところ)が上にぐっと挙上して、飲み物や食べもものが鼻に逆流しないようにするシステムがあります。その軟口蓋を持ち上げる筋肉の動きが弱くなると鼻に逆流が起こります。発音が鼻に抜けやすくなっていませんでしょうか?転倒しやすくなっていませんでしょうか?
鼻咽腔閉鎖不全をきたす病気は色々あります。まずは一度大きな病院の耳鼻咽喉科で診ていただくといいかと思います。診察の結果、口腔外科や神経内科でも診ていただく場合もあります。
結果的に何もなければ、その方がいいですね。その場合は、鼻の奥の炎症が強い場合には早めに診ていただいていくとよいでしょう。
Q&A TOP